[0565-201501] オークヴィレッジのノンダルン、地味にお気に入りの逸品です。

[0565-201501] オークヴィレッジのノンダルン、地味にお気に入りの逸品です。

スポンサーリンク

私が、というよりも私たち夫婦が地味にお気に入りの日用品、それがオークヴィレッジの「ノンダルン」です。
これが衝撃的な何かがあるわけではないのですが、ジンワリくる素朴で味のある(というあまりに主観的で曖昧な表現で申し訳ないのですが)逸品なのです。

100年モノのウィスキーの樽剤を再利用して作られたコースター。大きさは(大)と(小)の2種類。

樽をそのまま切り出して漆で仕上げているので、もう一つ一つ違うのですが、これがまた味がある。
切り出したままなので、真っ平らではなく、接地面が丸みを帯びていて少し揺れる。
けれど安定性が無いのではなく、常に揺れているわけではありません。
漆で仕上げているので耐水性も抜群とのことですが、そんなことはどうでも良いんです。

元々オークヴィレッジは私はForest Notesに興味を持つ以前から何かと気になっていました。
[0264-201406] 今日のその他の自由が丘散策。オークヴィレッジのショールームに行ってきた。
他にも幾つか持っていますし、会員にもなっています。それもあって、時々オンラインショップも覗いているのですが、そんな中で見つけた一つです。

最初は私用に一つだけ買ったのですが、妻との共用パソコンのキーボードの横に置いておいたら、妻が思いの外気に入ってくれたようで、そのまま常駐。
ところが使っている内に私の机にも欲しくなってしまいました。お揃いで二つ持っていても良いなぁ、と思い始めています。値段もそんなにしないですしね。
たくさんのモノは必要ないのですが、時々こうした長く使えて、変に飾らない、肩に力の入っていない、素朴なモノが周りにあるといいなぁ、と思います。