[0276-201407] 腰痛と足の関係。足のむくみと利き足の関係。

[0276-201407] 腰痛と足の関係。足のむくみと利き足の関係。

スポンサーリンク


ここ最近はスマホ腱鞘炎気味な親指に悩まされていますが、若い頃からつねに悩まされ続けているのが腰。腰は誰でも少なからず抱えていると思います。
特に最近は厳しいので、積極的に姿勢から歩き方まで意識しながら、整骨院にもマメに通っています。
ここしばらく、腰の治療のために、新たに両足を治療部位に加えるようになりました。
東洋医学的には、肩の痛みは腕を通して指先から抜く。腰の痛みは足を通して足の指から抜く、と考えられているそうですが、実際腰の痛みは腰だけ幾らやっても改善しないものだと感じています。
腰が悪い時は、大抵他の部分で庇っているので、他も負担が大きい。特にお尻からももにかけて。もうパンパンです。ふくらはぎも含めて誰でも少なからず硬く張ってはいるようですが、こうして日々足もほぐしていくと、確かに腰も負担が軽くなっています。
そして、同様に足のむくみも緩和されているのを感じます。施術前はローファーが左足が足を入れる時に大抵突っ張った感覚があるのが、施術後はするっと入る。しかも、面白いのが、施術前は右足のほうが楽に入るのに、後は左足のほうが楽。私の場合は夕方辺りは左足がかなりむくんでいる、ということでしょうね。右はそれほど変わりがない。
実際、私の足で、小指が痛くなったり、何かと手強いのが左足です。
と、そこで、ふと気付きました。利き足のこと。私の場合、歩くとき右足の蹴り上げはかなりしっかり、また力強いな、と感じます。左は添える程度。もうそれが普通になっているのですが、靴底の減り方やシワの入り方を見ても、それがハッキリ分かります。左足は靴によっては小指を無意識に庇って歩くので、あまり力は強くなく、重心もずれている。靴底も靴によっては小指近辺だけ綺麗にほとんど削られていないこともあります。
それで、右足はほとんどむくまず、左足はむくみが大きい。当たり前と言えば当たり前なのですが、面白いなと思います。左足はむくむと指が当たりはじめたり、きつくなるので、ますます蹴り上げない。ふくらはぎの筋肉なども使わないので、筋肉がつかず、ポンプの力も衰えてしまう。衰えてしまうので、ますますむくむ。その悪循環。
これは一年やそこらでなってしまったものではなく、今までの人生の中で癖づいてしまったものなので改善はなかなか難しいのですが、意識し始めることがその一歩。足は使わなければ衰えていきますし、無理をさせればそのように適応してしまう。適応できることは良さでもあるのですが、同じ適応するなら、より良い形で習慣づけていきたいものです。

2014年10月8日 10:00 追記

「甲高幅広」「外反母趾」関連のアクセスが非常に増えてきています。大変ありがたいことで、少しでも甲高幅広の誤解が減ってくれれば嬉しいのですが、公開から半年が経ち、改めて読み直してみると無駄に長い。
またその後も幾つかこうした話は書いていまして、そろそろ一旦まとめたほうが良いのでは無いか、と思いましたので、半年後のまとめを作ってみました。
今までに書いてきたもののリンクもまとめながら、特に先入観や誤解の多い「甲高幅広」と「外反母趾」を中心に、靴と足の関係について書いています。
覚えておくと得をする、お店で喜ばれる靴の見方、履き方にもちょっと触れますので、いつも以上に長くなりますがお時間のある方は合わせてお読み下さい。
甲高幅広と外反母趾に見る、日本人とつま先の関係。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。