[かぶ] ELECOM のぞき見防止フィルターその後。現時点では常時使用は難しいかな、と思っています。

[かぶ] ELECOM のぞき見防止フィルターその後。現時点では常時使用は難しいかな、と思っています。

スポンサーリンク

Lenovo ThinkP 13 Chromebookを外で使う頻度が上がったこともあり購入したELECOMの「のぞき見防止フィルター」。その後数日使ってみたのですが、現時点では私の眼では少々厳しいな、という結論に至っています。

のぞき見防止フィルター。カフェなどでラップトップPCを広げている人を眺めていると時々使っている人を見かけますが、まさか私自身が使用を考えるようになるとは思ってもいませんでした。 基本的に人が多い...

確かにのぞき見防止の効果はあると思います。ただ、常時付けっぱなしは、覗き見されるストレス以上に、つけていることで見えにくくなることのストレスのほうが私にとっては大きかったです。

フィルターによって視野角が狭くなり、正面以外が暗くなるのは仕方ないというよりも、むしろそうなってもらわないと困るのですが、正面から見た場合も暗くなります。それは構わないのです。慣れてくるだろう、と思っていましたので。

ただ、正面から見ても画面全体で右側と左側、中央部分で色味がだいぶ変わってしまうのは、短時間であればそこまで気にならないとは思うのですが、長時間になると眼が辛くなってきます。もともとキーボードの打ちやすさや処理速度の快適さから長時間外で作業することも多くなるくらい使い勝手の良い点が魅力のThinkPad 13 Chromebook。LCDパネルをIPS方式に変えた際に明るさが若干落ちたのかもしれませんし、そうしたことの影響もなくはなりと思いますが、少なくともこのモデルとの相性はあまり良くはありませんでした。

そしてもう一点。これは前回レビュー時にも触れたのですが、このパネル、きちんと液晶面と密着していないと、密着していない部分の文字がボヤケるのです。

今回、最初はベゼルを外して直貼りを考えていた私ですが、思った以上に前述のように見難くなるため、結果として取り外しのしやすい「フィルタースライドタイプ」を選びました。

確かに説明にもある通り、「画面が見づらくなる」ことは多少は覚悟していたのですが、特にこのシールで固定されない上辺が隙間ができやすくなるため、メニューバーなどの文字がボヤけてしまうのです。これが意外と私にとってはストレスになってしまうようで、本当に見やすさを重視させるのであれば、普段の色味の左右差を我慢しても常時貼り付けてしまったほうが良くなります。

とはいえ、全く今後、のぞき見防止フィルターが必要なくなる、というわけではないと思うので、普段はフィルター自体を外した状態で別途(その日必要だと思えば)持ち歩き、必要に応じてその状況にある短時間だけフィルターを使う、というパターンにしようかな、と考えています。

もともとハッキリした画面映りが好きなことも影響していると思いますし、慣れればそれほど気にならないかもしれませんが、現時点で打ちやすさと使いやすさ、快適さが大きな魅力であるLenovo ThinkPad 13 Chromebookにおいては、それを犠牲にしてまでこのフィルターを使う意味が見いだせなかった、ということだと思います。きっと悪くはないんでしょうけどねぇ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。