[かぶ] Amazon fireTV stickは当初5GHz帯を掴まなくて悩んだけれど、解決してみれば非常に良機だと思います。

[かぶ] Amazon fireTV stickは当初5GHz帯を掴まなくて悩んだけれど、解決してみれば非常に良機だと思います。

スポンサーリンク

多くの方同様、昨日届きましたAmazon fire TV stick。各方面で絶賛のレビューが挙がっていますし、現時点では定価に戻っていますがお届けまで時間がかかるようで、その人気ぶりもかなりのもののようです。実際結論から先に書けば、なかなかの良機だと思います。普通の人ならこれ一つで映画やドラマ、動画視聴は充分な気がします。

1057-201510_fire TV Stick 01

リモコンが思ったよりも操作性が良いので、これはスマホでの操作もほぼ必要ないですし、そもそもセットアップにすらPCだスマホだといったものが不要なので、そうした点でもChromecastなどよりも簡単。気に入りました。

1057-201510_fire TV Stick 04

私の場合は時々ChromebookやChromeboxの画面をそのままキャストすることがあるので(その場合だとChromecastは流石にGoogle同士だけあって楽で便利)しばらくは併用してTVのHDMI端子に挿しておこうと思いますが、このまま問題なければ動画視聴に関してはほぼAmazon TV stick一本でいくと思います。

と、これで開封の儀だセットアップの流れなんぞを載せても面白くないと思うので、ここでは気になった点、詰まった点を2点だけ挙げたいと思います。

わが家のルーターの初期設定では5GHz帯を当初掴みませんでした。

1057-201510_fire TV Stick 07

Chromecastとの違いの一つが、fire TV StickはWi-Fiの自宅用の5GHz帯を掴んでくれること。これは単に高速であるだけでなく、2.4GHz帯と違って現行のBluetooth機器との干渉が受けにくいので、個人的にはなるべく自宅のWi-Fiは5GHz帯に統一したいところ。(ZenPad 7.0が2.4GHz帯しか掴まないのだけれど)

ところが、fire TV stickの初期設定画面で幾らWi-Fiを再スキャンしても2.4GHzしか出てきません。実際昨夜は諦めて2.4GHzのほうで使っていて全く速度的には不便はなかったので問題はないのですが、やはりなるべくなら5GHzを使いたい。他の方のサイトを眺めていても普通に5GHzを掴んでいるし、説明書でも対応されている。何でだろう、と思っていたのですが。

ルーターの使用チャネルを「自動設定」から「36(W52)」に手動変更。

昨日の今日なので、まだそれ程情報が上がっていない状態。こんな時に最も情報が集まっているだろうと思われたのがAmazonご本家の商品のレビュー。ありがたい。既にある程度集まっています。その中で見つけたのが、「ルーターの使用チャネルを「自動設定」から「36(W52)」に手動変更したら5GHzが出てきた。」というもの。

そこで試してみたところ。

1057-201510_fire TV Stick 08

あっさり掴むようになりました。ありがたい。こんな落とし穴が待っていたとは。本当に助かりました。

もし届いて「5GHzガー」と悩まれている方がいれば、参考になれば、と思います。

惜しいところ。電源アダプタ、ちょっとだけ横幅が広いよね

1057-201510_fire TV Stick 06

はい、電源アダプタです。コンセント直挿しとかされてる方なら何の問題もないと思いますが、タコ足までいかないまでも何かしら複数本繋いでいる方の場合、物によっては隣のプラグが挿せなくなります。わが家では隣が一つ潰れました。

僅かに横幅があるんですよ。これ、もうほんの僅かだけ短ければ。だ、USB接続なので保証はされていませんが、他の電源アダプタを使うというのも手かと。

hulu、Netflix、そしてプライムビデオと主要どころがこれで見られるので。

1057-201510_fire TV Stick 02

Chromecastは発表された新型は分かりませんが、現状Amazonプライムビデオは見られませんので、動画視聴に関しては明らかに後発のfire TV stickのほうが使いやすいと思います。ChromecastはどうしてもPCなりスマホなりタブレットなりとキャストしてから映さないといけないのが、fire TV使った後だと結構面倒です。あとはChromecastは2.4GHz帯だけ対応ですしね。

もちろん今も気に入ってはいますが、これから選ぶのであれば今のところはfire TV stickになるかな、と思います。

あとは、先日発表されたChromecast 2.0が果たしてどれくらいの使い勝手か、にもよりますが、日本ではまだ出ていませんしね。

速報:丸くなったGoogle Chromecast 2.0 発表。次の動画を先読み、即再生する「Fast Play」機能採用 – Engadget Japanese

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。