[かぶ] DELLが11.6インチと14インチに力を入れ始めたことで、国内Chromebook市場が面白くなってきた。

[かぶ] DELLが11.6インチと14インチに力を入れ始めたことで、国内Chromebook市場が面白くなってきた。

シェアする

スポンサーリンク

先日DELLの14インチChromebookについて書きましたが、

見ていくと今回発表された新作モデルはどれもなかなか面白いのです。ちょうど良いところを突いているなぁ、と感じています。

現在日本においてラインナップが充実していて個人ユーザーも気軽に購入が出来るメーカーと言えばASUS JAPANになります。北米市場の王者であるエイサーも国内でしっかり展開はしているのですが、個人には見えにくいこと、販売経路が非常に限られてて個人では辿り着きにくいこと、また型番に統一性が無くて(分かりにくくて)整理しづらいこと、何より基本的に現時点で文教法人市場をほぼ想定していることもあって、オススメがしづらいのが正直なところです。

そんな日本エイサーの状況を尻目に着実にニーズの穴を埋めているのがASUS JAPAN。昨年から今年にかけてのモデルの展開は非常に分かりやすく、ほぼ穴がない綺麗な展開をしています。

今年のCESでも幾つかの新モデルが発表されましたが、この内のある程度は国内でも展開されるのではないか、と予想しています。例えばC213NAの後継としてのC214、また現在11.6″耐衝撃クラムシェルはエイサーのみなので、ここにC204。この辺りが出てきたら強いな、と思っています。

シンプル
クラムシェル
シンプル
コンバーチブル
耐衝撃
クラムシェル
耐衝撃
コンバーチブル
11.6″
  • C204
  • C213NA
    (2017.9/2017.8)
    (49,800-/56,800-)
  • C214

そこに今回DELLが発表した3100の2モデルを加えてみると、これもまたなかなか面白い展開になります。

ちょっと11.6″の2メーカーの現行及び今後展開の可能性のあるモデルを表にまとめます。

Model C223NA
(ASUS)
C204
(ASUS)
3100
(DELL)
C213NA
(ASUS)
C214
(ASUS)
3100 2-in-1
(DELL)
Type Clamshell Clamshell Clamshell Convertible Convertible Convertible
Processor Celeron™
N3350
Celeron™
N4000
Celeron™
N4000
Celeron™
N3350
Celeron™
N4000
(N4100)
Celeron™
N4000
Memory 4GB 4GB 4GB 4GB 4GB 4GB
8GB
Display 11.6”
1366×768
11.6”
1366×768
11.6”
1366×768
11.6”
1366×768
11.6”
1366×768
11.6”
1366×768
Touch 非対応 非対応 非対応
対応
対応
対応(EMR)
対応
対応(EMR)
対応
Storage 32GB 32GB 16GB
32GB
32GB 32GB 32GB
Dimention 286 x
199 x
17.25mm
303.9 x
207.9 x
20.8mm
307 x
199 x
20.65mm
(20.9mm)
303.9 x
207.9 x
21.5mm
Weight 0.99kg 1.29kg 1.26kg
1.36kg
1.41kg
Price 35,000円
(37,800円)
47,980円
(51,818円)
52,980円
(57,218円)
49,800円
(53,784円)
56,800円
(61,344円)
57,980円
(62,618円)
64,980円
(70,178円)
Auto Update policy 2023.11 2025.6 2025.6 2023.11 2025.6 2025.6

他と比べて若干劣る(気になる)部分を赤線で。反対に強みとなる部分を黄線で分けました。現在日本でも海外でもまだ発売されていない2モデル(C204とC223)を除いた、国内現行4モデルを比べてみてもなかなか面白く、重なることがないんですね。

  • シンプルなクラムシェルタイプは2モデル。C223NAと3100は軽さ(0.99kg)か耐衝撃かで決められます。また、DELLはGemini LakeのN4000を搭載(ASUSはApollo LakeのN3350)。性能差がどの程度体感で出てくるか。
  • コンバーチブルタイプも2モデル。C213NAと3100 2-in-1。EMR対応と価格を取るならC213NA、CPUとRAM容量を取るなら3100 2-in-1。特に3100は11.6″としては貴重な8GB RAMモデルあり。
  • 今後もしC204が出てくれば3100対抗。C223NAが出てくれば3100 2-in-1対抗に。
  • 今後出てこないのであれば、現行4モデルは綺麗に棲み分けが出来ている。

ここ最近、国内の11.6″モデルは多く出てきてはいるものの、比較的各社似たり寄ったりの印象がありました。Lenovoが少し特長のあるモデルを出しましたが、個人だと入手が難しい(品切れが多い)こともあって、どうしても11.6″は薄型軽量で行くならC223NA(ASUS)、LTEを使いたいならC732L(Acer)、コンバーチブルならASUSとAcerの入手しやすい方(Lenovoがたまたま在庫あれば選択肢としてあり)というくらいのイメージで留まっていたのも確かです。価格も近かったので、明確に違いを出しにくいので、敢えて比較をしてみよう、という気にもあまりなれなかった、というのもあります。

そこに前回の14インチ、そして今回の11.6インチと、ちょうどASUS JAPANの間を縫うような形のモデルが出てきたことで、個人的には非常に選択に悩む(良い意味で)状況になったな、と思います。メインの文教法人市場でもあとはサポートや導入コストなどで決めることが出来そうです

もちろんこの後ASUS JAPANが上記2モデルをもし日本国内でも発表すれば競合になりますので面白くなってきますし、そうなると入手のしやすさ、という一点でやはりASUS JAPANが(個人においては)強くなります。だってDELL、やはり発送まで半月以上、というのは個人では気持ちのハードルが少し高い(入手のハードルは低いけど)ので。そこさえ解消されれば、価格面をみても、またちょっと他にはない組み合わせという点を考えても、DELLのChromebookというのも魅力的だな、と感じました。この調子でASUS、エイサー以外の選択肢(世界大手のLenovoとDELL)が本気出してくると、また楽しくなってきそうだな、と思っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

シェアする

フォローする

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。