[かぶ] 海外に支援活動で持っていくならChromebookが最強だよ、と今回改めて思った話。

[かぶ] 海外に支援活動で持っていくならChromebookが最強だよ、と今回改めて思った話。

スポンサーリンク

イラクのアルビールにて活動中の妻にお願いして、ホテルでのChromebookの写真を送ってもらいました。こんな感じで頑張ってるんですね。

0740-201504_Chromebook in Iraq

今回は活動の合間を縫って精力的にブログも更新出来ているようで、また基本的なやり取りは「ハングアウト」で行っています。妻に訊いたところ「使いやすい」ようで、iPhone 6 Plusで一日撮った写真が(意識せずに)ホテルに戻るWi-Fi時に自動でGoogle+フォトにアップされるので、Chromebookで更新する際には全く意識せずに画像もアップ出来ることも楽さに繋がったのかな、と思います。

[0736-201504] ただいま妻がイラクからブログを更新していますが、決して銃弾が飛び交う中、自己犠牲の精神の元に白衣で戦ってはおりません。 | Life Style Image

日本にいる私もサポートしやすい。

PAK86_seisakudb20140517500

これ、大きいです。日本に何か画像やデータを忘れた、と言われた場合でも、自宅にいる私がその場で自宅PCの妻のGoogleドライブ内にそのデータを全てコピーして完了。数分もかかりません。

[0648-201502] Chromebox導入を前に、Googleドライブはじめクラウドストレージについて考える。 | Life Style Image

また、WordPressで更新中にここが分からない、とか、画像のアップが上手く行かない、と言われても、妻のアカウントでログインして(妻には予め了承済み)同時並行で何に困っているのかが日本にいて分かります。何ならこちらで修正しても良い。全く同じ環境が日本で表示出来ますから。

妻のGoogleアカウント自体、こういう時にしか使わないため、ほぼChromebook専用になっています。それが余計にサポートのしやすさに繋がっているのかもしれませんね。

何せ、データも設定も、イラクにある妻のChromebookの中にあるのではなく、妻のGoogleアカウントに紐付けされているだけなので、どこで何を開こうがすぐに同じ環境で作業が出来ます。

妻がイラクから「○○がもう少し使いやすければ」と言えば、自宅から妻のアカウントでChrome開いて設定を変えてアプリやアドオンを入れ替えれば済むだけです。これがもしパソコンであればイラクに行かなければ、もしくは長いメールやメッセージでなかなかうまく伝えられない中説明して環境を変えてもらう必要があります。

無くしても壊してもそれ程痛くない。

LISA78_kuyasiiMBA20141018102736500

勿論痛いことは痛いですが、Let’s noteやMacbook Air落とされることを考えれば遙かに痛くも何ともありません。もしその辺り落とされたら、少なくともイラクにいる間は何も出来ませんし、帰国後の再セットアップのことを考えると(時間も手間も)気分が沈みます。そしてバックアップが例え多少取れていたとしても、元の状態に戻すにはかなり時間がかかるでしょう。

けれど、Chromebookであれば確かに痛いことは痛いですが、いざとなればイラクの事務所のPCでChrome開いて彼女自身のアカウントでログインすればほぼ同じ環境で使えます。

また、落としてしまった場合セキュリティの問題がありますが、その場合はリスクは0とは言えませんが使い終えた後は毎回ログオフして電源も切ってくれれば、そう易々とデータに侵入されることもありません。実際起動自体10秒とかかりませんから、毎回電源切ってくれてもそれ程苦にはなりませんし。

いよいよならGoogleアカウント自体のセキュリティを彼女が無理なら日本にいる私の方で更に強化させて、もし危ないものがあれば日本からデータを移動させます

そこまでなることは恐らくありませんが。

唯一困ったことは、私の手元に今Chromebookが無いこと。

OOK3S0320140322153050500

今回帰国したら、細かい部分での使い勝手等は使いにくかった面も含めて訊いてみたいと思いますが、過去Let’s noteを持っていった時、iPadとキーボードを持っていった時、そして前回のiPhoneとするぷろの時、と比べても圧倒的に今回の方が私も安心ですし、少なくとも初めてこれだけリアルタイムにFacebookもブログも更新しています。

世界ぐるぐる
http://blog.truewave.jp/
0736-201504_Sekai guruguru

Googleに全ての行動を把握される、Googleに身を委ねてしまうことの危険性などは散々言われていますが、この程度の使い方なのであれば、却って割り切って委ねてしまった方が便利だな、と思いました。

唯一の欠点、困ったことは、私の手元からChromebookが無くなってしまったので、今回の帰省では全く何も作業が出来なかったことくらいでしょうか。

やはり早急にChromeboxとChromebookはもう一台必要ですね。

[0645-201502] 少々重症。Chromebookがあまりに使い勝手が良いのでChromeboxまで欲しくなった。 | Life Style Image

現時点では追加で考える場合、他のPCの選択肢が全く無くなってしまったわが家のPC事情でした。最近はいよいよ2万円を切ってくるChromebookも出てきたようで、パソコンとはまた全く別の立ち位置として一台持っていて損はないツールだと思います。

[かぶ] 実家で改めて感じるChromebookの素晴らしさ。これは誰にとっても「My」な、「Our」Computer。 | Life Style Image

しつこいですが、本当にいいですよ、Chromebook。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。