[かぶ] hulu、Netflix、Amazonプライムビデオ。そろそろChromecastも良いんじゃない?(追記あり)

[かぶ] hulu、Netflix、Amazonプライムビデオ。そろそろChromecastも良いんじゃない?(追記あり)

スポンサーリンク

1004-201509_Chromecast 01

今月は一気に動画配信サービスが上陸してきますね。既にサービスが始まったNetflix、そして下旬にはプライム会員限定とはいえ、Amazonプライムビデオが始まります。

Amazon.co.jp: プライム・ビデオ 9月スタート!: Amazonビデオ
1004-201509_Amazon Prime Video 01

いまいち作品数と種類が中途半端だった有料配信サービスでしたが。

私はここ数年、Huluを継続して契約してきました。正直全く見なかった月が何ヶ月も続いた時もあったり、と、果たして元を取れているのかと言われれば難しいところですが、魅力的なサービスであったことには変わりはありません。

ここ最近、色々と競合も出てきたことでい作品と時間が大量に出来た時だけ契約と解約を繰り返すことなのかもしれません(それが良いかどうかは別として)

そんな中、今月に入ってNetflixAmazonプライムビデオとかなりの大手が参入してきます。既に試しにNetflixに登録してみましたが、海外ドラマに関しては種類は多いものの、配信されているのがごく一部のシーズンのみだったり、とその辺りは色々な権利の関係もあるのでしょうがHuluなどと同様。これからが楽しみ、ということにしておきます。

それよりも私が今、だからこそ薦めたいのがChromecast。

そうなんです。既に4月より我が家のTVの背面のHDMI端子に挿さりっぱなしのこの小さな端末。

0761-201504_Chromecast

パソコンで出来ることをわざわざTVに映す必要性がどこにあるんだ、などとあまり興味もなかった私でしたが、いざ購入してみたら意外と使える。更に、最近は色々なサービスやアプリがさり気なくChromecastにも対応していて、特にHuluやNetflixなど映画やドラマを見るときには本当に楽。便利。もうPCで見るなんて生活には戻れません。

同じWi-Fi内にある端末から操作をするけれど、通信自体はChromecastが直接行う。

分かりづらいんですが、例えば我が家でしたらZenFone 2 LaserでHuluアプリを起動、Chromecastの挿さっているHDMIにTVを切り替えます。映画やドラマの選択自体はLaser上から行いますが、再生中は勝手にChromecastが動画をダウンロードしてきてくれるので、ZenFoneでは全く他のことをしていても問題ないんです。ZenFone側に負荷はほとんどかかっていません。

同じWi-Fi内、ということで、例えばChromebookからでもPCからでも問題ないのですが、それらが5GHz帯に対応していて、5GHz側で繋いでいたりすると、Chromecastが2.4GHz帯なので繋がりません。この際には一旦Chromecastと帯を合わせてあげなければならないので、それはちょっと人によっては面倒かも。

我が家ではiPhoneが5GHz、ZenFone 2 Laserが2.4GHzなので、LaserからChromecastと繋いでHuluなどを観ていました。まぁ、iPhoneでも2.4GHzのほうに切り替えれば良いんですが、面倒なので。

プロジェクターとスクリーンはないけれど、大きめのTVがある会議室などでも便利。

テレビにHDMI端子がついていれば、そこにChromecastを繋げば、あとはWi-Fiさえ繋がっていれば(もちろんテザリングやモバイルWi-Fiルーターなどでも良いですが)PCの画面をTVにそのまま映すことが出来ます。

0767-201505_MyWife

今年の5月に妻が帰国報告会を行った際には、ChromebookとPowerPointで報告しましたが、この時もしより小さな事務所や会議室程度のスペースであれば、同じくChromecastでTVに映してしまったほうが恐らく映りも鮮明で見やすいと思います。

対応アプリやサービスも増えてきているので、一つ持っていると意外と便利です。

実家に帰る時にこの小さな端末だけ持っていっても映画やドラマが見れてしまいますしね。その都度簡単な設定は必要ですが、難しいものではないので。

そう考えると、今月は有料動画配信サービスが続けて日本で展開される時期でもありますし、合わせてChromecastも検討してみると、また今までとは違った楽しみ方、使い方が見つかるのではないか、と思います。

Chromecast

追記:2015年9月25日 更新 Amazonプライムビデオについて。

昨日からAmazonプライムビデオの提供が始まりましたが、残念ながらChromecastには対応していないようですね。

代わりにAmazonはfire TVを発表、10月28日の発売に向けて今プライム会員限定で¥3,000-オフのクーポンコードを配布してChromecastに対抗するようです。

プライム会員に登録した上でクーポンコード「FIRETV3000」を入力すると¥3,000-引きになるようで、Stickであれば実質¥1,980-円です。

1004-201509_Fire TV Amazon

プライムビデオもプライム会員であれば無料ということもあって、別の部分で囲い込みたい意図もあるのでしょうが、少々残念かな。プライムビデオをTVなどで視聴したいChromecastユーザーはそれだけのために改めて購入しなければならないので。まぁNetflixやHulu、YouTubeなどもFire TVで見ることは出来るのですが。

といいつつも、この価格になってしまうと結局私も買い換えてしまう気もしています。ちなみにこの¥3,000-引きのキャンペーンは明日9/26までなので、予約される方はお早めに。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。