[1423-201704] こういう訳が分からないの、なんか好き。ASUSのプロモーション企画「Incredible Life Swap」が素敵です。

[1423-201704] こういう訳が分からないの、なんか好き。ASUSのプロモーション企画「Incredible Life Swap」が素敵です。

スポンサーリンク

先日、おふぃすかぶ.jpで、ASUSのZenBook 3がLenovoのThinkPadに比べて「物足りない」点について書きましたが、

確かにその通りではあるのですが、ごめんなさい。一つ忘れていました。ASUSにはこれがあったのです。プロモーション企画

ただいま「Incredible Life Swap」というものを行っているのですが、私の中ではFacebookやTwitterで時々流れてきて「何かやってるなぁ」とは思ったものの、「別にいいや」と思ってスルーしていました。昨夜たまたま何となく見ていたのですが、思っていた以上にハマってしまったのです。いいなぁ、これ。(良い意味で)くだらないと言えばくだらないのだけれど、何か素敵だ

ASUSは時々一瞬訳の分からないプロモーション企画を結構本気でやってることがあり、時々そのノリについていけないことがあるのですが、今回はついていけないというよりも、何やってるのかイマイチ分からず食わず嫌いだった、という類のものでした。

でも、今回のこれ、細かい意味なんて考える必要はないのです。楽しめるか楽しめないか。その雰囲気を気に入るか気に入らないか。その上で、その中で出てくるASUS製品に「なんかいいな」とか「あ、こんなシーンに合うな」といったものがあれば良い。それだけなんですね。

私が惹かれたのは、YouTuberという共通点はあったとしても、そしてもしかしたらお互い知り合いだったかもしれないけれど、それよりも、こういう「よく分からない」企画を通して思わぬ出会いと物語が生まれる、という点。

今回であれば、様々な国の人が繋がり、相手に自分の国(街)で何を楽しんで欲しいか考え、更に相手の国に実際に訪れて、サプライズを楽しむという設定が、何か素敵だな、と思ったのです。実際ここまで一人でやるなら金も時間も労力もかかる訳ですが、なんか良いじゃないですか、こういうのって。

ASUSの企画ながら、ASUSとASUS製品が前面に出ていない、我があまり出ていない。それよりも、YouTuberそれぞれの魅力が映像を通して、それぞれの国を通して伝わってくる。その上で、私は今回(シーズン5)で今使っているZenBook 3が出てきたのですが、「あ、ZenBook 3にして良かったな」と何となく嬉しくなってしまったし、他のモデルの回も見たくなってしまいました。

[kanren postid=”37010″]

私のはレビューというだけでなく、単に「これ手に入れたんだ、良いでしょ?ねぇ、聞いて聞いて」的な何かが見えてしまってる気がしてそこが自分でも力不足を感じるところです。

ASUSはこうしたプロモーションやイベントが上手いと感じます。そう考えると、私もちょうど一年前のCOMPUTEX TAIPEI 2016ツアーではもう少しこんな魅力を押し出せるブログでの展開の仕方が出来れば良かったな、と改めて悔しく思っています。

こうした企画はメーカーも協賛してブロガーが色々とやることはあるのだけれど、なかなか難しいんですよね。この辺文章と写真の限界を感じてしまうときがあります。あとは、単なるレビュー動画やレビュー記事には出せない、むしろそれがメインじゃない(ように感じさせる)企画だからこそ出せる製品の魅力というか。

人は興味を持つからその製品のレビュー記事を読む、というのもあるのだけれど、製品ではなく、人に、場所に、その物語自体に興味を持ったことでたまたまその製品にも興味を持つ、ということも多々あるということに改めて気付かされました。

旅企画も旅ブログも、それだけなら最近では現地在住ブロガーもたくさん発信していて、既に幾らでもあるんです。
製品レビューも同じ。製品提供か自腹か、その是非は細かく議論されることはあっても、内容自体はそれ程違いはない。やっていることはどこも似てきてしまって、それだけであればこちらも同様に既に幾らでも存在しているんです。

あとは単にそれが検索で上位に出るかどうか、たまたま目に入ってくるかどうか、というだけの違いになってしまっている。(自戒を込めて)

単なる旅企画でも製品提供レビュー企画でもなく、それらに人の交流をうまく絡めて押しつけがましさを感じさせないようなプロモーション。今回はさじ加減が良いな、と感じましたし、私も同じ何かをやるのであれば、もう一手間、何かを加えた魅力的なものを発信していけたら良いな、と思いました。

でも、これだけのものが企画出来るのなら、ASUSも今せっかく公式のZenFanというものがあるのだから、うまく何かやれないかなぁ、と思うのですが・・忙しいですか?

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。