[かぶ] ThinkPad 13 Chromebookを日本から購入する方法。

ここ最近取り上げているLenovoのThinkPad 13 Chromebookは日本未発売モデルです。

Chromebookの日本市場自体が非常に小さく、実際に日本国内で入手出来るモデルが非常に限られているため、Chromebook好きな方は海外の豊富で魅力的なモデルを個人輸入することが多くなります。

一番のお薦めはサポートも充実している米Amazonを利用することなのですが、様々な事情で日本に直接発送出来ないモデルもあります。今回のThinkPad 13 Chromebookもそうした一台です。

Sellerを変えたり、他の海外のショッピングサイトからだと送料はかなりかかるものの発送してくれる場合も時々あります。HP Chromebook 13 G1も米Amazonからの直送は出来なかったものの、Amazonに出品しているSellerから購入しました。

それらの方法がコストがかかりすぎる場合や発送してくれるお店すら見つからない場合に便利なのが個人輸入・転送サービスです。今回私は日本では比較的有名なスピアネットを利用しました。

個人輸入・転送サービスなら、信頼、実績のスピアネット。 https://www.spearnet-us.com/

無料会員登録の方法や注文前、注文後にやることなどについては既にLife Style Imageである程度細かく書きましたのでそちらを参照して頂きたいのですが、スピアネット自体がサイトが日本語で書かれているのでそれ程難しくはないと思います。

[かぶ] 今回のLenovo ThinkPad 13 Chromebook購入にあたり個人輸入・転送サービスを利用したので、その過程について書いてみます。
前回レビューしたLenovo ThinkPad 13 Chromebook、購入先は米Amazonだったのですが、日本への直送をしていませんでした。 今まででしたら日本直送可能な製品もしくは発送可能なSellerのある製品を探していました。ただ、最近海外転送サービスが手数料も手頃でそれ程コストとしては変わらない、という印象を受けていまして、今回試しに日本ではお馴染みの個人輸入・転送サービスの一つ、スピアネットを利用してみました。 個人輸入・転送サービスなら、信頼、実績のスピアネット。 本来であれば日本で豊富な選択肢の中から自分の好きなChromebookを選べるのが理想なのですが、なかなか現在の非常にマイナーで限られた国内市場では難しいものです。個人輸入・転送サービスを利用できるようになるとかなり選択肢に幅が出来、自由度も高くなってきますので、興味のある方は一度試してみて下さい。 日本直送のないLenovo ThinkPad 13 Chromebookを転送サービスを使って注文する。 「転送サービスを使って」と書きましたが、実際の流れとしては普通に米Amazonで欲しい商品を注文し、発送先の住所を登録した転送サービスで指定された住所に設定するだけです。指定された住所に届いた商品は、転送サービス側で再度梱包された上で、日本の自分の住所に発送してくれます。その際に、転送手数料と日本への送料を合わせた金額を支払うだけです。 例えば今回取り上げたスピアネットの場合、登録は無料ですし、実際に転送を依頼しない限り料金は発生しません。予め時間の余裕のあるときにひとまず登録だけでもして、米Amazonのアカウントのアドレス帳に住所を登録しておくと楽です。 まずは転送サービスの会員登録をして住所を取得する。 以下、米Amazon以外は転送サービスに関してはサイト自体が日本語で表示されていますので、特に戸惑う部分もないと思います。「無料会員登録」をクリックしてまずは会員登録をします。 その後、自分のアカウントページより、「お荷物受取センター住所」を確認。 この住所をAmazonのアカウントページより発送先のアドレスとして登録すれば完了です。

今回Amazonで注文してから実際に手元に届くまでの追跡状況は下の通り。

一旦アリゾナ州フェニックスにあるAmazonの倉庫からオレゴン州ポートランドにある転送サービス、スピアネットの受取用の住所に配送し、

その後海外クロネコヤマトを使って日本に発送(この手続きはスピアネットが代行してくれます)してもらいました。11月26日に注文、日本の自宅に届いたのが12月10日(私自身が日本にいなかったため、不在再配達)。アメリカ国内の配送を送料のかからない「Standard Shipping (3-5 business days)」を利用したため日数自体かかりましたが、本体代金と送料、手数料、税金合わせて日本円で約28,000円です($229.99+\800-)

本来であれば国内で普通に買えるのであればそれが一番ですが、僅かに発売されるモデルもほとんどが法人モデル。なかなか入手が難しいのがChromebookです。そんな時、こうした個人輸入・転送サービスを活用してみるのも一つの手かな、と思います。

個人輸入・転送サービスなら、信頼、実績のスピアネット。

[かぶ] 今回のLenovo ThinkPad 13 Chromebook購入にあたり個人輸入・転送サービスを利用したので、その過程について書いてみます。
前回レビューしたLenovo ThinkPad 13 Chromebook、購入先は米Amazonだったのですが、日本への直送をしていませんでした。 今まででしたら日本直送可能な製品もしくは発送可能なSellerのある製品を探していました。ただ、最近海外転送サービスが手数料も手頃でそれ程コストとしては変わらない、という印象を受けていまして、今回試しに日本ではお馴染みの個人輸入・転送サービスの一つ、スピアネットを利用してみました。 個人輸入・転送サービスなら、信頼、実績のスピアネット。 本来であれば日本で豊富な選択肢の中から自分の好きなChromebookを選べるのが理想なのですが、なかなか現在の非常にマイナーで限られた国内市場では難しいものです。個人輸入・転送サービスを利用できるようになるとかなり選択肢に幅が出来、自由度も高くなってきますので、興味のある方は一度試してみて下さい。 日本直送のないLenovo ThinkPad 13 Chromebookを転送サービスを使って注文する。 「転送サービスを使って」と書きましたが、実際の流れとしては普通に米Amazonで欲しい商品を注文し、発送先の住所を登録した転送サービスで指定された住所に設定するだけです。指定された住所に届いた商品は、転送サービス側で再度梱包された上で、日本の自分の住所に発送してくれます。その際に、転送手数料と日本への送料を合わせた金額を支払うだけです。 例えば今回取り上げたスピアネットの場合、登録は無料ですし、実際に転送を依頼しない限り料金は発生しません。予め時間の余裕のあるときにひとまず登録だけでもして、米Amazonのアカウントのアドレス帳に住所を登録しておくと楽です。 まずは転送サービスの会員登録をして住所を取得する。 以下、米Amazon以外は転送サービスに関してはサイト自体が日本語で表示されていますので、特に戸惑う部分もないと思います。「無料会員登録」をクリックしてまずは会員登録をします。 その後、自分のアカウントページより、「お荷物受取センター住所」を確認。 この住所をAmazonのアカウントページより発送先のアドレスとして登録すれば完了です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク