[かぶ雑感] Chromebookを取り巻く「初心者お断り」の空気に対する想いを改めて(2020.2.3)。

[かぶ雑感] Chromebookを取り巻く「初心者お断り」の空気に対する想いを改めて(2020.2.3)。

シェアする

スポンサーリンク
私、普段Chromebookに関して感じたことはその場でTwitterでツイートしてしまいます。結構長文、何ツイートになることもあって、フォローいただいている方々には少々申し訳ないのですが、その過程である程度自分の中で考えがまとまってきてブログの文章になることもあります。ただ、反対にツイートしてスッキリしちゃって文章にまとめる気力なくなってそのまま消えていってしまうモノも多く、勿体ないなぁ、と思っていました。

そこで、気がついた時にこちらで[かぶ雑感]という形で残しておきたいと思います。普段に比べて細かいスペックやリンクなどは調べずに書いていきたいと思いますので、Twitterされてない方や「ついでだから雑談にも付き合ってやるか」という方はお付き合い頂けたら、と思います。

今回はこれ。

ちょうど著名な情報サイトのChromebookレビューで「ChromeOS界隈で感じること」として書かれていたことがきっかけなのですが、

私自身もChromeOSの勝手を知りたいため多方面で情報を拾ったりしているのですが、ある種Linux界隈と同様の難しさを感じました。その難しさとは「最新情報なのかが分からない」ことと「そもそもの情報量が少ない」の2点です。

今後ChromeOS搭載機種を手にされる方は少なからず何が出来るのかを調べられると思うのですが(ウインタブの記事も含めて)「いつ時点の記事か」を意識された方が良いと思います。機能の拡充や変更がWindowsに比べてもペースが速く、現状のユーザー層がコアな人が多いこともあり、「初心者お断り」感のある情報が増えてきていることは正直憂いを感じます。

いや、至極ごもっともなご意見だと思うのです。特に前半は私もこのブログで常々触れてきたことです。Chromebookも(他のPCやスマホと同じく)情報が古くなるのが早いので、その記事がいつ書かれたものかを確認することが大切です。その意味で、現時点でのChromebook普及においての悩みと言っても良いと思っています(ただ、これはもしかしたら日本に限らない話かも)。

界隈」については先月初めにこんな文章を書いたのでここでは省きますが、

これって結構難しいんですよね。Chromebookって確かに初心者からすれば分からないことだらけなのだと思うのですが、それってスマホ初心者やWindowsなどのPC初心者にも当てはまることでして。実際スマホを使用し始めて間もなく2年になる実家の父親にとってはスマホ界隈自体が今も昔も「初心者お断り」な世界ですし。

で、私自身は意識してコアな情報を発信している訳でも、初心者お断りだと思ってる訳でもありません。

以前「日本のChromebook界隈の情報発信者はハードウェア情報にばかり情報が偏っていて、開発系の情報がほとんどない。それが普及の妨げになっている。」といった類のご指摘を頂いたこともありました。

実際Twitterを眺めていても、ChromebookをLinux目的で買われる方、買ってすぐChromebookとして使わずにLinuxとして使っている過程での使い勝手などをツイートしている方を多く見かけます。

むしろごく普通の何も特別な使い方をしていない人のそんな日常の発信のほうが少ない。

また、そういう「何も特別な使い方をしていない人」って書くこと自体が特にないので、一度書いたきり、ということも多くなりがちです。これ、仕方ないことなんですよね。だって書くことないんだもん。でも書くことない、ということは、その後特に苦戦もせずに日常の道具と化しているか、もしくは飽きて全く使ってないかのどちらかなんだと思います。

で、情報が古くなってしまうことに関しては、もう数書いて、過去の記事もどんどん最新の情報にリライトして、検索して目に飛び込んでくるChromebookの情報がすべて最新版の情報になっていることが望ましいのかもしれませんが、私の記事だけでも既に600超えてます。正直苦行です(楽しみにしてくださっている方には申し訳ないのですが)。

例を挙げれば、最近でもほんの数ヶ月で自動更新ポリシー一つとっても情報2回変わってるんですよ。それ、600以上の記事の中から全部抽出して一つ一つ修正していく(しかも今後も度々変わる)のは、単純な趣味としてChromebookについて書いているブロガーとしては気が遠くなる作業です。もちろんリライトするのは自動更新ポリシーに限らないし。

この本だって出したの1年半前なんですよ。Chrome OSの魅力、特長については当時と大きく変わっていないと思っていますし、私が惹かれる部分も同じですが、機能や機種の情報などは流石に情報古くなっています。そして改訂が追いつかずにいます(そんなに売れてないし)。

ただ、そうした中でも、個人的にはこれだけ知名度なくて、日本では使ったことのない人のほうがChromebookについて論じてる(話題に出す)ことが多くて間違った情報が飛び交っている中で、ただでさえ小さすぎる市場(一時は北米市場で1日に売れる台数と日本市場で1年に売れる台数が同じくらいだったことも)において、その市場(文教法人市場)から更に台数的には2桁も3桁も違う販売台数でしかない個人向け市場においては、個人ユーザーの情報発信、結構頑張ってると思うんですけどね。

果たして国内に個人ユーザーがどれだけいて、そのうち一般的な使い方をしている人がどれだけいて、更にその中で積極的に日々情報をリライトしながら基本情報を発信していく人がどれだけいるのか、という話です。

とはいえ、それだけでは単なる言い訳になってしまうので、今の私なりに出来ることを考えていくと、結局このブログでの日々の情報発信やTwitterでのクドいくらいの毎日のツイート、更にSlackのワークスペース(Chromebookコミュニティ)の運営や、

一昨年15回ほど開催したChromebookオフ会(東京、浜松、大阪などで開催しました)を今年はもう少し規模を大きくして一般的にしていくこと、更に、今少し編集が遅れていて申し訳ないのですが、地道にChromebook会報誌で「いろいろなChromebookとの日常」を紹介していくこと

かな、と思っています。最近はメーカーの方々も今まで以上にやる気になられているので、そうした方々とも連携していろいろなことが出来たらいいな、と思っています。あとはそれが「閉鎖的」「初心者お断り」にならないように‥といっても、私自身Linuxも未経験ですし、用途的には大したことに使ってないので、最近受けるChromebookに関する質問のほうが専門的すぎて答えられないことも多々出てきています。そういうの見かけたら助けてください。

またGoogleフォームでアンケートでも取ってみましょうか‥そのときはご協力お願いします。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。