[0211-201405] 暑くなってきたので、革靴の中の汗とムレと不快について考えてみる。

[0211-201405] 暑くなってきたので、革靴の中の汗とムレと不快について考えてみる。

スポンサーリンク


今日も暑くなりました。これから季節は徐々に夏。その前にジットリとした梅雨がありますが。で、その時期に嫌なことは多々あれど、今日はその中でも靴の中の環境について考えてみます。

機能性素材の柔らかい靴がもてはやされますが

以前、店頭に立っていた時、お会いする機能性素材靴(蒸れにくい、など)を愛用されていて、新たに追加で買おうとされる方の靴を見る時、たいてい感じるのが、機能性素材の靴を履いていない人に比べて、臭うし、中が蒸れまくっている人が意外と多い、ということ。
最先端の機能性素材すら凌駕するほどの驚異的な発汗と体臭と蒸れを持った方が全くいないとは言いませんが、それにしても目立つ。
何だろう?と思って見てみると、共通していることが幾つかあるんです。
「ピッタリだと暑いから」ゆったりめを履いている。
毎日履いている。機能性の中敷?一度も外したことないよ。
お手入れ?したことないよ。
踵や、踵裏(スベリの部分)や中敷がボロボロ。

機能性であろうがなかろうが、それじゃ蒸れますって…

機能性の靴を履いている、ってことで余計に安心して日々いい加減に履くものだから、下手すると普通の靴より、靴の中の状況が悪化しています。ちょっとその点について触れてみます。
「ピッタリだと暑いから」ゆったりめを履いている。
→ ゆったり履けば涼しくなる、ムレが無くなる、と思っている人、多いですが、逆です。山でもスポーツでも、身体から汗を早く逃がすためには、なるべく密着させた上で、早く外側に発散させ、中に戻さないことが大切。ぶかぶかに履けば、靴の中の僅かな空間に湿気が留まり、ますます不衛生です。乾きなんてするはずがない。
また、湿ったままの状態で、ゆったり気味で靴を履くと、まさに靴擦れしやすい条件がしっかり整ってしまいます。
そして、ぶかぶかの靴を履く時、人は靴の中で足が動かないように無意識に足に力を入れて歩くので、疲れます。緊張するので汗をかきます。そして、緊張した時の汗というのは、単に暑い時にかく汗と違って、とても臭います。

サンダルって意外と不衛生。

夏になるとサンダル姿もよく目にするようになりますが、下駄や草履と違って、湿度の高い日本ではサンダルって意外と不衛生になりがちです。家に戻ってすぐに足を洗う方なら、足をきれいに、さっぱりした状態に保てるので良いのですが。
靴下とか靴って、足を覆ってしまうので暑いように見えますが、靴下や靴が余計な汗や汚れを吸い取ってくれるので、足を良い状態に保ってくれます。
最近山の衣類として、機能性の素材よりも以前からのウールなど天然の素材が再評価されているのも、そうした良さもあるのだと思います。

同じ靴を毎日履いて、お手入れもしなければ、靴は菌とカビの巣窟

ちょっと想像してみてください。
目の前のコップの中に、少し濁って、不純物も若干漂った、少しツーンとした臭いのする水が入っています。
これが人が一日に足からかく汗の量だと思って下さい。
これを、靴下の中にすべてかけます。汗をかいた状態ですね。
目の前には、一日酷使して、全体に埃や汚れがついたままの靴があります。埃や汚れには菌やいろいろなものが付着していると思って下さい。
この靴の中で、先ほどのよく汗を含ませた靴下を絞ってみます。ちょうど靴下で若干濾過してる感じでしょうか。
絞り終わったら、一日履いていた状態にするために、少し中を温めましょう。使いかけのカイロくらいで良いでしょうか。
その状態で、湿度たっぷりの下駄箱に入れます。
さて、一晩寝かせると、どんな状態になるでしょう?

毎日履く人は、中が回復する余裕もなく、同じことを翌日も繰り返した状態

特に何も気を使わなければ、翌朝はこんな状態だと思います。外から中から、一晩で更に素敵な状態の出来上がりです。
で、その日も同じ靴を履くんです。
ムレる、臭う、汗が…
当たり前だと思いませんか?
それで、幾ら靴下変えても、汗を吸い取る!って中敷敷いても、どうしようもないです。気休め程度です。その場はしばらくは感覚的には誤魔化せるかもしれませんが、靴の寿命は半分以下、いや、三分の一くらいにはなっているかもしれません。

ということで、対策は色々あるのですが

あれ買う、これ使う、などやろうと思えばこの世の中、幾らでもそういう商品は出てるので不自由しないのですが、根本的な解決にはなりません。対症療法に過ぎなくなってしまうので。
それよりも、前からこのブログでも書いていますが、
毎日履かない。
せめて毎回履いたらブラシで埃だけでも落とす。
ぶかぶかの靴を楽だと錯覚して履かない。
この辺りを意識してもらえれば、だいぶ変わってくると思います。
平凡ですけど、地味に効きますから。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。