[0792-201505] 妻のiPhone 6 Plusとペアリングさせて、ほぼ腕時計として使う予定の私がApple Watch 38mm ミラネーゼを購入した。

[0792-201505] 妻のiPhone 6 Plusとペアリングさせて、ほぼ腕時計として使う予定の私がApple Watch 38mm ミラネーゼを購入した。

スポンサーリンク

紆余曲折ありましたが、ようやく本日Apple Watchを購入しました。大変お騒がせしました。38mmのミラネーゼです。

0792-201505_AppleWatch 01

私はこれをスマートウォッチではなく時計として興味を持っています。

だって、iPhoneいまメインで使ってないんですよ。Zenfone 5です。もちろんiPhoneの5以降がないとペアリングが出来ないので、初期画面以降進むことが出来ず、使うことすら出来ないのは分かっております。その辺は抜け目なく、妻のiPhone 6 Plusとペアリングしました。

[0769-201505] 改めてApple Watchを腕にしてみたら、やっぱり良いね。iPhoneが欲しくなったよ。

普段は通知は一切使わず、時計としてのみ使います。それで何故こんな8万(ミラネーゼ)もする時計を買うのか。どうも文章では分かりづらい、感覚的な部分での時計としての魅力というものに興味を持ったからです。

[0750-2015] Apple Watchは色々言われているけれど、時計好きには充分に魅力的な「腕時計」だよね。私、単純な腕時計として買います。

時計メーカーではないAppleが左手を支配する。

以前、時計ジャーナリストの広田雅将さんがApple Watchをこう評していました。

これ、私も以前時計関係のお仕事をさせて頂いておりましたし、決して時計マニアさんに比べれば専門的な知識はありませんが、一般的に普通に腕時計に興味を持ち、楽しんできたものとしては大変興味深い考察でした。

腕時計って家にいるときも、寝るときも腕にありますか?

腕にしていることを忘れてしまうという意味では、私がこよなく愛するCASIO STANDARD DIGITALなどは素晴らしいです。時々腕にしていることを忘れます。そうした面では実用的。忘れてお風呂入っちゃったり寝ちゃったりする度合いではA-158WよりはF-28Wなどのほうが更に危ないですが、その一体感は分かります。

また、そうした忘れ感とは別の面で、腕にしていたくなる、という感覚的な部分の魅力というのも大きなポイントだと思います。

これに関しては、最近時々触れさせて頂いている塩澤一洋さんがこうApple Watchを評価されています。

Apple Watchは着けていて不快でない。却って着けていたくなる。

0792-201505_AppleWatch 02

これは面白いですね。私、ちょっと思うところありまして、今回Apple Watchは右手首にすることにしました。腕元の露出する夏場は恐らくこれ一本でいこうかな、と考えています。ということは、私にとっては利き腕に時計をすることになります。

これ、結構不便ですよね、普通ですと。いろいろな作業の時に気になる。ぶつかる。こすれないように思わず変な意識をしなければならない、など。マウス一つ動かすとき、キーボード入力をするとき、ぶつかるだけでストレスです。

ところが、今この文章も右腕にApple Watchしたまま入力していますが、一切当たらないんです。そして、腕に違和感がない。一体感を大変考えられて作られているんだな、と思います。

高級時計だから、必ずしも腕馴染みが良いわけではない。スマートウォッチもまた然り。

引き続き先ほども触れた広田さんの朝日新聞デジタルでの記事から。

一方のスマートウォッチは、着けやすそうに見える物でも、ほとんどが腕になじまない。理由は簡単だ。スマートウォッチを製作する人たちの多くは、普段時計を着けていないのである。そういう人たちが作った時計が、腕なじみに優れるはずはない。形だけまねても、腕時計になるとは限らないのである。

時計としてよくできている、Apple Watch – 時計のセカイ – 朝日新聞デジタル&M

スペック表だけいくら眺めて写真見てても分からない部分が最も影響する。

腕時計を普段することない人が腕時計を作ると、こういうことが起きるんです。単にデザインだけ良ければ良いわけではない、機能だけ詰め込めば良いというわけでもない。日常使いの腕時計というのは、広田さんが以前から何度か言われているのですが、こういうことだと確かに思うのです。

この辺の感性とか感覚というのは、スペック表をいくら眺めて「バッテリー寿命が1日半?論外だね」とか「この画面で機能なんて」云々を語っている限り気付かない部分です。ありませんか?性能だけならもっと遙かに良いものがあるのに、自分にとって馴染んでしまった道具や端末をいつまでも使い続けてしまう、ということが。

ということで、人の言葉を借りて蘊蓄語っても説得力ないので。

ひとまずまだ到着して間もないので、今何を言っても人の言葉を借りて蘊蓄語っているだけに過ぎません。

0792-201505_AppleWatch 03

これからしばらく右手首にしながら使い続けてみたいと思います。使いにくければまた正直にご報告します。ただ、私の報告とレポは当てにならないですよ。予め言っておきます。だって、妻のiPhone 6 Plusとペアリングさせて、ほぼ腕時計として使うんですから。ダメでしょ。

最後に。とりあえず必要だと思ったアクセサリ。

まずは充電用のケーブル。勿論聴診器の先みたいな感じの充電ケーブルは付属しているのですが、長いんです。家で使うには良いのですが、普段からモバイルバッテリーとともに持ち歩きたい、旅先や帰省時にも持っていきたい、となると少し嵩張るんですよね。

Apple Watchマグネット式充電ケーブル(1 m) – Apple Store(日本)

3,500円はなかなか痛いですが、Apple Storeでこの1mのタイプが販売されているので、これはとりあえず今月中に購入したいと思います。

また、そのままでも充電は勿論出来るのですが、ひとまずスタンドは欲しいと思いました。でないと直置き、またミラネーゼタイプは裏蓋を傷つけてしまうのではないか、と少し気になるくらいクシャっとなってしまうので。安定しないですしね。

スタンドの類いは大抵発売が今月末のものが多いようでだいたい予約受付中のようですが、このスタンドで1,399円。

こちらで9,504円。だいぶ差がありますね。質感の違いでしょうか。幾つかの中からデザインと価格とのバランスを考えつつどれか購入したいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。