[かぶ] Chromebook対抗のWindows 10 Sモデルを見ると、Chromebookの新モデルが想像出来る。

[かぶ] Chromebook対抗のWindows 10 Sモデルを見ると、Chromebookの新モデルが想像出来る。

スポンサーリンク

先日こんな文章を書きました。

昨夜のMicrosoftの発表会では簡単に触れるに留まっていたChromebook対抗のWindows 10 S搭載モデル。189ドル、OEMメーカーとしては「Acer、ASUS、Dell、HP、Sa...

その後もところどころで触れてきたのですが、これらのモデルって、ここ最近教育市場向けに出ているChromebookと共通しているモデルが結構あるんですね。例えば、先日未吹 明(@mibuki_mei)さんから提供頂いたレビューでもご紹介した、Lenovo N23 Yoga Chromebook。

先月末にこんな文章を書きました。 Lenovo N23 Yoga Chromebookは新鮮さはなくとも手堅くまとまった良モデルの予感。 | おふぃすかぶ.jp 既に米Amazo...

これは例えば今回のMicrosoftの「Windows 10 Devices Designed for Students | Microsoft Education」では、

Yogaとは付かないものの、またCPUがN3060ながら、Lenovo N23(Touch)として既に発売中(OSは現時点ではWindows 10 Pro National Academic)

また、先日同じく取り上げたHPのX360 11 G1 EE

ここ一週間ほど、Microsoftの教育市場向けの発表会とそれに合わせたWindows 10 SやSurface Laptopにかなり意識を取られていましたが、Chromebookに対する興味を失った...

こちらも同じモデルは出ていませんが(まだ出ていない、というほうが正確か)、ProBook x360 11 EEというモデルが既にWindows 10では存在しています。

また、Acerのモデルなど、初めからWindows版とChromeOS版の両方を発表しているモデルもありますし、こうした傾向を見ていくと、今後Windows 10 Sが出てくると、メーカー各社はOS違いで基本的な形は同じモデルを出してくることがますます多くなってくるのではないか、と思います。その方がコストも下げられますし、対抗ということは、スペック的にも価格的にもほぼ同じもので良くなってくるからです(キー仕様などは変える必要はありますが)

これはなかなか面白いのではないか、と思います。日本においてはブランドイメージ的にも圧倒的にMicrosoftが有利ですが、米国の教育市場においては現行シェアはChromeOSが圧倒的です。これが、ほぼ同一のモデルが出てきた時に、果たしてどうなってくるのか。一般的なイメージでは「アプリの選択肢の多いWindowsのほうが便利じゃん」となりそうですが、それも10 Sの出来次第。そして、教育市場でどういうモデルがどういう条件で求められているのかも影響してきます。

Chromebook好きとしてありがたいのは、対抗としてWindows 10 Sモデルが出てきてくれることで、全体的にラインナップが充実してくるのではないか、と思われること。また、より数多く出てくることで、価格自体も更にこなれてくるのではないか、という期待があるからです。教育市場向けということで果たしてどのくらい個人向けに出てくるかは不安ではありますが、この価格帯のWindowsモデルが充実してくることで、またChromebookの次のモデルも想像が出来るようになり、また期待も出来るような気がしています。

Surface Laptopと違い、これら低価格のWindows 10 S搭載モデルは果たしていつ頃出てくるのか未だ分かりませんが、出てきたら試してみたいと思っています。ひとまず、先日少し触れましたが、マウスコンピューターiconのちょうどこの辺りのスペックのモデル(Windows 10ですが)を試せそうなので、予行練習としてこれをストアアプリとMicrosoft Edgeのみで使ってみて、使い勝手を見てみようと思っています。(ただ今到着待ち)

昨夜、こんなことを呟きまして。 何となくChromebookと使い勝手を比較したくなったので、同価格帯(日本における)のWindows 10のラップトップPCを検討しているのだけれど、よく考えた...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。