[かぶ雑感] Chromebookは動画編集に不向き?そもそも3~5万円のノートPCで動画編集をどの程度したいの?という素朴な疑問。(2021.04.04)

[かぶ雑感] Chromebookは動画編集に不向き?そもそも3~5万円のノートPCで動画編集をどの程度したいの?という素朴な疑問。(2021.04.04)

シェアする

スポンサーリンク

久しぶりの雑感です。

今朝、全然関係ないツイートを眺めていて、ふと思ったこと。そういえば、これ、あまり考えたことなかったな、と。

Chromebookはアプリが限られているから、ネットに繋がないと何も出来ないから、あくまでネット閲覧専用端末だから‥。

色々な理由で、「クリエイティブな作業には不向き」と言われます(まぁそもそも何を以てクリエイティブな作業とするのか、の定義はここでは置いておきます。正直文章書くのだってクリエイティブではあるんだけど)

で、その中でよく言われるのが冒頭のツイートのような「動画編集には向かない」という論なのですが、これ、考えてみると結構不思議だなぁ、と。

だって、私、

そもそもChromebookに限らず、3-5万円のノートPCが動画編集に向くとは思わないから

です。

いやそれでもWindowsなら動画編集ソフトが入れられるだろ、とか色々言いたい方もいるとは思いますが、「出来る」と「快適に出来る」「実用的である」が別なのはOS問わず。「出来る」で良いなら、ChromebookでもWebサービスやAndroidアプリ使えば出来るんです。実際に、

ASUS Chromebook C423NA Review & CyberLink Power Director (Android)

この動画は、2019年4月26日に、当時の普及価格帯スタンダードなChromebookの1つだった、ASUSのC423NA(Celeron N3350、4GB RAM)にAndroidアプリとして当時対応したばかりだったCyberLinkのPower Directorを入れて、実際に編集して公開した動画です。

これ、音声なしだったこともあると思うのですが、思った以上に低評価が付いてしまいました。(高評価36に対して低評価18)。海外の方からは「音がないし日本語は読めないから内容が分からない」「時間の無駄だった」と言われたくらいです。

ただ、音が入ってないのは、音が入れられなかったのではなく、私自身が当時は動画で顔出しも音声も入れたくなかっただけで、入れようと思えば普通に入れられます。で、これ、確かスマホ(Pixel)で撮ったものをそのままGoogleフォトにアップして、それをChromebook(C423NA)でダウンロード、Androidアプリで編集したので、ほぼChromebookのみでの編集です。

で、4分過ぎ(04:06)から実際に編集しているところを流しているのですが、個人的にはそれなりに「悪くない」使い勝手だったんですよね。(2年前なので、その後アップデートされて、更に改善されてるかも)

ASUS Chromebook C423NA Review & CyberLink Power Director (Android)

4:06から始まります

C423NAは今、既にAmazonでは2万円台前半になってますが、要はこの程度であれば、Chromebookでも動画編集普通に出来るんですよ。で、「いや、この程度(レベル)のは動画編集とは呼べない。全然快適じゃない。」というのであれば、そもそも他OSであってもこの価格帯のノートPCではそもそも無理なんじゃないか、と思うんです。

何となく最近は「出来る出来ない」論というよりも「快適に出来ない」論でChromebookが評価されてる気もしています。それも価格完全無視で。

でもこの「快適に出来る」や「実用的である」レベルって、ほんと人によって様々で、「出来る」としても、わざわざそれをこのPCではやろうとは思わない、という基準ってホント異なると思うんです。

例えば、私であれば、そもそもそれなりにちゃんと動画編集しようと思うなら、どのOSであれノートPCではやらないんです。大画面の液晶で作業したいし、であれば、価格対比を見てもデスクトップPCのほうがCPUやRAM容量、GPUのパワーやストレージ容量、排熱考えても良いからです。

となると私はそもそもChromebookだろうがWindowsノートPCだろうがMacBookだろうが、そもそもノートPCでは動画編集は「出来ない(快適ではない)」になっちゃうわけです。でも人によっては勿論MacBookで快適という方も多いでしょうし(最近のM1搭載モデルはかなり快適みたいですね)、ここで挙げたようなChromebook+Androidアプリの範囲で十分という方がいてもおかしくない。

そう考えると、そもそもそのPCで「何がしたいのか」、そしてそのために「幾らまでなら出せるのか」という話だと思うんです。用途と予算に応じて、最適なOSやPCというのは全然変わってくる。それぞれに得手不得手があると思います。どのOSなら幾らであろうと快適に出来る、という話ではありません。

ちなみに先日公開したこちらの動画でも話していますが、(6:01から始まります

[かぶ] Chromebookの一番の魅力は安さでも速さでもありません。6年使い続けて感じてきた魅力について語ります。

Chromebookの場合、端末本体だけですべてを完結させる、とそもそも考えていない(本体はネット上にある)ので、そうしたネットサービスやクラウドゲームサービスに任せてしまうことも考えれば、上記動画のように実売3万円強のChromebookでもGeForce NOWを使えばゲームが(私的には)「それなりに快適に」遊べます(上記動画の7:10辺りから)。

Chromebook本体にゲームを入れて遊ぶ、となるとAndroidアプリという選択肢になってしまい、それだとちょっとゲームによっては快適に遊べない、とか出てきちゃいますが、それは他OSのPCでもこの価格帯であればそれ程変わらない気がするんです。

で、GeForce NOWなら3~5万円のWindows PCでも出来るガーと言いたい方もいそうですが、そうなると、要は「もう、それってOS毎の出来る、出来ないの話からズレてくるよね?」と思ってます。

ということで、色々考えてみるとますます「Chromebookは何が出来るのか(何が出来ないのか)」という話って、あまり意味がなくなってきてしまうのかな、と感じました。だって、Windows PCだってハイエンドから2~3万円のノートPCまでを一緒くたにして「何が出来るのか(何が出来ないのか)」って話しても意味がないと思うんです。でも、何となく今、Chromebookだと、この辺りの話が他OSとの比較、という形でよくされがちだな、と感じています(まぁそのほうが分かりやすいんですけどね)。

正直、本格的にやるのであれば、それに特化したOSだったり、構成を持ったPCが必要になってきます。それにはそれなりの価格が必要です。それはどのOSでも同じだし、それでもアプリの好みがあって、例えば動画編集一つとっても、Windows版のほうが使い勝手が良い、という人もmacOS版でないと私は快適には使えない、という人もいます。

Chromebookといえば、現時点では3~5万円のモデルが主流です。なので、だいたい「快適に使える」「実用的に使える」かどうかに関しては、その価格帯の他OSのPC使った時とそれ程大差は無いし、あとは好みで選んでしまっても、そこまで極端に違いはないんじゃないかな、と思ってます。

予算3~5万円でノートPC探してて、Chromebook検討してる人に、

「動画編集やりたいの?ChromebookだとAndroidアプリでやることになるから快適じゃないよ。それなら10万円強のM1 MacBook買いなよ。」

って薦めるか、という話です。

ハイエンドChromebookの存在意義?その辺りの話になると面倒くさくなるから、その辺は好きにやってください。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の5冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。