[0503-201501] 足に合った良い靴を選ぶポイントは、店頭で履き心地を気にしないことだと思います。

[0503-201501] 足に合った良い靴を選ぶポイントは、店頭で履き心地を気にしないことだと思います。

スポンサーリンク

昨日から仕事初めの方も多いと思います。
三が日ゆっくりしたら、気がついたら明日から仕事で四日の日曜日に慌ててボロボロになった靴を買い替えに行かれた方も多いのではないでしょうか。新年ですし。
お店では皆さん、試し履きをされると思うのですが、ここで元靴屋としての足に合った良い靴を選ぶアドバイスをお届けしたいと思います。
大抵、試し履きの際に、おもむろに立ち上がって、足をいろんな角度に傾けたり、重心をかけたり、神妙な顔で履き心地を見る方が多いかと思います。
あれ、やめるだけで、良い靴選べます。

履き心地見なきゃ分からないじゃないか。

というお怒りの声が聞こえてきそうですが、火に油を注ぐようで申し訳ありませんが、見たって分からないです。無駄。
その理由について、挙げてみます。

まずはその状況を思い浮かべて下さい。

OOKAWA_sunahama20140726104455500
思い浮かべましたか?
さて、それと同じような状況、今までの人生で何回起きましたか?
ぼーっと立ったまま、神妙な顔で、ありえんだろ、ってくらいに怪しい角度で履き馴染んですらいない他所の靴に重心をかける、なんて、お店で試し履きするときしかしないです。
安心してください。そんな状況滅多に起きませんし、起きたらどんな靴でも当たるし、痛いです。

歩いたら痛いかどうか分かるじゃないか。

そりゃ、勿論気づくでしょう。でも、そんな真剣な顔して、足に全神経を集中させて、普段歩きますか?
その大胆かつ慎重な歩き方、歩幅で普段歩きますか?
その、忍者みたいな歩き方、普段しますか?
人間、先端が最も敏感なんです。手の指、足の指。
そんなとこ、集中させれば何かしら当たりを感じます。まして、そういうときのあなたは、当たることに意識を集中させているわけです。当たるように重心を傾けている、と言っても良いくらいです。
何が触れても気になりませんか?
CL1012_kaidan220140830113259500

痛かったり、きつかったり、が起きる時。

急に痛くなる、きつく感じる時というのは、どういうときか分かりますか?
靴のことなんか、足のことなんか、すっかり忘れて適当に歩いている時なんです。
そんな時でも痛くない靴を見つける為に、同じように靴をすっかり忘れた状態で試し履きてきますか?
靴のことなんかすっかり忘れた状態で靴の履き心地を見る。
禅問答みたいですよね。
無理です。私も出来ません。靴好きですし余計に無理。

たった一つの答えは。

それでも心配なあなたへ。そりゃそうです。今まで散々靴で痛い思いをしてきたんですから、慎重になるのは分かります。
そんなあなたに唯一の答えをお伝えします。
それは、足に任せちゃうんです
同じことじゃないか、と思った方、ハッキリと二つは違います。
足に任せる、それは、自分が幅広だとか、外反母趾だとか、バンビロだとか、ダンビロだとか、そういう余計な先入観や知識を一切捨てちゃうんです。
足入れて、落ち着かなければ、その靴は合いません。
あなたの頭より、あなたの足のほうが、あなたに合う靴のことは分かっています。
何故なら、あなたがすっかり忘れている間も、足は靴と接しているわけですから。特に忘れている時のことに関しては頭で考えても分かりません。
[革靴] 靴屋だった私が甲高幅広のあなたにそれでも幅広靴を薦めない理由。
[0190-201405] もしあなたが外反母趾なら、自己判断で靴を選ばずに、一度しっかり靴屋で相談して欲しいなぁ。大抵大きいサイズ履いて悪化させてるから。
[0339-201410] 甲高幅広と外反母趾に見る、日本人とつま先の関係。
[0361-201411] 外反母趾や甲高幅広。革靴で足が痛い人は、本来の自然な人間の歩き方をしているのかもしれない。
[0469-201412] あなたが幅広、幅広言うほど、大して幅広じゃない理由を考えてみました。バンビロだもの。

知識が足の気持ちの邪魔をする。

PAK93_taikusuwariatama20140322600
履き心地を気にし始めると、知識が邪魔をするんです。
せっかく足が良いと言っているのに、「いや、私幅広だから、3Eじゃないと心配だ。」とか、「俺は甲高だから、こんな細いのはダメだ。」とか。
[革靴] 「幅広だからEEE(3E)」は正しいのか、ウィズと横幅、JIS規格から考えてみる。
[0403-201412] 甲高や幅広のあなたが陥りがちな失敗。だからこそ、もっと綺麗な靴を履いて欲しいと思う理由を挙げてみます。
[0404-201412] 甲高や幅広のあなたが、お店で何故足に合わない靴ばかり選んでしまうのか。店員さんの視点から考えてみた。
その途端に、ダメな理由を頭で考え始めてしまうんです。
ほら、当たるじゃないか。キツい気がする。
足って、気持ち良ければ、勝手に歩み寄って適応しちゃうんです。人間の慣れって凄いです。
履きたい靴は、多少合ってなくても、いつも履いていて、気がついたら馴染んでますよね。あれもそうです。
履きたいと感じた靴を履いてください。
履き心地なんて、後からついてきますから。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。