[1013-201509] アーユルチェアー専用 体圧分散マット by SORBOは、まずはアーユルチェアーをそのまま試してから選んで欲しいマットです。

[1013-201509] アーユルチェアー専用 体圧分散マット by SORBOは、まずはアーユルチェアーをそのまま試してから選んで欲しいマットです。

スポンサーリンク

アーユルチェアーに座ると、姿勢を正そうと意識しなくても自然に背筋が伸び、腰に非常に楽なことはすぐに気づきます。そうした点では「一度でも座れば分かる」魅力を持った商品なのですが、もう一つ「一度でも座れば分かる」特徴があります。それが
お尻が痛くなること。
特にお尻の肉が薄い方、痩せている方。また普段坐骨を立たせるなんて気にしたことすらない方にはかなり手強いかもしれません。
そんな方のために、最近はWeb限定でSORBOを使った純正の体圧分散マットが販売されています。
1013-201509_Ayur Chair SORBO 01
アーユルチェアー専用 体圧分散マット by SORBO 製品一覧 | 正しい姿勢が身につく椅子、アーユル チェアー


今回、このアーユルチェアー専用 体圧分散マット by SORBOを購入しましたので、使い勝手について書いてみたいと思います。

人工筋肉「ソルボ」(SORBO)って何?

人工筋肉「ソルボ」は適度な固さがあり、体圧をあらゆる方向に分散することで一部に負担が集中するのを防いでくれる衝撃吸収素材です。
1013-201509_Ayur Chair SORBO 03
圧力分散だけでなく、防振や制振、消音や防音などの目的でも使えるため様々な分野で活用されているそうですが、一番身近で分かりやすいものとなると、やはり長時間デスクワークや車の運転をされる方の椅子のクッションとしての用途かな、と思います。
私も以前、私以上にPCの前に座る時間の長かった妻にこのソルボを用いたクッションを贈ったことがあり、実際その何とも言えない固さと柔らかさのバランスは今でも気に入っています。

坐骨を立てて座ることに慣れていない人にはこのソルボはまさに最適。

上で挙げたソルボらく楽コンフォートマットのグレーを私は妻に贈ったのですが、もちろん通常の椅子に使っても快適ではあるのですが、元々普通の椅子って柔らかいので、それが更にフカフカになるような感じです。場合によってはますます寛ぐ(ように見えて実際は腰にかなり負荷のかかった)座り方をしてしまう危険があります。
お尻の圧迫感だけ考えれば確かに解消はされますが、座り方自体が変わらないかぎり、腰への負担はますます積み重なっていきます。
1013-201509_Ayur Chair SORBO 04
そうした点では、「正しい座り方でないと」そもそも座れないアーユルチェアーのような椅子にこそ、このソルボという素材は最適なのではないかな、と思うのです。それは、正しい座り方というのは(そもそも人間が座ること自体身体の構造上不向きだということはここでは置いておいて)普段ゆったりと背もたれに身体を預けて、椅子に浅く座ることに慣れている人にとっては、常に坐骨を意識せざるを得ない、少し座っているだけでお尻の収まりの悪い行為だからです。
[0866-201507] 仙骨の重さで気づいた、坐骨を立たせることの重要性。

ただし、「痛くない」と思って買うと後悔するかも。

ただ、恐らくこれを買う人って、「全く痛くなくて快適」なことを願っている人が多いと思うのです。お尻が全く気にならない。けれど、それを見越して買うと、多分満足できないと思います。
このソルボ、痛み止めではなくて、痛みの緩和に効果が大きいからです。
1013-201509_Ayur Chair SORBO 05
確かにこれを敷いて座ると、今までより当たりが柔らかにはなります。坐骨だけにピンポイントで痛みが集中しないような感覚です。
ただ、これを敷いていても、やはりある程度座っていればそれなりにお尻が気になってきます。
結局坐骨を立たせて座るなんて、慣れるまではやはり(個人差はあるとはいえ)なかなか手強いんです。その坐骨に感じている痛み以上の負担を普段私たちは腰に与えていて、それが原因で背中、頸や肩などにも影響が出ているのですから。

正しい座り方に慣れる過程として、非常に効果的な補助ツールだと思います。

ただ、個人的には私はこの和らぐ、というのがとても大切かな、と思っています。これが最初に挙げた通常の椅子に使った場合のように全く違和感を感じなくなってしまうと、そもそも自分がちゃんと坐骨、そして骨盤がきちんと良い形で立った状態で座れているかが分かりづらいからです。この時のお尻の感覚を覚えておくと、普段他の場所でアーユルチェアーがない時でも、この感覚だけで姿勢を自分で修正して座ることが出来るんですね。
[0913-201507] 待望の2014アーユルオクトパス到着。外でも坐骨を立たせて座っています。
とはいえ、やはり慣れていない内は通常の座面では確かに痛くて続かないかもしれません。実際痛くなったらその都度立ち上がって少し小休止なりストレッチなりするくらいのほうが本来は身体にとっては良いことなのですが。ただ長時間のデスクワークを抱えている人には、突然仕事の能率が落ちるような、また寛げないようなこの椅子は長続きがしないかもしれません。
そんな時に、ある程度お尻にかかる負担を分散させて吸収してくれることで、刺すような鋭いピンポイントの痛みから、何となくじんわりとした痛みに変えてくれるこのソルボの果たす役割はかなり大きいと思います。
実際私も改めてこのソルボを使ってみて、以前よりも椅子の上で時々重心を移動させたり、足の位置を変える(これが特に長時間座る時には非常に良いことなのですが)ことがしやすくなりました。ソルボ自体のクッション性が、より自然な形でアーユルチェアーに座りながら、ストレッチなども出来るように助けてくれています。
これはやはり良い。1週間のお試しをしていた時にも借りていたのですが、あの時には単に痛みが無くなるモノくらいにしか考えていなかったので、ここまで気づきませんでした。

私のオススメは、公式サイトでまずオクトパスを買って、そのポイントでSORBOを注文すること。

1013-201509_Ayur Chair SORBO 02
唯一気になるとすれば、元々妻用に買ったので、彼女の赤の色合いとこの黒のソルボの組み合わせが合うのかどうか、ということ。元々純正のクッションカバー(レッド)を付けているのですが、この赤、結構鮮やかな色なので。この辺の印象は帰ってきたら妻に訊いてみよう。
私のオススメとしては、Amazonや楽天でも探せば確かにアーユルチェアーやこのソルボもあるのですが、公式サイトでまずアーユルオクトパスのみを購入。これでポイントが2,484ポイント付きます。このポイントを全て使って後日ソルボを買う。4,104円なので、1,620円で買えます。新規会員登録時の特典の500ポイントも使っていなければ、1,120円。(送料は無料なので)
私はアーユルチェアーに関しては今のところ全てオンラインショップで購入しています。
個人的に非常にお気に入りのアーユルチェアー。どうしても良い面ばかり書いてしまうのですが、お尻の痛みというのは私自身も感じている気になる点だと思いますので、今回ソルボとともに取り上げてみました。
腰痛の予防・姿勢の改善に効果的な椅子|アーユル チェアー オフィシャルサイト
アーユルチェアー専用 体圧分散マット by SORBO 製品一覧 | 正しい姿勢が身につく椅子、アーユル チェアー

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。