[かぶ] ChromecastとFire TV Stickのどちらを選ぶか。既にChromecastを持っている私はどうするか考えてみた。

[かぶ] ChromecastとFire TV Stickのどちらを選ぶか。既にChromecastを持っている私はどうするか考えてみた。

スポンサーリンク

追記:2015年10月29日 16:00 更新

昨日、Amazon fire TV stickが発売され、早速わが家にも届きましたので、レビューを上げました。

[かぶ] Amazon fireTV stickは当初5GHz帯を掴まなくて悩んだけれど、解決してみれば非常に良機だと思います。

内容としては、開封の儀やセットアップの手順などは一切省いて、私が設定する中で躓いた部分と、ちょっと気になった惜しい点を中心に書いています。購入を悩まれている方、また買ったけれど同様の悩みをお持ちの方は合わせてご覧いただけると嬉しいです。

以下、本文。

昨日より開始のAmazonプライムビデオ。正確には現時点ではChromecastは対応していないので、プライムビデオをTVなどに映して観たい方は無条件でFire TV Stickです。

またFire TVは明日26日までプライム会員限定でコードを入力すると¥3,000-引きになるので、まだChromecastを持ってなく、10月28日の発売まで待てる、というAmazonプライム会員の方であれば、ほぼFire TVかな、と思います。

ただ、明後日以降となると少々悩ましいところですし、私のように既にChromecastを持っている方もいると思いますので、折角なのでChromecastを使っている私の視点でChromecastとAmazon Fire TV Stickを見てみたいと思います。

1021-201509_Chromecast FireTVStick

TVで見られる、は意外と便利です。

何を今更かもしれませんが、私のように「別にPCやスマホで観れれば充分じゃん。TVだとTVの前にいないといけないし」と全く興味が沸いていなかった人にとっては意外と新鮮な驚きでした。

意外と便利です。

確かにスマホやPCで観る利点はあります。出かけた時、あとは家の中でも場所を選ばない、というのは大きいです。ただ、家族など複数人で楽しむにはTVの前というのは今でも効果が大きいんですね。TVの前で一家団欒、というのは充分に今でも通用するんだと思います。

私の場合は海外ドラマをHuluやNetflixで観るのはほぼ妻と一緒のことが多いのですが、この場合にはTVの前が良いんです。

この小さなスティックに何を求めるか。

1004-201509_Chromecast 01

プロジェクターが無くてもHDMI端子のある大画面TVとWi-Fiの使えるところであればPCの画面を映してプレゼン等が出来る。これ、私たち夫婦にとっては意外と便利な使い方です。この場合、ChromecastはGoogle Cast、Fire TV StickはMiracastを用いますが、私のようにChromebookを持ち歩く人間にとってはMiracastは厳しいです。Google Castはそもそも同じGoogleの時点で安定。Android端末もそうですね。この場合はMiracastがダメなわけではありませんが。

私の場合、どれだけ外でこうした状況があるか分かりませんが、持ち歩きとChromebookとの相性を考えるとChromecastしかありません。

意外と見過ごされがちな、電源供給と付属品の問題。

ChromecastもFire TV Stickも、どこでも持ち歩ける、どこでも見られる(HDMI端子のあるTVと対応スマホがあれば)コンパクトさを謳っていますが、意外と面倒なのが電源アダプタです。

1021-201509_Amazon Fire TV 01

右の画像の本体から伸びているケーブルの部分です。

ChromecastもFire TV Stickも本体に電源を供給するためにMicroUSBケーブルでTVのUSB端子なり、付属の電源アダプターを繋げてコンセントに繋ぐ必要があります。これ、本体の写真だけ見ていると見過ごされがち。大したことがないようにみえて、ケーブルはまだしもアダプタもあるので、意外と邪魔です。

Fire TV Stickを持ち歩くのであれば気になるのが、リモコンも持ち歩くということ。

1021-201509_Amazon Fire TV 02

Fire TVは対応スマホが無くても、Wi-Fiが使えるところであれば単独で動くようです。Chromecastは対応スマホなりPC上から操作します。これはそれぞれに長短所どちらもあると思います。Fire TVは持ち歩くのであれば、上記の電源アダプターやケーブルに加え、リモコンも持ち歩くことになります。

そこまでして自宅以外で使いたいか。

まだ発売されていないのでこのリモコンの使い勝手は分かりませんが、家で使う分には良いのかもしれません。リモコンが一台増えてしまう悩みはあるとは思いますが。

Amazonプライムビデオの良さを活かせるのは現時点ではFire TV。

映像に関しては、観たい作品がなければ使用頻度は減っていきます。けれどAmazonプライム会員は追加料金無しで使え、毎月料金を意識せずに放置しておいたとしてもお財布が痛くないサービスでもあります。

先日HuluとNetflixを含めて有料の配信サービスの見直しを自分の中でも始めましたが、これ、という決め手がまだありません。

[かぶ] 音楽から映像まで。10月は試用期間も切れてネット配信の契約を見直す良い機会です。 | おふぃすかぶ.jp

1019-201509_Music Video

月額料金のサービスは途中で観たい作品がなくなってしまった時点で解約する可能性もあり、その間はまったく出番が無くなってしまうのですが、Fire TVはプライム会員であれば気が向いた時に単発でプライムビデオをいつでも観られる良さはあります。

ここに価値を見いだせるのであれば、既にChromecastを使っている人でも試しに買ってみても良いのかな、と思います。

とりあえず私はChromecastも持っていますし、上記で挙げたような悩みはあるのですが、併用して比べてみるのも面白いですし、明日まででしたら¥1,980-なので、とりあえず予約しておこうと思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。