[かぶ雑感] Chromebookは結局複数台購入&購入検討してしまって、結局安く済まないと感じる理由(2020.1.19)。

[かぶ雑感] Chromebookは結局複数台購入&購入検討してしまって、結局安く済まないと感じる理由(2020.1.19)。

シェアする

スポンサーリンク
私、普段Chromebookに関して感じたことはその場でTwitterでツイートしてしまいます。結構長文、何ツイートになることもあって、フォローいただいている方々には少々申し訳ないのですが、その過程である程度自分の中で考えがまとまってきてブログの文章になることもあります。ただ、反対にツイートしてスッキリしちゃって文章にまとめる気力なくなってそのまま消えていってしまうモノも多く、勿体ないなぁ、と思っていました。

そこで、気がついた時にこちらで[かぶ雑感]という形で残しておきたいと思います。普段に比べて細かいスペックやリンクなどは調べずに書いていきたいと思いますので、Twitterされてない方や「ついでだから雑談にも付き合ってやるか」という方はお付き合い頂けたら、と思います。

今回はこれ。

ちょっとこれだけだと話の流れが掴めない気がするので補足すると、米国で新作Chromebook C436FAが2月24日発売となりまして、現在予約受付を開始したのです。で、私、このモデルに関しては以前このブログで「買うかどうか様子見」としていたのですが、早速前言を覆すかのように欲しくなってるんです。

でも多くの方からすれば、「あんたChromebook何台持ってるのよ」「昨年Dell Latitude 5400 ChromebookとPixel Slateの最上位入手してるでしょ」という大変に的確かつご尤もな印象を持たれると思うんです。

で、実際そのとおりなのですが、私に限らず結構ネット上を眺めていても複数台を普通に普段使いされていたり(持ち歩いていたり)、この前買ったばかりでしょ、という状況にも関わらず最新モデルの発表に心躍らせて結局購入に至る、という光景を結構目にするのです。

ちなみにもちろん否定したい訳ではなく、Chromebookは安さも大きな魅力ではあるとは思うのですが、個人的にはもしChromebookを使って気に入ってしまうと、意外と高い確率で結局安くは収まらなくなるな、と思っています。これ、何故だろう、と考えてみると、Chromebookの端末(本体)自体は結局アカウントと自分の環境にアクセスするための仮の箱に過ぎないからなんですね。

要はその日に何使っても同じなんです。スペックの違いなどで使い勝手に違いは出たとしても。例えばあるモデルを使っていて、ちょっと調子悪いな、とか気分変えたいな、と思った時に、もう一つ手元にあれば、そちらで同様に自分のアカウントでサインインすれば、直前までの環境がほぼそのまま復元(同期)されるからです。本体はあくまでクラウド上の自分のアカウントのほうにあるんです。

ここでちょっと2つ例を挙げてみようと思います。

私、こうしたブログを書いている関係で、メーカーからPCの貸出をしてもらうこともあるのですが、Windows PCだと個人的に非常にレビューがしづらく、当初何件か受けていたのですが、最近は止めてしまいました。理由は短期間とはいえ、その貸出機に自分の普段使っているそのままの環境(使っているファイルやアプリなどの環境)を再現するのが面倒だと感じてしまったからです。借り物感が強く出てしまうんですね。

貸出を受けている1〜2週間も、手元には私のメインのWindows PCがあるわけで、そちらに私の全データと環境が、ある程度の時間をかけて自分に使いやすいように構築されています。で、レビューをするからには、私の普段使いにおいて、果たして今までの環境と比べてどうなのか、どの辺りが使いやすいのか、どの辺りが惜しいのか、といった辺りを書きたいと思うのですが、それが結構面倒なんです。

アプリは最近は複数台でライセンスを共有出来るようになっていますが、中には機種依存で構成が変わった場合にはSerial Noも再発行し直してもらう必要があるアプリもあり、そうしたモノは短期間の貸出機のために今あるライセンスを変更する気にはなれません。

となると、結局ベンチマークを取って、少し基本的なアプリを入れて使用感を試す程度で終わってしまう。でもそれだと使用感が分かりにくい。更に、本体ストレージを使って作業するようなものだと、ちょっと別のPCを使いたくなっても、それを先程のChromebookのように、別の機種起動してサインインして終わり、とはなりません。

ある程度の環境再設定の手間と、その割に私の力では大したレビューが出来ないことに気づいてしまったので、それ以降こうした貸出機の話には腰が引けてしまっていますし、同様に自分がWindows PCを買い換える時にはそれなりに気合が要ります。

結果として最近はメーカーからお借りする機種もChromebookばかりになってしまいました。借りて箱から出して10分と経たずにいつもの自分の環境に出来るので、普段の私の用途において、どの程度使い勝手が違うのかの検証にすぐ入れますし、返す直前までメイン端末として使い込むことも出来ます。

もう1つの例。

これも似たような話なのですが、自宅でも出先でも同じ環境で作業をしたいから(データなどの保存や移行を気にするのが面倒だから)ノートPCを出先でも自宅でも使っている、という方、結構多いと思います。MacBookユーザーだと基本そういう方が多いのかな。オフィスなどの風景見ていてもみんなデスクでノートPC開いてますし。

これ、確かに楽で、自宅では外付の大型液晶などに繋ぐなど、自宅なりの環境を構築すれば快適になりますし、データを一箇所で管理できるので楽と言えば楽です。ただ、ある程度高負荷の処理を行うのであれば、価格面を考えてもデスクトップPC一台組むか買うかしてしまったほうが性能的にはまだまだ上なんですよね。でもデスクトップPCも別途用意するとなると、先程と同じ悩みが生まれてしまう。

ただ、Chromebookだとこれが比較的楽で、もちろん一台のChromebookを自宅と出先で使っても良いのですが、例えば自宅や実家にはChromeboxや自宅での用途にあったChromebookを置きっぱなしにしておいて、出先ではモバイル性に特化したモデルを使う、ということも可能です。

誤解しないでほしいのは、なんか他OSを悪く言っているように感じられるかもしれませんが、私はWindows PC非常に好きですし、今も日々使っています。自作も大好きです。MacBookは持っていませんが、今でも欲しいと思っていますし、これだけ評価され人気があるのはそれだけの理由があるんだろうな、と思っています。

もちろんこれらのOSもこうした環境の復元などは大分しやすくはなってきていますが、気軽に複数台を試す、楽しむ、自分の既存の環境の中に組み入れる、ということを考えた時に、Chromebookは非常に気持ちのハードルが低いのかな、と思っています。それが良いかどうかは別ですが。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。