[0841-201506] アーユルチェアー(オクトパス)到着。1週間無料モニターを今日から試してみる(外観篇)

[0841-201506] アーユルチェアー(オクトパス)到着。1週間無料モニターを今日から試してみる(外観篇)

スポンサーリンク

どうやら1日勘違いしていたようで、本日午前中にアーユル チェアー(アーユルオクトパス)が届きました。メーカーが行っている1週間無料モニターです。
0841-201506_ayur chair 01
これから一週間、腰痛に悩まされている妻と二人で共用PC用の椅子としてじっくり試してみたいと思います。第一印象としては「思った以上に小さい」でした。
[0807-201506] 姿勢がよくなる健康イス、アーユルチェアーの1週間無料モニターを試してみようと思う。

椅子以前に、座っている時の姿勢の大切さは分かってはいたつもりでも。

私は最近パソコン作業の半分以上は立ち机で行っていますが、それでもじっくりと座ってメインのPCで作業をしたいとき、必要な時があります。その時に億劫なのが、腰から坐骨周りが落ち着かない、重いことです。
また、ダラッと座ってしまうことで、自然と姿勢も悪くなり、それを庇うようにますます姿勢が悪くなり、いろいろなところに弊害が出てくる。悪循環ですね。
それもあって、ひとまず腿裏の圧迫感(これも腰痛に大きく影響する)を軽減させるために先日フットレストを購入しました。
[0800-201505] デスク周り環境改善中。サンワダイレクト エルゴノミクスフットレスト 100-FR001を購入しました。

これでだいぶ楽にはなったのですが、どうしても猫背、ストレートネック気味の私は常に腰、お尻、そして背中から首まで全体的に何となく重い、何となく「何かがある」(この感覚、同じ悩みを抱えた方なら分かっていただけると思うのですが)があるんですね。

小さな座面を「またぐ」ことで、坐骨で正しく座ること。

今回はスタンダードなモデルの一つでもある「2014アーユルオクトパス(コンパクトレッグ)ブラック」を試してみました。
2014アーユルオクトパス(コンパクトレッグ)ブラック 製品一覧 | 正しい姿勢が身につく椅子、アーユル チェアー
アーユルチェアーの一番の特徴はこの座面。
0841-201506_ayur chair 03
アップにすると、なんかデザインが少し変わっている程度で、大きさは気づきにくいのですが、
0841-201506_ayur chair 08
こうして今まで座っていた椅子(右側)と並べてみると、その大きさの違いが分かります。とにかく小さい。

座るというより、坐骨で支えて、跨ぐような印象。

本家サイトに7分で分かるアーユルチェアー(動画)があるので、それが最も分かりやすそうですが、


この湾曲した座面に深く座ります。背もたれはその後で調整です。
0841-201506_ayur chair 04
この湾曲と、座面の小ささのおかげで、自然と足が開く(跨ぐ)座り方になります。女性の場合、股を開いて座るのは少々抵抗はあると思いますが、私が最初に座って感じたのは、上半身がブレず、坐骨を軸にとても安定しているということです。
それを支える役目もあるのがこの小さな背もたれ部分。これも背もたれというよりも、深く坐骨で座った際にポイントで支えるような感覚です。
0841-201506_ayur chair 05
もう一枚。左が今まで使っていた普通の椅子。右がアーユルチェアーです。
0841-201506_ayur chair 09

座面の小ささのもう一つのメリットは、腿裏が椅子で圧迫されないこと。

これはかなり大きいです。下手にフットレストを使わなくとも、両足をしっかり床に付けて、膝を90〜100°に曲げた高さで座ってみると、太ももはほとんど座面に触れていません。唯一気になるとしたら、今まで使ってこなかった、お尻周りのちょっとした違和感でしょうか。これは、今回一緒に別売りの「アーユルチェアー専用 体圧分散マット by SORBO」を入れていただいていたので、気になるようだったら、こちらも使ってみたいと思います。
0841-201506_ayur chair 07

美しい。かわいい。そして、何よりちょっと座っていたくなる雰囲気。

今までの椅子と入れ替えてPC用のデスクの前に置いていたのですが、冒頭で触れたように、とにかく「ちっちゃい」んです。なんともかわいい。けれど、結構綺麗です。形が良いんでしょうね。今日は受け取り次第写真を撮ったところで外に出てしまっているのでまだしっかり座れていませんが、これで余程何か問題が出たり辛かったりしない限り、この椅子に変えてしまいたいと思ってしまうほどのシンプルな魅力があります。
ちなみに一週間モニター後は返却後アンケートに答えるのですが、この無料モニター、唯一気になるとしたら往復の送料くらいでしょうか。東京都内同士の発送でも片道1800円近くかかるので、往復分で少し躊躇してしまうのですが、買うつもりであればこの辺りはしっかりフォローされているようです。
お試し商品申し込み | 正しい姿勢が身につく椅子、アーユル チェアー
0807-201506_ayur chair 02
私がこの椅子のサイトを初めて妻に見せたところ、「赤が良い!」と言っていたのですが、このクッションカバー(税込4,104円)が購入特典として(今だと)貰えるようです。ちょうど往復の送料分のような位置づけでしょうか。
NEW クッションカバー レッド 製品一覧 | 正しい姿勢が身につく椅子、アーユル チェアー
もちろんわざわざ一週間モニターをせずに買ってしまって、別途クッションカバーや体圧分散マットを購入するのが一番早くていちいちいろいろ考えなくて良いので楽かもしれません。
アーユルチェアー専用 体圧分散マット by SORBO 製品一覧 | 正しい姿勢が身につく椅子、アーユル チェアー
とりあえず第一印象としては大変気に入りましたので、これから一週間、使いながら使用感をご報告していきたいと思います。
腰痛の予防・姿勢の改善に効果的な椅子|アーユル チェアー オフィシャルサイト

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。