[かぶ] Microsoftの教育分野向け発表会「Learn what’s next」は新製品発表会だと思わなければ、十分に興味深い内容でした。

[かぶ] Microsoftの教育分野向け発表会「Learn what’s next」は新製品発表会だと思わなければ、十分に興味深い内容でした。

スポンサーリンク

何となく表現に棘があるような気がしますが、そんなつもりはありません。いや、予想とはだいぶ違いましたが、それでも考えてみれば今回の発表会、そもそも「Windows 10 Cloud(Windows 10 S)」や「Surface Laptop」の発表がメインなのではなく、あくまで教育分野に向けたMicrosoftの展開と方向性を発表する場なんですよね。(その中の一つとしてこれらのOSやデバイスは位置づけられるだけ)

実際、Windows 10 SやChromebook対抗と考えられるモデルの価格帯やスペック、昨日になって色々とリーク画像が出てきたSurface Laptopの詳細について早く知りたい、早く発表しろ、と思いながら見ていると、非常に物足りない、それ以前にとても焦らされている感のある発表会だったかもしれません。

私自身もそんなことを言いながら、実際妻とストリーミング配信を見ていたのですが、1時間程度かなぁ、と軽く考えていたら実際は2時間弱。途中Twitterで流れてくるツイートを見ていても、「Surfaceの発表会だと思って見てみたら、そうじゃなかった」といったものも幾つか見られました。私も最初そのつもりで見てしまっていたので戸惑いましたが、それでもそれなりに楽しめたなぁ、と思っています。

今も上記のサイトから発表会を見ることが出来ますので、改めて「教育分野向け発表会」のつもりで見ていくとなかなか面白い内容だと思います。もう少しじっくり見直してみたいところです。

Windows 10 SとSurface Laptopに関しては既に大手ネットメディアを中心に情報が続々上がってきています。

Surface Laptopもなかなか面白いモデルかなぁ、と感じています。999ドルから、ということを考えてもこれは現行のChromebook対抗ではありません。けれど今後のUWP(Universal Windows Platform)アプリの普及具合、対応具合にも拠るものの、場合によっては非常に快適で、ストレス無く使える、面白いモデルになると思うのです。

このモデルにWindows 10 Sが入っていることに対してはいろいろな反応があるようです。ただ、これを通常の10 Proにアップグレードしてしまえば、それはそれで普通に使える端末にはなるとは思いますが、いまいち個性のない面白みのないモデルになってしまいそうな気がします。このモデルの長所は、10 Sだからこそ活きてくるのかな、というのが現時点での印象です。

私の愛用しているChromebookにはCore i5やm5が入っています。非常に快適です。もしこれらのモデルにWindows 10が入れられたとしても、それなりには動くと思います。でもそれだと面白くないのです。良さがすべて消されてしまう。これらのモデルはChromeOSだからこそ活きてくる、と感じています。それと同様のことが、今回のSurface Laptopにもあるのではないかなぁ、と勝手に想像しています。

昨日Chromebookの教育市場での活用事例について興味があるということを書いたところ、 こうした事例がどんどん出てくるとChromebookの日本市場も面白くなるのになぁ。〜あすこま さん...

また、Windows 10 Sも、ChromeOSとは少し方向性は違うものの、現時点では10 Proよりも使っていて楽という人も意外といるのではないのかなぁ、と思っています。特にChromebookに気楽さを感じている人にとっては、また違った意味でこの10 Sにも気楽さを感じるかもしれません。

あとは、現時点では教育市場向け、と位置づけられていますので、一般向けには果たして展開されるのか、が気になるところですが、私の中では何か一台、手元においてみて、この同じようでいて実は意外と違う10 SというOSを試してみたいな、と思っています。

既に米AmazonでもPre-orderが始まっているのですね。日本直送も可能なようです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。