[かぶ雑感] 刀剣乱舞-ONLINE- x ファミマ x ASUS Chromebook C523NAはかなりアリだと思うよ(2020.2.7)。

[かぶ雑感] 刀剣乱舞-ONLINE- x ファミマ x ASUS Chromebook C523NAはかなりアリだと思うよ(2020.2.7)。

シェアする

スポンサーリンク
私、普段Chromebookに関して感じたことはその場でTwitterでツイートしてしまいます。結構長文、何ツイートになることもあって、フォローいただいている方々には少々申し訳ないのですが、その過程である程度自分の中で考えがまとまってきてブログの文章になることもあります。ただ、反対にツイートしてスッキリしちゃって文章にまとめる気力なくなってそのまま消えていってしまうモノも多く、勿体ないなぁ、と思っていました。

そこで、気がついた時にこちらで[かぶ雑感]という形で残しておきたいと思います。普段に比べて細かいスペックやリンクなどは調べずに書いていきたいと思いますので、Twitterされてない方や「ついでだから雑談にも付き合ってやるか」という方はお付き合い頂けたら、と思います。

今回はこれ。

刀剣乱舞自体は詳しくは知らなかったのですが、元々歴史にはそれなりに興味ありましたし、刀にも興味があって刀剣博物館にも移転する前に妻と足を運んだくらいなので「そういうものがあって、最近人気らしいねぇ」くらいには考えていました。こういうものってあまり深入りして下手にハマると危ないので、なるべく近寄らないようにしています。私、結構ハマるので。

で、何故突然Chromebookと絡めた話をするかというと、ちょうど数日前から話題になっているファミリーマートのこのキャンペーン。

ファミリーマートでキャンペーン期間(2020.2.11~2.29)に700円(税込)以上の買い物をすると引けるくじで手に入る応募券を5枚集めると抽選で当たる賞品の中に何故か

このB賞(35名様)に、

昨年後半に国内でも発売されたばかりのASUSの15.6インチの新作Chromebook、C523NAが入っているんですね。で、刀剣乱舞ファンからすると「何故入っているのか分からない」「明らかにハズレ」といった反応が相次いでいる、という状況でございます。はい。

ちなみにこの刀剣乱舞-ONLINE-、PC版はブラウザゲーム(HTML5版)なので、Chromebookでも勿論動きます。ただ、スマホ版(iOS / Android版)でプレイされている方も多いと思うんです。そういう人からすれば訳のワカランPC(しかもWindows PCでもMacBookでもない)貰っても困る、という心境でしょうし、PCブラウザ版楽しまれている方はそれなりにPCにお詳しい方だと思うので、それなりに良いスペックのPC(但しChromebookではない)をお持ちだと思うので、なんでこんな低スペックWindows PCみたいなもん(更に言えばWindowsですらないからそれ以下)押し付けられなきゃいけないんだ、と感じても仕方のないことです。

実際通常のPC的なスペック感覚で考えればこのスペックだと起動自体もそれなりに時間もかかりますし、じゃあ色々な用途に使おうと思っても中途半端に力不足(なのでむしろ分かった上で割り切った使い方の出来る中級~上級者向き)なラインのモデルだと思います。要はわざわざ刀剣乱舞-ONLINE-だけのために起動も遅い、諸々遅いPCなんぞ使わん、という意見なんだと思います。だからハズレ、だからゴミ。

でもChromebookを使われている方ならお気づきのように、このC523NA、このスペックだとブラウザ中心の用途であればかなりサクサク動きます。というか、ブラウザゲーム楽しむなら、下手な他OSのPCよりもオススメ

というか、15.6インチFHD液晶でRAM容量も普及価格帯Chromebookでは珍しい8GB積んでいる、結構快適なモデルです。ちなみに私はこのモデル、昨年末にメーカー貸出機をお借りしてレビューしていますが、

かなり好印象持ってます。実際Chromebookとして使うのであればかなり使いやすいですし、起動や諸々の動作の軽快さを考えると、下手な他OSの同価格帯のPC買うよりも余程快適にブラウザ版ゲームは楽しめるな、と思っています。

要は、これ、かなり担当者味わいのあるセレクトしてきたということなんですね。よくここに気付いたな、ホントに、と。それにスマホユーザーであればとりあえずGoogleアカウントは持っていますし、であればセットアップ自体非常に簡単です。

ちなみにこういうこと、実際にプレイしないで頭だけで考えて「Chromebookが快適」なんて言っても説得力ないと思ったので、早速手元の似たようなスペック(Celeron N4000、4GB RAM)の11.6インチHD(1,366×768)液晶のASUSの同時期に発売されたChromebook、C204MAで折角なのでプレイしてみました。

ちょうどここで書いたような感じの環境(但し外部モニター等は用いず、USBスピーカーとマウスだけ使いました)でチュートリアルだけ、という状況なので、ヘビーユーザーからすると「チュートリアル程度で何が分かる」と言われてしまうかもしれませんが、それだけでも充分に魅力の一部は感じられたのではないか、と思います。面白かったし。ちょっと色々複雑そうだけど。

いや、ほんと起動も速いしすぐゲーム始められるし、音はUSBスピーカーのJBL Pebbles繋いだのでかなり良い感じで聴けて雰囲気もあるし

これ、普通にアリ。というか、普段スマホで遊んでいる人にこそ、時々PCと連携させて15.6インチ、それなりの音のするスピーカー繋いでじっくり自宅で楽しんで欲しい。ブラウザ版、楽しいから。そして普段ブラウザ版楽しまれている方も、余程ハイスペックモデルを常用でもしているユーザーでなければ、結構このモデルをブラウザゲーム用として持ってても良いと思います。まぁFlash版とか残ってたりすると一部悩ましかったりしますが、HTML5版などであれば普通に楽しめると思います。

ということで、このくじで応募する方は恐らくどう考えてもB賞以外に応募すると思いますので、Chromebook、かなり狙い目です。税込700円以上x5枚で3,500円以上はファミマでこの時期くじが無くなる前に買い物しないといけないので、自宅側のローソンを愛用している私には少しハードル高いですが、折角なので帰り道にあるファミマでこの時期だけ買い物して応募狙ってみたいと思います。

当たったらこのC523NAで刀剣乱舞-ONLINE-の続きやるんだ。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。