[かぶ] ThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ用到着。コンパクトにまとまったこの鞄は普段使いもありかも。

[かぶ] ThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ用到着。コンパクトにまとまったこの鞄は普段使いもありかも。

スポンサーリンク

昨年末に注文したThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ用がようやく本日届きました。長かった。実質40日程度だったのですが、月をまたいでいますし(12月購入2月到着)、当初は1月の中旬着の予定が色々あったので、既に半分どーでも良くなりかけていました。

ここ最近、Lenovoの公式オンラインショップを時々利用しているのですが、昨年末に注文した「ThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ」が未だ発送されておりません。 ...

既にAmazonで購入して、その翌日に届いて以来1ヶ月近く愛用しているThinkPad プロフェッショナル・トップロードケースがなかなか使い勝手が良かったので、余計にそう感じていたのかもしれません。

ただいま愛用中のThinkPad プロフェッショナル・トップロードケース。本命で考えていたThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ用は今月20日以降の到着のようなの...

これがよくあるPCバックと同じようでいて、意外と使い勝手だけでなく持っていて悪くないなぁ、と思わせてくれる外観もあって、ここ連日使いっぱなしです。既に若干クタリはじめているのは元々それ程カチッとした鞄ではないからかもしれません。

ThinkPad プロフェッショナル・トップロードケース | 4X40E77323 | Lenovo | (JP)

前置きが長くなりましたが、とはいえようやく届いた、14インチ用、更にスリムタイプということで、これはこれで使い勝手が違ってくるかもしれない、そう感じながら早速眺め、普段使っているモノを入れてみました。

まぁ、外観は至って普通。前述のThinkPad プロフェッショナル・トップロードケースとほとんど変わりません(あちらは15.6インチまで対応)。

2つを重ねてみると、横幅が若干14インチのほうが短いくらいです。ただ、重ねてみるとそこまで大きさの違いは感じられませんが、見た目はだいぶ違うな、と思ったのは確かです。

前述のThinkPad プロフェッショナル・トップロードケースには、中央に「TSA(アメリカ国土安全省の運輸保安庁)基準を満たした設計」ということで、ケース自体を大きく2つに開くことが出来るように中央に底面を除いてグルリと一周(半周)するジッパー部分が付いています。今回の14インチ用はスリムということもあって、この部分がありません。ただ、背面にすぐに出し入れできる蓋なしの全面ポケット部分が一つ付いています。

収納部分はメイン部分は2つ。手前のThinkPadのトラックポイントを模したジッパーで開く部分が手帳や小物等を入れられる部分です。

ペン挿し(2つ)など主要なものは揃っているかな、と思います。幅はThinkPad プロフェッショナル・トップロードケースに比べると若干スペースに余裕がない印象。また、中身のポケット部分の位置が前後逆になっています。

PC収納部分。14インチまで対応ということで、私の愛用している13.3インチや12.5インチのChromebookは勿論全く問題なく入ります。ただ、使えなくはないものの、ThinkPad 13インチWide リバーシブル・スリーブケースなどを入れっぱなしにした上で、その中に入れようとすると若干余裕がないかな、と感じます。出し入れには何ら不便は感じないのですが、少々詰まっている感が出てしまいます。

あと気になったのが、このPC収納部分の底面はハンモックのように少し底面から浮いている(上記写真の赤い部分)状態で、床に置いた際にも衝撃が直接伝わらないようになっている、というのがこのシリーズの特徴(魅力)の一つだったと思うのですが、この14インチ用、あまり底面との間に余裕が無さそうな印象。一応底面にクッションはありますし、また入れる部分も確かにハンモックっぽくなってはいるのですが、「あれ?これ底面に触れてない?」と一瞬思ってしまうくらいです。

少し全体的にサイズダウンさせたことで、キュッと縮めたために全体的な空間が減った感じです。その分、中に入れたモノがグラグラ動くことなくピタッとハマってくれるのですが、この辺り好みは分かれそうです。

個人的にはこれはこれでありかな、と思っていますので、これからしばらくの間はThinkPad プロフェッショナル・トップロードケースではなく、このThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ用(名前が似ているので分かりにくい)を使おうかな、と思っています。一応今まで入れていたモノは全て問題なく(前面の2つのポケット部分も合わせて)入りました。

以前より小さくなって、コンパクトに、少し軽くなったような気もしますが、その分中身は詰まっている、といった印象があります。個人的には結構気に入っているので、また使いながら気になった点が出てきたら、その都度こちらで書いていきたいと思っています。

ThinkPad プロフェッショナル スリム トップロードケース 14インチ用 | 4X40H75820 | Lenovo | (JP)

元々それ程ニーズもないのか、このモデル、Amazonにも扱いがありませんし、Lenovoの公式オンラインショップでも今回のように結構時間がかかることがあるので(その分Amazonより安いことも多いのですが)悩ましいところです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。