[かぶ] 複数台所有する中で、今メインで使っている2台のChromebookの決め手はCPU(Core m5、i5)とRAM容量(8GB)がもたらす快適さと安心感だった。

[かぶ] 複数台所有する中で、今メインで使っている2台のChromebookの決め手はCPU(Core m5、i5)とRAM容量(8GB)がもたらす快適さと安心感だった。

シェアする

スポンサーリンク

今手元には5台のChromebookが現役として稼働しているのですが、妻の1台を除いた残り4台の中で、特に使っているのは、やはりHP Chromebook 13 G1Lenovo ThinkPad 13 Chromebookです。

これは以前同じことを書いたことがあるのですが、その後2台(ASUS C302CAとSamsung Plus)手元に増え、それらのモデルが十分に魅力的だったこともあり、少し状況が変わってくるかなぁ、と思っていました。けれど結局この組み合わせに落ち着きました。

この2つもモデルはどちらも今話題のConvertibleタイプではありませんし、AndroidアプリにもStableチャンネル(安定版)ではまだ未対応です。にも関わらず、後発の2モデル(C302CAやSamsung Plus)ではなく、この2モデルをメインで使ってしまっている理由を考えてみると、

CPU(Core m5,i5)とRAM容量(8GB)がもたらす快適さと安心感

なんですね。まったく力不足を感じさせない圧倒的な安定感と安心感。私にとってはAndroidアプリよりも価格よりも、快適さと安心感のほうが優先順位が高かった、ということです。

多くの方に読んでいただいた上記文章で話の流れ上、分類してみた中では、私の愛用しているこの2モデルは「法人」向けの高価格、ハイスペックモデルに属します。正直、個人向けにはあまりウケが良くなかったようです。

実際にLenovo ThinkPad 13 ChromebookのCore i3,i5版は既にディスコンだという噂もありますし、

HP Chromebook 13 G1も本日までwoot!で「Factory Reconditioned」が最上位のCore m7、16GBモデルでも$599.99となっているところを見ると、

これら現行の話題(コンバーチブル、タッチスクリーンやペン対応、Androidアプリ対応)からは外れている(Androidアプリは対応予定ですが)従来のハイスペックChromebookは今後は完全に一部法人向けかもしくは姿自体を消してしまうかもしれないな、と寂しく思っています。

ただ、実際に使ってみると、CPUパワーとRAM容量というのは「軽い」「速い」、「やることが限られているなら便利」と思われがちなChromebookにおいてはあまり重要視されていないようですが、むしろ本来のChromeOSの方向性やメリットを活かす上では、必須な部分です。

もちろん「やること限られてるなら安くて軽くて速いし、ライトな使い方に最適」という方向性でChromebookに魅力を感じてもらえるのであれば、それはそれで嬉しいことですし、どんどんそうしたユーザーによって裾野が広がっていって欲しいと私も思います。それは一つの大きな魅力ですから。

ただ、地味なためあまり注目されていませんが、Chromebookのシンクライアントな他にはない強みと魅力を活かし(残し)、今後のさらなる進化を楽しみにしている私としては、このハイスペックなChromebookというものも今後も細くではあっても、いつか、その魅力が一般にも受け入れられ、花開く日がくるまで継続し続けて欲しいと思っています。

私が軽い気持ちで書いたら思った以上に多くの方にご覧頂くことになってしまった「御三家」「新御三家」の話はこちら。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。