[1157-201601] 有名雑誌99円均一だしプライム会員はFireタブレット 8GBを買う良い機会だと思う。

[1157-201601] 有名雑誌99円均一だしプライム会員はFireタブレット 8GBを買う良い機会だと思う。

スポンサーリンク

既にプライム会員で気になっている方はとっくに購入済みだと思いますが、Fireタブレット 8GBがAmazonのプライム会員は4,000円引きの4,980円で購入出来ます。

1157-201601_Amazon Fire Tablet 8GB 01

私は既に7インチタブレットとしてASUSのZenPad 7.0(Z370C)を愛用しているので不要と頭では分かっていても、この価格は流石に惹かれます。今回ちょうど有名雑誌のKindle版が99円均一でセールになっていまして、改めて良い機会ではないか、と思いましたので、自分に向けて整理する気持ちも込めて、ここで改めて取り上げてみたいと思います。

Amazon Fireタブレット 8GBについて。

1157-201601_Amazon Fire Tablet 8GB 05

正直私の場合は既に持っているZenPad(Z370C)のほうが、同じAndroidタブレット(Fireタブレットも一応Android)としては性能も上ですし、私の場合は純正のAudio Coverも付けているのでビデオ視聴などの快適さも全く違います。

[かぶ] ASUS ZenPad 7.0(Z370C)レビュー(後日談)シンプルに欲張らずに使うと非常に快適な7インチタブレットです。

それでもちょっと持っておきたいな、と思ってしまう理由に、Amazon端末ならではのちょっとした魅力があります。

オーナーライブラリーも読めるところがAmazon端末の魅力。

「ベストセラーやコミックを含む、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象タイトルの中からお好きな本を、一か月に1冊 無料で読める」のがKindleオーナーライブラリー。プライム会員であれば対象なのですが、意外と活用出来ていない方も多いのではないか、と思います。

Amazon.co.jp: Kindleオーナー ライブラリー: Kindleストア

理由(原因)の一つに、「KindleまたはFire端末を持っている」ということがあるかな、と思います。私はKindle Paperwhiteを持っているのですが、それでも活用し切れていないのは「Kindle端末でしか読めない(iPhoneやAndroidのアプリ上からは読めない)」から、というのがあります。

ついつい最近はZenfoneで読むことが増えてしまったのと、探すのが若干面倒で全く使っていなかったのですが、勿論Fireタブレットは対象です。

Amazon端末は直接Kindle書籍の購入が出来る。

また、Amazon端末の魅力として端末上から直接Kindle書籍を購入することが出来る、ということがあります。iPhoneやAndroid端末のAmazonアプリからは普通の買い物は出来てもKindle書籍だけは出来ないようになっています。これが面倒。私はアプリ上で一旦「ほしい物リスト」に入れた後、PCのブラウザ上などから改めて購入しています。

けれど、Amazonの端末はこれが不要。そのまま購入出来てしまいます。Amazonの術中にハマったとも言えますが、たったこれだけの事でも常日頃からKindleで本を読む機会の多い私には非常に助かります。

今、Fireタブレット 8GBを買う良い機会だと思う理由。

上で挙げた魅力は、今の自分の環境よりほんの少し便利になるだけに過ぎません。勿論期間限定だと思っていた4,000円引きが、今も続いていることでかなり手頃な価格で試せる、というのが1番の理由です。

Amazon.co.jp: Fireタブレット プライム会員限定価格: Kindleストア

1157-201601_Amazon Fire Tablet 8GB 02

ただ、ここ1ヶ月ほど悶々と悩んでいるのには、それなりにきっかけとなる理由がありました。

1月31日までNewtonなど有名雑誌(Kindle版)が99円均一で買える。

通常の書籍であれば、持ち歩きも気にならない普段使いのスマホで充分です。ただ、雑誌などは流石にスマホでは少々読みづらい。そして雑誌ほど嵩張り、また保管に困る物はありません。そうしたことから最近は紙としては雑誌は一切買ってきませんでした。

そんなところに今回一部の有名雑誌のKindle版が99円均一になるセールが始まりました。期間は今月末1月31日まで。

Amazon.co.jp: Kindle人気雑誌99円均一セール

99円と言われて眺めてみると、普段は敢えて買うほどではないけれど、あれば読みたい雑誌が結構対象になっていまして。10冊買っても1,000円もかかりません。

Newtonが大人買いできるなんて、たまりません。普通に買うと1,200円近くするのに、今ならKindle版で12冊買えてしまうんですから。そして12冊買っても場所を一切取られないのです。

1157-201601_Kindle Newton 01

追加で先ほど注文。今数えたらNewtonだけで20冊購入していました。

既にZenPadがあるのですが、今回の雑誌99円均一、このニュートンだけでも私以上に妻が強い反応を示しまして。ただ妻の端末はiPhone 6 Plus。雑誌を読むには少々手強い気もするので、それならば妻用としても良いかな、と。

プライムビデオもSDメモリに保存できるのでタブレットが一台あると便利。

1157-201601_Amazon Fire Tablet 8GB 04

Amazonプライムビデオ。意外とお世話になっています。ラインナップなどまだまだ物足りなさはありますが、それでもhuluやNetflixにない大きな魅力の一つが、映画を端末やSDメモリに一旦ダウンロードして、端末上から見ることが出来る、ということです。

[かぶ] 0031-1601 ZenPad既に持ってるけど何となく使わずじまいの人はAudio Cover買ってプライムビデオを観ましょう。

これ、まさに帰省の際の新幹線の中などで便利ではないですか。あとは自宅や出先でも。

Fireタブレット自体はストレージが8GBと少ないのですが、128GBまでメモリを挿せるので、そちらに保存する、という手も充分にあります。

勿論これは今だけではないのですが、最近Amazonがプライムフォトといい、プライム会員向けサービスを充実させてきたタイミングでもあるので、良い機会かな、と思いました。

色々挙げましたが、どれも単に買うための言い訳に過ぎません。

色々挙げましたが、これ、きっと妻に話したら「欲しいんでしょ。買ったら?(諦め&呆れ声)」と言われるだけだと思います。だって普通に考えれば買う理由がありませんから。ZenPadあるんだから。

けれど、そうした冷静に考えればしないであろうことに惹かれてしまうのがAmazonの魅力なのかもしれません。

プライム会員であれば一台、というのはFireTV stick同様。あれも発売前に一時的に1,980円になった時に買っておいて正解でした。

[かぶ] ChromecastとFire TV Stickのどちらを選ぶか。既にChromecastを持っている私はどうするか考えてみた。

1157-201601_Amazon Fire Tablet 8GB 03

これも似たニオイを感じます。Amazonって怖いね。

追記:2016年1月28日 2:30 更新「注文しました」

結局注文してしまいました。本日到着予定。4,980円なら、悩んでいる時間を考えると、注文して実際に試してみた方が早い気がしましたので。

[1158-201601] Amazon fireタブレット 8GB。これは廉価版Androidタブレットではなく、プライム会員限定Amazon専用端末。

[1159-201601] Amazon fireタブレットが素晴らしい。気がつけばアッサリと格上のタブレット端末に取って代わってしまった凄いヤツです。

1157-201601_Amazon Fire Tablet Order

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。