[0799-201505] 東立製靴ショーンハイト、購入から1週間経ち、いえもんさんが気になった部分。

[0799-201505] 東立製靴ショーンハイト、購入から1週間経ち、いえもんさんが気になった部分。

スポンサーリンク

前回、前々回に続きまして、先日東立製靴を訪れてオリジナルブランド「ショーンハイト」を購入された、いえもんさんの購入後1週間を経てのレビューをご紹介します。

ショーンハイトに関しては、東立製靴株式会社のサイト、またYahoo!ショッピング上でもオンラインショップがありますので、そちらも合わせてご覧頂けると嬉しいです。

[0797-201505] made in Japanの誇り。東立製靴が立ち上げた、ドイツ語で「美しさ」を表すブランド、ショーンハイトを考える。

[0798-2015] いえもんさんから頂いた、東立製靴ショーンハイト、購入1週間のレビュー。

いえもんさんが1週間履いて気になったポイントをご報告。

前送信分の(感激編)ではステマの如く褒めちぎった東立製靴ショーンハイトですが、よく見ると低価格実現の為のポイントを見つけた様な気がしたのでそちらもレビューさせて頂きます。

とは言っても、特にメーカーさんに文句がある訳では無くこのシリーズの価格維持のための工夫と解釈して頂ければ幸いです。

DSC_0413-1

このダービープレーントゥでは普通、このデザインに見られない土踏まず側の縫い目が見られます。恐らく皮革の節約の為に一枚革でカットされるべきヴァンプを二枚で仕上げてあると思われます。

DSC_0409-1

さらにヒールカウンターの縫い目も普段よく見られる「ドッグテイル」と言うデザインから市革を一枚使う事によって補強と革の節約を両立させている様に考えられます。

DSC_0416

また、ライニングにはコストカットの為か日本の革製品で余り使われない腹部側の革(ベリーってやつでしょうか)が使われています。

私はこの様な品質と価格を維持するための工夫はリーガルシューズのリペアメーカーと言う技術と経験に裏打ちされた職人の工夫だと解釈しておりますが鈴木さんはどのように思われたでしょうか?
もし宜しければ鈴木さんの見解を伺えれば幸いです。

今回頂いたメッセージでどうお答えするか迷ったところ。

この辺りの作りに関しては、私も前回メッセージを頂いたときからどう捉えるか、ちょっと悩みました。

例えばジョンロブなど高級靴では良く採用されるシームレスヒール(カップ)。あれ、確かに縫い目無く、一枚革であれだけ美しく仕上げてあるというのは高い技術力の証拠でもあり、コストも却ってかかっています。

ただ、履き心地、踵周りのホールド感、という点では、余程技術力がなければ若干甘くなりがちですし、耐久力も勿論落ちてくる場合があります。高級靴で採用されている「美しい」「釣り込みガー」「一枚革でうんたら」というものがすべて素晴らしいかと言われれば、歩き方や生活スタイルによっては、靴としての機能を充分に果たせない可能性もあるわけです。

今回東立製靴がこのライニングの仕上げやヒールカウンターの仕上げをこのように持ってきた点も、勿論価格、コストとのバランスから何を優先させたかにも依るので、是非制作側の方に訊いてみたいポイントではありますが(是非その辺り失礼にならない程度に伺えたら良いですね。)私は充分にありかな、と思っています。

世の中にある高級靴の定義とされているものの内、果たして値段に見合うだけの(実用靴としての)価値のある仕上げや作りがどれくらいあるものなのか。それを考える上でも、是非これからいえもんさんが履き続ける中で安心して履き続けることが出来るのか、見てみて欲しいですね。大変興味があります。

ラバータイプのアウトソールは若干新品の状態では注意が必要?

あと重要なポイントとしてアウトソールですが今回、仕事で履くことも考慮してラバータイプを購入したのですが、フラットでツルツルとしたソールなので新品の状態では雨の日のマンホールなどでは滑ってしまう危険性があります。

DSC_0415-1

故に脚立等を使用する際は注意が必要だと思います。

とまあ、いくつか揚げ足をとってしまいましたがこのシリーズは価格、内容共にとてもすばらしいシリーズだと思います。特に冠婚葬祭や面接を控えた新成人にはうってつけです!

また履き込んだ際には画像と一緒にレビューさせて頂きますのでよろしくお願いします!

是非、定期的に履きこまれた姿をお教え下さい。

このタイプのラバーソールは私も実際に見たことがあるのですが、確かに不安にはなるんですよね。実際歩き方によっては滑ることもあるのかな、と。実際はカーペットなどの上では最初若干滑りますが、意外とグリップ力があるので少し歩いて削れてくると意外と滑りにくくはなるのですが。それもあっての採用だとは思うものの、この辺りは是非いえもんさんの今後の履き心地をまた教えていただきたいものです。

どうしても私一人でこのブログでご報告出来る靴というのも限りがあります。私が何十足もレビューしてたら、それこそこのブログのコンセプトからも外れてしまいそうですし。何足買ってるんだ、お前、みたいな。

そして、私にとっては今回手元に三交製靴のラギッドシューズが現役バリバリで6足控えていて、当分はその座を譲りそうにありませんが、それでも、でも今、ポスト三交製靴(という表現の仕方は的確ではないかもしれませんが)として、手頃な価格で安心して履くことが出来るスタンダードな紳士靴、となると、なかなか雑誌等で持てはやされているブランドの中では見つけづらくなっています。

だからこそ、草の根でいろいろな方がそれぞれにとってのお気に入りの一足が見つかったら、是非それを共有していきたいな、と思っているのです。勿論私自身が最も今回もショーンハイト自体に興味はありますが。東立製靴自体その内伺ってみたいくらいですし。

是非、これからも定期的に履きこまれた姿を教えて下さいね。

引き続き、昨日いえもんさんからいただいたメッセージ。

あれからまた何回か東立製靴さんのプレーントゥを履いて歩いてみましたが、履く度に足に馴染んでいく感じがたまりません!

また外羽根プレーントゥには他にブリッティッシュタイプとロングノーズのイタリアンタイプがラインナップしているそうで、ブリッティッシュタイプもちょっと興味が湧いて来ました!

ロングノーズとブリティッシュトラッドの限定モデル。

いえもんさんに教えていただき、早速オンラインショッピングサイトを見てみたところ、ありました。まずは「ロングノーズ 限定モデル」。

そして、こちらが「ショーンハイトドレス ブリティッシュトラッド 限定モデル」です。お値段はどちらも同じ18,360円。

アメリカントラッドからブリティッシュ、イタリア調と幅広く展開できるのも、それだけの木型を持てる工場だからこそ。そして、また安定して供給できるだけのメーカーとしての力があるということでもあります。

これらのモデルがこれからもショーンハイトの定番モデルとして続くのであれば、なかなかに頼もしいのではないかとも思います。

お渡しまで約40日のオーダーメード商品も3万円台から展開。

このように手頃に購入出来る完成品のモデルから、お渡しまでは約40日かかるものの、アッパー素材から底材、ヒールなどポイント部分を好みに合わせて選ぶことが出来るオーダータイプのモデルも扱っています。

上で挙げたのは私の好きなストレートチップですが、セミブローグやパンチドキャップなど比較的デザインも選べるようですし、オーダー会が開かれた際には是非チェックしてみたいな、とも思います。

カスタムオーダーとなると、私の定番の一つ、和創良靴もあるので。

どの辺りまで予算を考えられ、どの程度までのカスタムが必要かにもよるのですが、この暮らすになってくると、私の定番靴の一つ、宮城興業の和創良靴が対抗馬に挙がってきます。

[0722-201503] 宮城興業の和創良靴の魅力とその無限に広がる可能性を、私の2足目の一足を例に上げながら書いてみる。

[0754-201504] 宮城興業 和創良靴3足目はUチップ。一足ごとに広がっていく可能性を感じます。

この価格帯は競合も多いですし、既製靴でもそれなりにレベルが上がってくるので、後は純粋に好みと相性、思い入れの部分が強くもなってきます。単純にブランドネームにお金を払うも良し、作りと価格とのバランスを重視するも良し、日本の隠れた良心的なメーカーや会社を応援するも良し。それが悩ましくもあり、楽しい作業の一つでもあると思います。

いえもんさん、今回は詳細なレポートをありがとうございます。これから履きこまれていく中で、ますます馴染んでいく様子をまたお知らせいただければ嬉しいです。私もショーンハイトはこれからも継続してチェックしていきたいと思っています。

G.T.M. SHOES STORE – 通販 – Yahoo!ショッピング