[0544-201501] 西村京太郎サスペンスにここまでハマるのであれば、DVDコレクション定期購読で良い気がしてきました。

[0544-201501] 西村京太郎サスペンスにここまでハマるのであれば、DVDコレクション定期購読で良い気がしてきました。

スポンサーリンク

いや、西村京太郎サスペンスより西村京太郎トラベルミステリーだろ、とか、渡瀬恒彦x伊東四朗より王道三橋達也x愛川欽也しか認めない、いや、高田純次最高など色々ご意見はあるかと思いますが、私好きなんです。このシリーズ。西村京太郎サスペンス。

西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ DVDコレクション |【Fujisan.co.jp】の雑誌・定期購読

TVガイド 特別編集DVDマガジン 隔週刊 西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ DVDコレクション

ここ毎晩、妻と一本ずつ見ています。おかげで寝るのが3時廻ってます。すっかり夜型です。

昨夜は「西伊豆・美しき殺意」。

麻生祐未さん、ちょっとぎこちなかったですが、綺麗でした。よくこんな女性が大胆なことが出来るな、と思ったのですが、やはり単なる直球ではなく、きちんと裏があったんですね。充分に楽しめました。西本刑事が今回はなかなか頑張っていました。

鏝絵について興味を持ちましたので、それについては改めて書きます。

一昨日は「南紀白浜殺人ルート」。

金子賢と一色紗英です。

良いですねぇ。和歌山県警春木警部(前田吟)と十津川警部のやり取りも良かったですが、それ以上に亀井刑事と向こうの刑事さんとの掛け合いも面白かった。好きだなぁ、こういうの。

それもあって、私の中で亀さんは伊東四朗になってきてしまっているのです。

そして、最後の展開。確かにあまりに直球過ぎるな、とは思っていたのですが、そう持っていきますか、といった感じ。ちょうど昨日の麻生祐未さん同様、復讐ものだったので、昨日は同じ展開かと思いました。

一昨昨日は「志賀高原殺人事件」。

布施博、なかなかいい味出してました。これも良かったです。けれど、私としては一番良かったのは小西刑事(中西良太)が腕にしていたのが私も愛用しているSEIKO 5。しかも同じSNK381で、画面いっぱいに映し出されていたことです。えっ?だからどうした、って?いや、その通りなんですが、SEIKO 5、しかも無数にある中から同じものが出てくるなんて稀ですよ。

黒姫伝説なんて知りませんでしたし、この回に限らずトラベルミステリーものは気負わず見られて小旅行に出たくなるのでたまりません。もちろん志賀高原行きたくなりました。

録画だと重複が続いてなかなか全て放送されないので。

この年末年始のTBSチャンネル1のトラベルミステリー111時間で一気にだいぶ録画出来たのですが、それでもまだ4分の1くらいです。ここ1週間ほどしっかり番組表をチェックしつつ録画を追加しているのですが、重複しているものが多いんですよね。しかも111時間の時と違って週に数本しかやってくれませんし。

[0488-201501] 年末年始はTBSチャンネル1のトラベルミステリー111時間とKindleでトラベルミステリー三昧。

そろそろ録画のストックも切れてき始めているので(浅見光彦シリーズが丸々残っていますが)、いっそのことDVDコレクション定期購読してしまおうかと。
いえ、勿論合計するとかなりの金額になるのは分かっているのですが、つい買いたくなってしまうんですね。冊子がなかなか好きですし。

西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ DVDコレクション |【Fujisan.co.jp】の雑誌・定期購読

欲を言えば、それぞれの回に原作となっている小説も付けて欲しかった。ドラマに小説にと楽しめるのって良いじゃないですか。

ちなみに私は過去、デアゴスティーニ隔週刊 名探偵ポワロ DVDコレクション隔週刊 新・刑事コロンボDVDコレクションを同様に定期購読して全巻揃えた過去があります。全く後悔していません。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。