靴の魅力に改めて気付く方法 | おふぃすかぶ.jp

靴の魅力に改めて気付く方法一覧

[革靴] フィッティングには足へのフィットと心へのフィットの2種類がある。だから心が動いたのなら、まずは勇気を出して話しかけてみよう。

「足に合う靴」の重要さに関しては、このブログでも度々発信してきました。様々な表現の仕方をしてきましたが、その想いは基本的にはこの5年間変わっていません。ただ、同時に大切なことがあると思っています。今回はネットで見かけた素敵な言葉から、改めて靴のフィッティングについて考えてみたいと思います。フィッティングには足へのフィットと心のフィット、その2つのバランスが大切です。

[革靴] 履きたいから履く、靴なんてそんな選び方で良いと思うんだ。REGALの定番2235NAを履いて改めて気づいた革靴の楽しさ。

世の中にはたくさんの足に合わない靴があります。また、選び方やお手入れの仕方、履き方もたくさん存在します。最近はネット上にもたくさんの情報が出てくるようになり、また多くの方が発信するようになりました。それは素晴らしいことですが、中には知識や情報ばかりが増えてしまって身動きが取れなくなっている方もいるのではないでしょうか。ただ、大切なのは、まずは靴を履きたいと思うこと。そして実際に履いてみること。履いてみたいな、と思う靴と出会ったら、まずはそんな諸々を一旦忘れて是非履いてみましょう。そこから得られることがたくさんあるはずです。

[革靴] 「倦怠期」を迎えたあなたへ。店員時代に学んだ、靴の魅力に改めて気づく簡単だけれど効果的な方法。

意味もなく、本心でもなく、単に適当に叫べば宗教ですが、「倦怠期」だと思ったときにこそ試してほしい簡単だけれど効果的な方法をご紹介します。それは「口に出して褒める」こと。それは人でもモノ(革靴)でも変わりません。「そのつま先の潰れ具合がセクシーだね」の一言が、あなたと革靴の関係をより良いものにしてくれるかもしれません。

[革靴] 「惚れ直すためのプチイベント」してますか?夫婦恋人関係でもモノとの関係でも変わらない大切なこと。

あなたは「惚れ直すためのプチイベント」していますか?人間関係でも、モノとの関係でも、接点を増やすことが大切です。人間関係であれば無駄に頻繁に会う必要はないかもしれませんが、「単に思っている」だけではなく、「最近どうしているかなぁ」と思ったら連絡してみる。何もこまめに食事をしたり遊びに行く必要はないけれど、気がついたら連絡だけでも絶やさない。それと同じです。靴も「忘れない」ことが大切です。