[0704-201503] 黒が黒いんです。ENGLISH GUILD ビーズリッチクリームを買ってみた。

[0704-201503] 黒が黒いんです。ENGLISH GUILD ビーズリッチクリームを買ってみた。

スポンサーリンク

黒が黒いんです。
OOK3S0620150201192519500
もう、新鮮な驚きでした。
PAK96_suieiboudanshi20140726500
いつもはこんな感じのこのブログと私ですが、今日は少し真面目にいきたいと思います。

クリーム買ったんですよ。

ここ1週間ほど更新ペースが落ちていますが、この理由は詳しくはまた書きたいと思います(詳しくも何も単にiPhoneが手元にないだけ)
そんなこともありまして、少々悶々としておりましたのでハンズ行ったんです。渋谷の東急ハンズ。大人のおもちゃ箱です。久しぶりに靴のお手入れ用品でも補充しようかなぁ、と。今、靴ケア用品全品10%オフやっているので、思わず。
0704-201503_Sanko Shoe 02
最近三交製靴ラギッドシューズがメインになっているのですが、折角なので手元のお手入れ用品をシンプルにしながら、ちょっと気分も変えて靴クリームなんか買っちゃおうかな、と思ったんです。
少し前から気になってたこちら。

速報! イングリッシュ ギルド ビーズリッチクリーム [男の靴・スニーカー] All About
0704-201503_ENGLISH GUILD 02
イングリッシュギルドです。英国製。英国靴メーカーが業務用に使っているというウワサのこのクリーム。色味が昔ながらのメルトニアンに非常に近い、というのも、英国製というのも悔しいけれどビンビンきました。
ただ、モゥブレイのクリームナチュラーレとも最後まで迷いましたが。

M.モゥブレィプレステージ『クリームナチュラーレ』 [男の靴・スニーカー] All About
こちら良いんですよね。でもなおけんたさんはじめ結構愛用されている方が多いようなので悔しいので止めました
ちょうどこの二つはAll Aboutでも飯野さんが以前大変興味深い比較記事を複数回に渡って書かれていますが、
黒の靴クリームの「色」を 深く考えてみる その2 [男の靴・スニーカー] All About
自然な感じのクリームナチュラーレか、英国靴らしいブルーブラックの強みが出るイングリッシュギルドか。興味のない人にとってはどっちでもどーでも良い話ですが、良かったらもう少しだけ聞いて下さい。

黒が黒いんですよ。

OHT_rojiuranokuroneko500
久しぶりに靴磨きって楽しいなぁ、って思いました。黒が黒いんです。何を当たり前のことを、と言われるかもしれませんが、黒のクリームって奥が深いですね。黒と言っても本当に様々です。
昔フォーマルなスーツを作ろうと思って、黒の生地を色々見たことがあるのですが、その時お店の方も言われていましたが、黒ってシンプルな分誤魔化しが効かず、値段の差が出やすいそうです。
確かにその通りだと思います。黒靴もどれも同じ黒じゃん、って言われそうですが、やっぱり違うんですね。それは革によって、国によって、出し方が違う。突き詰めていくとストチと同じでキリがありません。

青みの強い、深い黒。

これが至高だとかそういうつもりは全くありませんが、合う人にはもうこれっ!という感じの黒です。私思わず今までジョンロブ純正のカベルネな黒クリーム(イヤーモデルに付いてきていた青いムラのあるクリーム。サフィールOEM)使っていたヨシノヤ九分半ロッシュまでこのイングリッシュギルドに変えちゃいました。
0704_201503_Carl Loesch Yoshinoya
更に、手元にある黒靴全てもう一度このイングリッシュギルドで靴磨きし直しちゃったくらいですから、余程気に入ったんでしょうね。そうしたら、冒頭の感想になったんです。
黒が黒いんですよ。
OOK3S0620150201192519500
特に三交製靴ラギッドシューズのうち3足の黒革(ツヤ革、型押し、ペッカリー)の黒の出方がそれぞれ気に入りました。
この辺、大いに思い込み入ってます。黒だ!黒青だ!っていう思い込み。
で、結局茶靴もこれにしちゃいました。翌日再び東急ハンズに行ってミディアムブラウン買って来ちゃいました。
0704-201503_ENGLISH GUILD 01

靴磨きって楽しいんです。

靴磨きって楽しいです。私、このブログでも靴のお手入れの重要性をクドいくらいに書いていますが、勿論出来れば靴磨きもして欲しい。
[0214-201405] 靴磨きと靴のお手入れは違うと思った土曜日の午後。
0704-201503_Sanko Shoe 01
靴磨きってする人としない人がハッキリ分かれてしまって、する人はかなりマメに、何を使うかまで拘っちゃって終わりがないのですが、しない人はお手入れすらしないので、難しいのです。
そして下手に靴磨きだけしようとするとかえって逆効果になってしまうこともあります。
けれど、答えが一つではないということは、結局のところ楽しんで出来るのであればどんなやり方でも良いんですね。
靴磨こうかな、と思えるようになると、楽しみが一つ増えます。楽しいなぁ、と思うと面倒じゃなくなる。そうなったら、どのお手入れ用品が良いか、なんてありません。自分の気に入ったもの使えばいい。
ただ、やり過ぎるとそれはそれで色々困ったことになりますので、気をつけましょうね。
OOK92_ehoumakiumauma20150201175323500
ということで大変気に入ったので、ここ1週間くらいは悶々としていることもあって靴のお手入れ関係の情報ばかり集めて眺めて楽しんでます。奥が深くて楽しい、素晴らしい趣味の世界です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。