[かぶ] “Verizon will be the only provider supporting Samsung’s new Chromebook Plus V2 LTE”の記事の意味するところを妄想してみる。

[かぶ] “Verizon will be the only provider supporting Samsung’s new Chromebook Plus V2 LTE”の記事の意味するところを妄想してみる。

スポンサーリンク

昨日のお昼に呟いたのですが、その他のツイートに紛れて、Chromebook Plus LTEの話題にも関わらず珍しく全く反応がなかったのは、私自身まったく裏付けも取れていなければ、この文章だけでは突っ込みようもなかった、ということだと思っております。

元記事はこちらです。

この記事の冒頭、

Verizon will be the only provider supporting Samsung’s new Chromebook Plus V2 LTE, Samsung confirmed. Verizon will release pricing for its LTE service for the gadget at a later date.

この部分をどう捉えるかは人によって変わってくるとは思います。また、私、この段階での噂的な情報はあまりこのブログでは文章にすることはないのですが、ちょっと(ご存じの方も少ないとは思うのですが)昔の通信機能を備えたChromebook何種かのことを思い出しまして、少し話題にしたいと思います。

巷では「ChromebookにLTEはよ」とか「LTE使えるようにして欲しい」と散々言われています。実際に現行モデルで今のところSIMカードが使えるモデルは、日本ではAcerが出しているChromebook 11 C721のみです。

で、このChromebook 11 C721ですが、LTEモジュール以外の性能面に関しては、近いものを探すと幾つかあるのですが、それらとの価格差(実質LTEモジュール部分)が2.5万~3.5万円しています。これは、なるべく良い(性能と品質の)LTEモジュールを搭載するように、という声があった、と私はどこかから聞いています。また、Chromebookに限らず、Windows PCにLTEモジュールを加えると、やはり2万円~程度は上乗せになるな、という感覚を持っています。

そんな中、今回のSamsung Chromebook Plus V2 LTEは$100のみのアップです。

多くの世界的なPCメーカーが参入している中で、Chromebookにおいてほぼ唯一、しっかりしたイメージ動画を作っているのがSamsungです。そのため、私の中では毎回、新モデルを非常に楽しみにしているメーカーの一つです。今回も現行では2モデルめ(もう一つはAcer C732)となるLTEモデル、Samsung Chromebook Plus V2 (LTE)を2018年11月2日に発売する、と発表しました。このモデルの特徴と魅力について改めて書いてみたいと思います。

世界的な大企業であるSamsungの企業力を活かして米国OnlyのChromebook事業部が融通を効かせてLTEモジュールを大量に手頃な価格で仕入れた、という可能性も充分にあります。ただ、その場合でも、果たして日本から購入した場合に使い物になるのか(とりあえず技適マークは置いておいたとしても)というのは気になるところでした。

ただ、そこで先ほど少し触れた「昔の通信機能を備えたChromebook何種か」に話は戻るのです。その内の一つ、お馴染みGoogle Chromebook Pixel 2013です。

うん、今見てもやっぱり格好いいなぁ。ちなみにクドいようですが、今出ているGoogleのモデルは「Google Pixelbook」と「Google Pixel Slate」であって、「Chromebook Pixel 2」ではありません。Chromebook PixelとPixelbookは同じじゃないか、と思われる方もいるかもしれませんが、PixelbookとPixel Slateって全くの別物ですよね?方向性違うと思いません?Googleが当時作りたかったのがChromebook Pixelであって(その後スマホも出ましたが)、それは今のPixelbookやPixel Slateとはコンセプトが違う、ということです。この辺り混同しちゃうと、ちょっとモデルが分かりにくくなるので注意が必要です。

このChromebook Pixel 2013も4G/LTEモジュールが搭載されたモデルが発売されていました。価格差は通常モデルと$150。まぁ無難なところでしょうか。一応SIMカードが挿せたようです。但し、通常の使用ではVerizonのみだったようです。Verizonに専用プランがあって、それを契約して使う形だったと思います。で、一応T-MobileやAT&Tでも使えないか、と色々チャレンジした方もいらっしゃるのですが、出来なくはないが、面倒なのと安定しないのと時間がかかるという結論に達しています。何か今回のAcer C721のdocomoのmoperaのみ有効でMVNOは「出来なくはないが、面倒なのと安定しないのと時間がかかる」のと似てますね。ということで、実質Verizon専用機です。

そんなところから今回のSamsungのV2 LTEです。Samsung的には敢えてコストを上げてまで、世界各国のLTEバンドに対応した通信モジュールを搭載する必要(意味)が全くないんです。だって米国事業部独自のプロジェクトであり、米国市場のみを想定、サポートすれば良い、米国市場専門モデルなんですから。それが今回のLTEモデルで$100アップ、更に流通経路がSamsung公式、BestBuy、Verizonなのかな、と思っています。日本におけるdocomo専用機のAcer C721と同じ扱いですね。で、最初に挙げた記事です。

Verizon will be the only provider supporting Samsung’s new Chromebook Plus V2 LTE, Samsung confirmed. Verizon will release pricing for its LTE service for the gadget at a later date.

eSIMとまではいかないまでも、「Verizon will be the only provider supporting Samsung’s new Chromebook Plus V2 LTE」の辺りがやっぱり引っかかるんですよね。Verizon専用機のような気がしてならない。

ということで、グダグダと書いてみましたが、最近のおふぃすかぶのこの手の推論はよく外れます。正式に発売されて、全く違って日本でも使えるようだったら、この記事挙げて思う存分にネタにして笑って下さい。そうなることを願ってます。

単に「Chromebookを販売する唯一通信会社」って意味だったら良いんですけどね。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。