[1053-201510] これって恋かしらん?Apple Watchもあるのに未だにASUS VivoWatchが欲しい理由。

[1053-201510] これって恋かしらん?Apple Watchもあるのに未だにASUS VivoWatchが欲しい理由。

スポンサーリンク

1053-201510_ASUS VivoWatch

私、基本的には最近はCASIO STANDARD等を愛用しておりますが、スマートウォッチの類も使っております。以前取り上げてから、特にこのブログでネタにすることもなかったので取り上げていませんでしたが、Apple Watchを使っております。

[kanren postid=”6981″]

今、腕にしながらこの文章を書いているのですが、「スタンドの時間だ」と突然言われましたので、ちょっと1分くらい離れます。軽く身体動かしてきます。

Apple Watchは大変気に入っているのですが。

戻りました。この1時間に1度、立って身体動かそうね、って教えてくれる「スタンド」機能は大変重宝しております。特に最近は長時間Chromebookの前にいることが多くなりましたので、いくらアーユルチェアーや立ち机やアーユルメディカルシートを使っていても、基本的には身体は動かさないといけません。

でもね、未だに気になるんです。ASUSのVivoWatch。

VivoWatchってご存じですか?日本では発売されていません。にも関わらず、発表当初から妙に反応しまして、過去数回このブログでも取り上げています。普通のスマートウォッチです。

[kanren postid=”6900″]

1053-201510_ASUS VivoWatch 01

こちらでの画像はほぼすべて本家製品ページから拝借しております。で、なんでこんなに気になるんでしょう?題名の通り、これって恋かしらん?というのは置いておいても、未だにAmazonのカートの中に入れっぱなしで思い出しては悩んでおります。

多分理由は単純。紹介動画にやられちゃった口。意外とコロリといくタイプ。

非常に優れているとか、そういうわけでもないと思うのですが、何となくコロリと逝っちゃったんですね。紹介動画に。きっと、もうっもうっ、って勢いで注文して実物手にとって急に賢者モードに入ってしまうタイプだと思いますが。

でも、こうしたイメージが見事に自分の琴線に触れることってあるじゃないですか。他人にはさっぱり分からない部分で。自分でもさっぱり分かりませんが。

敢えて理由を挙げるなら、寝ている時も腕にできる10日間バッテリー。

1053-201510_ASUS VivoWatch 03

Apple Watchって気に入っているんですが、スマートウォッチって基本的に普通の腕時計と立ち位置が違うと思うんです。生活を楽しくしてくれるツールのようなもの。それは自分の日常を意識させてくれたり、ちょっと先ほどのスタンド機能のようなものを通して、より自分の身体というものを、健康というものを考えたり。生活スタイルについて見なおしたり。

もちろんそんなストイックでなくても、何か腕にしていて楽しい、みたいな感覚です。

でも肝心なところでApple Watchは抜けてるんですよ。睡眠を追跡出来ないんです。睡眠時間や睡眠の質等々。常に身につけていても苦にならないどころか、身につけていよう、と思わせる魅力がありながら、肝心の一日の終わりに充電しなければならない、という。

でも結構良いところ突いている時計だと思うんです。VivoWatch。

1053-201510_ASUS VivoWatch 05

きっと冷静に見れば普通のスポーツウォッチでもありそうなんですけどね。それでも、海外で上がっているYouTubeなどでのレビューを見てみると悪くない。価格も2万円前後ですし、良いところ突いていると思うんです。

ちょっとバンドがチープそうだったり(チープは決して私の中ではマイナスイメージではないのだけれど)、さて、これ買ってもApple Watchとどう併用するの?とか、そもそもこの前挙げてたシンプルでスタンダードに落ち着いた時計たちはどうなったの?とか色々出てくると思うんですけどね。

当分は変わらず悶々としながら、ある瞬間に手元にあるかもしれません。

1053-201510_ASUS VivoWatch 02

突然冷めちゃうかもしれませんが。でも既に半年近く悶々としてますから全く先が読めません。ただ、今後も繰り返し先ほどの動画を時々眺めながら、ある瞬間にもしかしたら手元にあるかもしれないなぁ、と。人に暑く勧めるか、と言われれば別に敢えて薦めませんが、そういうものに時々クラっと逝っちゃう自分を振り返る意味で、今回改めて取り上げてみました。興味持たなくて良いですよ。私は好きですが。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。