[0396-201412] 「大きければ中敷き入れれば良い。」簡単便利な靴の中敷きについて今日はじっくり考えてみる。

[0396-201412] 「大きければ中敷き入れれば良い。」簡単便利な靴の中敷きについて今日はじっくり考えてみる。

スポンサーリンク

「ちょっと大きいなぁ。でも中敷き入れれば良いですよね?」
「これだとピッタリで、中敷き入れられないんで、もう一つ上のサイズお願いします。」
以前よく言われた言葉です。中敷きは入れなければならない、と思っている人も結構いました。
そんな私たちにとって身近な、靴の中敷きについて、今日は少しじっくり考えてみたいと思います。

中敷きって簡単便利誰でも思いつく。

微妙なサイズ感を調整するのに、確かに中敷きは便利です。入れれば狭くなりますから。
中敷きも多種多様で、冬場の温かいものから、機能性のもの、100円ショップのものまで無数に存在します。
けれど、入れるなら気合い入れて入れて欲しいと思います。
入れること前提で大きめの靴を買いたいのであれば。
中敷きを全否定する気はありませんが、あまりに手頃過ぎて、気軽に買ってしまいますが、そもそも安易過ぎます。
中敷きで全部解決するなら、(しかもそれが適当に100円ショップで買っただけのもので)、靴屋さんなんて要らないです。
ということで、今回は幾つかのパターンに分けて、中敷きについて書いてみたいと思います。

私汗かくので中敷き必須なんです。私、足臭いので中敷き・・。

確かに中敷きには汗を吸い取ってくれるものもあります。
けれど、それ、中敷き入れていることが原因かもしれません。
こういう用途で中敷き入れる人って、そもそもサイズが合っていないことが多いと思います。だいたい大きい。
汗かくので、足臭くなるので、という人は、何故か「中に余裕があったほうが汗をかかない。臭くならない」と思っています。
大抵逆効果です。
中にかなりの余裕(空間)が出来るような大きめのサイズを履いているから、中で蒸れちゃうんです。
蒸れる理由は色々。サイズが合っていなければ常に足は無意識に緊張します。
緊張すれば汗をかく。(緊張時の汗は普通の汗とは種類が違い、臭いです。)
汗をかけば靴の中は蒸れてきます。けれど、靴の中に空洞がありすぎると、汗を吸い取ってくれないんです。
なかの空間に漂ったまま。どんどん温度が上がって蒸れていく。
また、汗をかけばかくほど、靴の中が濡れてきますから、大きめのサイズだとそれが靴擦れの原因になります。
[0211-201405] 暑くなってきたので、革靴の中の汗とムレと不快について考えてみる。
そんな下手な100円ショップの簡易中敷き入れるくらいなら、入れないほうがマシです。

私外反母趾だから。私足の形が変だから。腰痛持ちだから。足に問題抱えているから。

自己判断でなく、専門のドクターに診て頂いた上で、オーダーでインソールを必ず入れるように薦められた。
それなら別です。それはもうドクターとの相談の上で靴も選んで欲しいと思います。
私の出る幕じゃありません。
ただ、もしそのインソールも持ってきた上で、ちゃんとフィッティングをする気持ちがあるなら、店員さんもそれに合わせた相談は出来ると思うのです。
自己判断が一番怖い。
何度も書いてますが、自己判断で「腰痛持ちだから」「膝が痛いから」と適当に「それっぽい」中敷きを買ってきて入れている方が一番怖いです。
結構訊いてみると、もっともらしい症状の名前(難しめの漢字だったり、横文字)を、自信持って言われる方が結構いたのですが、実際見ると正常だったり、そもそも「そんな気がする」だけの方も多い。
[0339-201410] 甲高幅広と外反母趾に見る、日本人とつま先の関係。
[0276-201407] 腰痛と足の関係。足のむくみと利き足の関係。
それに、もし本当に心配なのであれば、靴選びにもそれくらい時間と手間をかけてください。靴は本当に適当。足が入る袋。大きい方がお得。くらいの人が結構いて、中敷きで何とかすればいい、と思っている。
でも本当にそれを解決させるのであれば、歩き方であったり、色々なところから多方面で解決していかなければいけないと思うんです。
3000円くらいの中敷き買って、それ入れれば一発。なんて、それじゃお布施と一緒です。
勿論気持ちは分かります。痛いほどに。
だって、私も自己判断でスマホ腱鞘炎疑って勝手にサポーター買いました。
[0326-201409] 右手親指付け根の痛みが気になり始めたので、サポーターを検討してみる。
最終的には、ちゃんと手を意識して労ってあげることが大切だと思いました。
[0352-201411] 手を意識して労わることが何よりのスマホ腱鞘炎対策でした。 – Aesop イソップ レスレクションハントバーム | Life Style Image

サイズが合わないから。

これに関しては難しいのですが、どうしてもその靴が履きたい、そのサイズじゃないとイヤだ、ということでなければ、それでも私は薦めないかな。
ただ、勿論ちょっとした中敷きで変わることも多々あるので、その際には適当な中敷きではなく、ちゃんと選んで欲しいと思います。
特に踵部分が厚くてクッションがあるものって、踵の痛みを軽減してくれるかもしれませんが、踵周りが緩くなりますので。
踵の位置が上がってしまう分、ちょっと脱げやすくなることも多いのです。
そういう方ってそもそもサイズ大きくて、元々踵周りブカブカで浮きまくっていることも多いので、更に踵の位置上げると、(全てとは言いませんが)ますます浮くことがあります。
[0218-201406] 甲高幅広とただの幅広と幅広もどきは明確に分けて欲しい理由。

つま先ティッシュは止めてね。

中敷きではないのですが、女性で多いのが「ちょっと大きいので、つま先にティッシュでも詰めれば良いですよね?」という方。
若い方でも多いです。気持ちは分かりますが、止めてください。
あと、パンプスの場合は中敷きの選び方によっては手に負えなくなるので、大きいから中敷き、というのはオススメしません。
せめて半敷き(前部分・ティッシュではない)かなぁ。滑り止めにするか、厚みを持たせるかはその時次第。
男性以上にフィッティングが難しいのだと思います。履いている内にどんどん広がってくるし。街でも一歩毎に踵が浮いちゃってる素敵な女性が多いので。
[0190-201405] もしあなたが外反母趾なら、自己判断で靴を選ばずに、一度しっかり靴屋で相談して欲しいなぁ。大抵大きいサイズ履いて悪化させてるから。

一番は、私を信用しないことです。

散々書きましたが、これに尽きるかな、と最近思っています。
私を信じちゃ駄目です。
どこの馬の骨とも分からない人間がこれ見よがしに分かったようなこと書いているブログを鵜呑みにするのが一番危険。
[かぶ] もしかしたらネットに貼り付いている私たちがもっともリテラシーが低いのかもしれない。 | おふぃすかぶ.jp
情報が溢れ過ぎちゃって、ちょっと調べれば色々な情報が出てくる。
けれど、足って一日中使う、影響の大きい重要な場所です。
歩き方一つで、靴の選び方一つで10年後、20年後に大きな問題の出やすい部分だと思うのです。
何故か。
それくらい無関心な場所だからです。
歩き方も靴の選び方も、正解がないし、教わることもないから、我流だからです。
[0361-201411] 外反母趾や甲高幅広。革靴で足が痛い人は、本来の自然な人間の歩き方をしているのかもしれない。
ネットでは皆好き勝手書いています。
勿論プロの目から見た専門的な、正しい視点や知識もたくさんあります。
それぞれの視点や足や歩き方へのアプローチから情報を出しているんです。
けれど、それが自分に当てはまるか、なんて、分からないですよね。
発信している側も責任持てません。持ちようがない。

じゃあ、何故発信しているんでしょう?無責任にも関わらず。

それくらい、伝えられていないんです。誤解されているのです。
当たり前だと思っていることが、実は自分たちだけだった。そういうことが多いんです。
情報が氾濫することで、誤解や勘違いも生んでいるのですが、それ、そうじゃないよ、という現場の想い。
伝える側の問題なんですけどね。
情報を発信すればするほど、ますます混乱を招く危険もあると思うのですが、それでも発信しようと思う人ってごく僅か。
なら、せっかく機会があるんだし、ネタにもなるし、発信しよう、と。
[0350-201411] 自分にとって当たり前のことこそ、伝える価値があると思う。
でも、それ以前に、単に自己満足だと思います。
格好いいこと言ってるよ、自分、みたいな。自分好きですから。
なので、適当に付き合ってください。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。