[かぶ] ASUS Chromebook Flip C100PA レビュー(雑感編)些細な部分よりもトータルの使いやすさが光る良モデルだと改めて思います。

[かぶ] ASUS Chromebook Flip C100PA レビュー(雑感編)些細な部分よりもトータルの使いやすさが光る良モデルだと改めて思います。

スポンサーリンク

2ヶ月間の長期レンタルによるレビューの7回目。レンタル開始から半月が経過しました。正直、題名の通りです。些細な部分よりもトータルの使いやすさが光る良モデルだと改めて思います。もうそれに限ります。

なにせ自宅でも「レビューのノルマがあるから」という理由ではなく(それ自体は既にあっさり先月中にクリア)アーロンチェアーでのWindows PCや、立ち机でのChromeboxを差し置いてこの半月完全にメインになっています。僅かなWindowsが必要な作業を除いてほぼFlipしか使っていません。意識的にこれを使いたがっている、と書いても大げさではないくらいです。

1063-201511_ASUS Chromebook Flip 01

そこで、半月経った時点での私が敢えて意識的に使ってしまっている理由について改めて挙げてみようと思います。

邪魔にならない、目立ち過ぎない。10インチChromebookは私の理想のサイズ。

1043-201510_ASUS Chromebook Flip C100PA 03

もうまずはこれしかないかな、と。10インチって小さくて扱いづらいかと思ったのですが、ギュッと濃縮されたような全体のフォルムと画面サイズが思ったよりも「詰まっている」感じがして良いのです。そして、何より持ち運びやすい。

Chromebookで1kgを切る機種は日本ではザッと見回した限りではありません。これが大げさな鞄などを必要としなくても気軽に持ち歩く気にさせてくれます。ほんの僅かな大きさと重さの違いにも関わらず、これが大きく違うのでしょう。

キーの大きさは小さいのかもしれないけれど、キータッチが心地よい。

私は今のところキーミスはほとんどないのでストレスを感じていません。ただ、人によっては使うキーが小さいので誤入力をしてしまう、などストレスを感じるかもしれませんが。

1063-201511_ASUS Chromebook Flip 03

それよりも私が挙げたいのがこのキーの感触の良さ。大きな音も立たず、かと言って押した感触が薄いわけでもなく、押していて気持ち良い。もう感性の問題なので、これをどうこう表現するのも難しいのですが、私としてはこのキーボードでなら幾らでも長文を入力できそうなくらいに馴染んでしまいました。

ドヤリングしたいわけでもないけど、デザインかなり良いよね。

1063-201511_ASUS Chromebook Flip 02

Macbookに似てる、とか色々言われるかもしれませんが、これ、素直に良いですよ。安っぽさを全く感じません。これも大きいかなぁ。Acer C720も悪くはないのですが、このFlipはバランスも、光が当たった時の表情も悪くない。

1040-201510_ASUS Chromebook Flip C100PA 10

デザインとは少し違いますが、IPS液晶の映りも何度も触れましたが綺麗ですしね。ボヤケた印象がないのは、単に液晶パネルだけが理由ではなく10インチとサイズ自体が小さくなったことで、解像度の割に10インチで見るとより締まって見える、といった効果もあるのかもしれませんが。

そして、音はノートPCと考えたら全く不満はありません。すっかりGoogle Play Musicのお世話になっています。

[かぶ] ASUS Chromebook Flip C100PA レビュー(音楽編)Google Play Musicとロッカー機能、ASUS SonicMasterでかなり快適。 | Life Style Image

些細な部分ではあるものの、最後に一点だけ。

些細な部分な上に、それ以上にトータルの使いやすさのほうが優っているのであまり気にしてはいないのですが、とはいえやはり気になるといえば気になる部分。それが、若干の動作の不安定さ。

時々Googleアカウントでのログイン後にGoogleドライブを開こうとしたら「ログインできませんでした。」と出て、再起動(再ログイン)が必要になったり、同じ2GBメモリのAcer C720では全く気にしたこともなかった複数タグを開いた際の動作のモタツキが若干あったり、と挙げていけば気になる部分はあります。

この辺りは今後の更新などで改善されれば良いのですが、モタツキは難しいかな。そうした点ではこのモデルではメモリが4GBあっても良かったかなぁ、と欲は出てしまいます。あとは、使い勝手が良いと、つい色々贅沢な使い方(音楽流しながらブログ更新時に参考にするためにYouTubeを幾つか開く、など)をしてしまいたくなるので、そうなると若干パワー不足を感じてしまうことも。

そうした点では、Flip、360度回転なんてしなくて良いので、その分のコストを下げて、その代わりにこのサイズ、この質感でもう少しスペックを上げたような、もう王道というかスタンダードなChromebookが欲しいな、と思ってしまいます。ワガママですね。

レンタル期間はあと1ヶ月半ありますが、適度なところで自腹で一台購入してしまおうと思います。非常に良モデルです。

Chromebook Flipに関する過去のレビューはこちら

ノートパソコン | ASUS Chromebook Flip C100PA | ASUS 日本

ASUS Chromebook Flip C100PA (C100PA-RK3288・シルバー)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。