[かぶ] Samsung Chromebook Plus専用の液晶&トラックパッド保護フィルムをミヤビックス社に作って頂きました。

[かぶ] Samsung Chromebook Plus専用の液晶&トラックパッド保護フィルムをミヤビックス社に作って頂きました。

スポンサーリンク

株式会社ミヤビックスが運営するモバイルショップ Vis-a-Vis。私はPalmの頃からお世話になっておりましたが、ここ最近では日本未発売のChromebookを使うことが多くなってきたため、専用の液晶&トラックパッド保護シートを購入することが多くなりました。

Chromebookでは「トラックパッド」ではなく「タッチパッド」と呼ぶようですが、商品名がトラックパッドなので、今回はこちらで統一します。 既に何度かレビューしているASUS Chromebo...

特に、最近購入したようなASUS Chromebook Flip C302CAやSamsung Chromebook Plusなどはタッチスクリーン対応のため、ジャストサイズの液晶保護シートを探すこと自体が(海外を除けば)難しいですし、タッチパッドもジャストサイズはなかなかありません。

C302CAに関しては既に販売されていた(恐らくどなたかが先に作ってもらっていた)のですが、流石に発売直後のSamsung Plusはまだなく、それでは私が、とTwitterで依頼をして、Samsung Plusを京都にあるミヤビックス社に発送しました。

http://blog.visavis.jp/2015/08/19/post_24890.html

ジャストサイズの専用保護シートを作って頂けるだけでなく、更に綺麗に貼った状態で戻してくれる大変ありがたいサービスなのですが、欠点は端末自体を送らなければならないこと(当然と言えば当然ですが)。既に愛用中のWindows PCやスマートフォンなどでは(念のための)バックアップ等をしなければならないのが難点ですが、そこはChromebook。Powerwash一発で完了です。手元に戻って来てからもアカウントでログインすればすぐ復活。

ただ、Samsung PlusなどGoogle Playストア対応のモデルが今後増えてくると、内部ストレージにある程度データを保存するような使い方も増えてくると思うので、そうなるとこのPowerwashで一発スッキリが多少面倒になるのが悩みどころです。

19日日曜日に発送してから帰省、帰ってきた21日火曜日には既に完成して手元に届きました。速すぎ。

貼ってあるのか貼っていないのか分からないくらいに綺麗に貼られています。

まずはこちら。OverLay Eye Protector for Samsung Chromebook Plusです。

貼ってあるのか貼っていないのか分からないくらいに綺麗に貼られています。ブルーライトカットタイプのため、液晶が消えている状態ですと斜めから眺めると恐らくブルーライトカットのための薄い模様のような(気泡ではない)フィルターのようなものが不規則に見えますが、使用中は液晶の色もほとんど変わらず(気付かないくらい)使い勝手は良好です。PENスタイラスをまだ使っていないので、こうしたペン先が細いものを使うときの使い勝手はまだ分かりませんが、タッチスクリーンをよく触れる方にはお薦め。

Samsung Chromebook Plusでタッチパッドの「反応」よりも「滑り」が気になっている方にはお薦めです。

続いてこちら。OverLay Protector for トラックパッド Samsung Chromebook Plusです。

Samsung Chromebook Plusは日本でも少しずつ入手された方が出てきていますが、一部ではタッチパッドの反応が悪い、というのが話題になっています。この反応の悪さ、タップした時などの反応自体の悪さや、私のように指との相性が悪いのか、滑りが悪くてカーソルが思ったように動いてくれない、という意味での反応の悪さなど、様々です。

そうした中、指の滑りを良くしてくれる、という方向で考えた場合にはこの保護シートは助けになるのではないか、と思います。

私自身、これを貼った後はだいぶ反応が変わってくれたので、ストレスも和らぎました。あとはCPUの処理速度や、前述のタップした時などの反応自体の悪さもあるかもしれませんので、快適とまではいきませんが、それでもだいぶ印象が変わりました。

既にそれぞれ商品として製品化して下さいましたので、Vis-a-Vis各店舗で購入が可能です。

Vis-a-Vis (ビザビ) 本店 – OverLay for Samsung Chromebook Plus – 検索結果 –

*上記はトラックパッド用保護フィルムの画像になっていますが、下のAmazon、楽天市場、Yahooショッピングで探す、の項目はそれぞれ液晶保護フィルムも含めて探せるようになっています。

ミヤビックス社には毎回素晴らしい製品を作って下さり、本当に感謝です。Chromebookは日本未発売モデルを使うことが多くなってしまうため、これからも出来るだけ作成をお願いしようかな、と思っています。

http://www.visavis.jp/

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。