[1128-201601] おせち料理にもそろそろ飽き始めた、昔ゲーム少年だった中年(30歳以上)のあなたへ。「ダンジョン飯」如何ですか。

[1128-201601] おせち料理にもそろそろ飽き始めた、昔ゲーム少年だった中年(30歳以上)のあなたへ。「ダンジョン飯」如何ですか。

スポンサーリンク

人間が持っているもので最も素晴らしいもの、それは想像力です。想像力が無限に広がるから、想像が広がる限り、ありとあらゆる可能性が広がります。そして世の中は良くも悪くもなります。また入浴中に金星を想像して怖くなったり、ホラー小説読んだ後に洗髪していて理由もなく怖くなったりするのだと思います。

さて。今日は元旦ですので、ちょっと子どもの頃を思い出してみましょう。ロールプレイングゲーム(RPG)ってやりませんでしたか?ドラゴンクエストやファイナルファンタジー、ウィザードリィなど。ちょっと私の年齢が分かりそうなタイトル例ですが。

私の場合は、子供の頃から、最近でもごくたまに、テーブルトークRPGを遊びました。ご存知無い方のためにわかりやすく説明すると、「ごっこ遊びの大人も子どもも公平に遊べる版」とでも言いましょうか。ちゃんとルールや行動を判定するための方法が決まっていまして、弟は何やっても無敵とか無いわけです。誰でも公平に死ぬ時は死にます。

[0226-201406] テーブルトークRPGを覚えていますか?

これも想像力で幾らでも世界が広がる素晴らしいゲームです。今では一般的になったオンラインRPGで、更に思いつく限り何でも試してみることも出来れば、自由に生きることが出来る、と思って頂ければよろしいかと。すべてゲームマスターとプレーヤーの想像力が物を言います。

1128-201601_Delicious in Dungeon

前置きが長くなりましたが、今日は一部では非常に人気が出た、こんな漫画を読みましたのでご報告。

お正月、時間を持て余したり、特におせち料理に飽きた明日の夜辺りにお楽しみ頂けたら幸いです。昔RPGに胸熱くした方は懐かしい気持ちで楽しんで頂けると思います。

ダンジョン、って気軽に潜ってるけど、飯どうしてるんだろうね。

一度は思ったと思うんですよ。何か好き勝手に世界めぐって邪悪なドラゴンやモンスター倒すのは良いけど、飲まず食わずで良くそんな歩き回れるよね、と。

普通なら往復の日数分の日持ちする食料が必要です。今日は地下4階まで潜るのに2日かかるなら、往復で4日、更に戦闘や不足の自体を考えたら1週間分は必要でしょう。それでも足りないかもしれません。

そんな時、考えたことありませんか?「迷宮内で自給自足すればいいんじゃない?モンスターいるんだし。

これも想像力です。そして見事にそれを作者の脳内で補完した上で、クッキングパパ風の盛り付けをして作り上げたのが「ダンジョン飯」だと思います。

現在134巻、来月135巻が出るようです。素晴らしい。

昔胸熱くさせた中年(30歳以上)はこの正月、その時の熱い心が蘇ります。

熱き心です。

何となく懐かしくなっちゃうと思います。そうだ、そういえば最近は全然ゲームしてないな、って。別に大人がゲームしたって良いんです。いや、むしろ大人こそ良質なゲームを楽しんで欲しい。

だって、あの「信長の野望」や「三国志」シリーズを生み出したシブサワ・コウ(コーエーテクモゲームス 代表取締役会長 襟川陽一氏)だって、65歳を超えた今も時間さえあれば日夜あらゆるジャンルのゲームにいそしんでいるんです。

シブサワ・コウ,「川中島の合戦」から「三國志13」までを語る。コーエーテクモを引っ張るクリエイターは,筋金入りのコアゲーマーだった – 4Gamer.net

ちなみに信長の野望は今最新作などがSteamで新年のセールで30%オフ(1月5日まで)になってます。久しぶりにどうぞ。

脱線しましたが、面白いから読んでみて。暇でしょ、正月。

もう小林旭とシブサワ・コウで何の話だったか分からなくなってきていますが、ダンジョン飯です。

面白いから、是非読んでみて。何となく今更大人にもなって、なんて思ってると損します。私も友人に薦められてから数ヶ月、ようやく年末に買ったのですが、あっさり一晩で読んじゃいました。2冊ですしね。まだ完結してませんが。で、何で薦められた時に素直に読んどかなかったんだろう、と後悔しました。

このブログ読んじゃうくらい暇なんだと思いますので是非。

PAK88_denwadaboo15155554-thumb-1000xauto-18370

シブサワ・コウと信長の野望にピンときたら合わせてどうぞ。

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!~風雲嫁取り篇~ – 4Gamer.net

山本一郎さん、流石です。久しぶりに「信長の野望」やりたくなっちゃいました。

テーブルトークRPGやクトゥルフ辺りが好きな方はこちらもどうぞ。

[1062-201511] クトゥルフ(TRPG)好きには待望の「ダークエイジ」が再販。でも歴史好きにも案外たまりません。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。