[0386-201412] 革靴のつま先を持つあなたへ。赤ちゃんを抱っこするとき、頭を掴んで持ち上げますか?

[0386-201412] 革靴のつま先を持つあなたへ。赤ちゃんを抱っこするとき、頭を掴んで持ち上げますか?

スポンサーリンク

靴のつま先を持たない理由
世の中には、その方面に興味が無いと気がつかない、意識しないことがたくさんあります。
中でも「気にせず(気付かずに)やっているけれど、実は眉をひそめられている行動」というのは、知っておくだけでも結構お得です。
何故なら、それをしないだけで、好印象を与えることが出来るからです。特にお店で。
例えば万年筆のペン先は触らない、とか。機械式の腕時計で一言断りも入れずにいきなり竜頭を巻き始めるとか。いきなり振り始める、とか。
ただ、それはやってしまっている人が悪い訳じゃないんです。
悪意は全くないのですから。
お店の側の、その仕事に携わっている側の、伝える側の問題です。
伝えられていない。私も含めて。
ということで、今日はお店で革靴を手に取る時、何故「つま先を掴んではいけないのか」。改めて書いてみます。
[0187-201405] 知っておいて損はないと思う、革靴のつま先を持ってはいけない理由。

汚れるのは、拭けば磨けば良いんです。

私はつま先は靴の顔だと思っています。
真っ先に目に入りやすいですし、ここをいじれば表情が変わりやすい。
勿論つま先だけではないのですが、一番分かりやすい気がするのです。
靴を見て回るとき、無意識の癖なのか、つま先だけ順番に触りながら見て回るお客さんも時々いました。
実際興味のない人は、「トンガリ靴」とか「もっと丸い(つま先が)ほうがいい」と、つま先で選びます。そして、それくらい周りの目を惹く部分だからこそ、お手入れもせずボロボロだと目立ちます。
そうした意味で、つま先を持ちたくなるのは分かります。
靴を並べていると、ちょうど最も目を惹くし、手に取りやすい部分につま先があるんですから。
つま先をそれだけ触られれば、目立つ部分ですから、汚れます。
でも、汚れたのは拭けばいいんです。
実際靴屋の一日の中で最も多く時間をとるのは店頭の靴のつま先の指紋を拭き取ることなんじゃないか、というくらいしょっちゅう拭いてます。
けれどそんなものは仕事の一環です。
(スエードの靴は毛は潰れるわ、明るい色のものだと手の脂や汚れが付着しちゃって黒くなって取れないものもあるので、やめてほしいですが。)

つま先、持ちやすいですか?

でも、訊きたいのですが、つま先掴んで、靴持ちやすいですか?
革靴の多くは、踵が一番重いです。そこから最も離れた部分がつま先。
もっともバランスが悪いし、重いと思いませんか?
そして、持ち上げた時の指先をちょっと想像して欲しいのですが、力かなり入っていませんか?
指や爪が食い込むんじゃないか、というくらいに力入って持っている方結構いました。
持ちにくいから爪立てて潰すように持っている人も。
その状態で重さ知りたいのか、振る人もいるんですね。
これ、つま先に限らず、こんなことしたら靴駄目になりませんか?

こんなこと、言われたことがありますが。

「持ちやすいようにつま先前にして置いておくのが悪い。」
そう言われるかもしれません。でも、ちょっと考えて欲しい。触りやすいかもしれませんが、じゃあ他の場合でも持ちやすければどこ持ってもいいんでしょうか?
可愛い赤ちゃんがいて、抱っこしたいときに、頭掴んで持ち上げますか?
ちょうど掴みやすいところに頭がありますが。
「じゃあ、直接言えば良い。」
お店によってはほぼ9割方つま先触ります。毎日。
その全員に同じこと言った方がいいんでしょうか?
これに近いことやって、ネットで「態度が悪い」「偉そうだ」とよく叩かれている靴の名店があります。
実際たまたまそのお店でやんわり伝えているところをたまたま見かけたことがあるのですが、そのお客さん、仏頂面で出て行きました。
靴好きそうな感じでしたが。
その日の夜、文句言ってる書き込みがネットの某掲示板でありました。
その方ではないと思うのですが、あまりのタイミングの良さに、私、そのお客さんかと思いました。

非難したいのでも、叩きたいのでもなく。

私の場合、靴や時計しか知りません。
なので、他の場所では失礼な行動を無意識にとってしまっていると思います。
そんなことをいちいち気にしていたら世の中渡っていけませんが、単に知っていればお互いに気持ち良く過ごせるのであれば、それにこしたことはないですよね。
今日も全国各地でたくさんの革靴のつま先が押され、爪を立てられ、店員さんも「またか」と半分諦めながら、悲しい気持ちになり、でもたいしたことじゃないからこれからも続く。
もし周りで靴のつま先掴んで持ち上げている愛する人やご家族ご友人がいたら、優しく教えてあげてくださいね。
小さなことに気付くようになると、他のことにも気を配れるようになる。そんな優しさの連鎖が繋がればいいな、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。