[かぶ] Lenovoが国内Chromebook市場に参入。EMRペン対応の500eと貴重なARM系300eを2018年5月に発売。

[かぶ] Lenovoが国内Chromebook市場に参入。EMRペン対応の500eと貴重なARM系300eを2018年5月に発売。

スポンサーリンク

先日のSYNNEX ICT Conferenceでも参考出展されていたLenovoのChromebook 2モデルがようやく日本でも発表されたようです。現時点(2018.03.13 12:00)では発表会に参加された方のツイートからしか詳細がわからない状態ではありますが、「前向きに検討中」がようやく具体的な話になったようで大変嬉しいです。

ということで、間もなく大手ネットメディアでは続々と詳細等が出てくると思いますので、そのあたりはお任せするとして、おふぃすかぶ的にこの2モデルについて思うところを書いてみたいと思います。

海外で既に発売されている両モデルのスペックから考える。

国内に入ってくるモデルが若干の仕様の変更がある可能性も十分にありますが、ここでは海外で既に販売されている同モデルと、比較対象として既に日本で発売されているASUS JAPANの法人向け11.6インチモデルである「C213NA-BW0045」を並べて見てみたいと思います。なお、C213NA-BW0045に関しては既に複数回レビューをしておりますので興味のある方は合わせてご覧ください。→ASUS C213NA-BW0045

500e 300e C213NA-BW0045
液晶サイズ 11.6″ 11.6″ 11.6″
表面仕様 グレア アンチグレア グレア
Wacom feel EMR Wacom feel EMR
CPU Intel Celeron N3450U MediaTek 8173C Intel Celeron N3350
RAM 4GB LPDDR4-1600 4GB DDR3L-1600 4GB LPDDR4-2400
解像度 1,366×768 (WXGA) 1,366×768 (WXGA) 1,366×768 (WXGA)
eMMC 32GB 32GB 32GB
インターフェース USB-C x2,USB-A 3.0 x2
microSD Card Reader,Audio combo
USB-C x1,USB-A 3.0 x1
HDMI,SD Card Reader,Audio combo
USB-C x2,USB-A 3.0 x2
microSD Card Reader,Audio combo
質量 約1.35kg 約1.35kg 約1.36kg
駆動時間 約10時間 約10時間 約12時間

こうして眺めてみると、Lenovoの500eに関しては、ほぼ既に発売されているASUS C213NA、更にAcer Spin 11とスペック的には大きな違いはないことが分かります。

CPUが先行2モデルが「Intel Celeron N3350」であることに対して、今回の500eでは「Intel Celeron N3450U」をChromebookとしては初めて載せてきました。この差がどの程度出るかは分かりませんが、注目したいところではあります。

ここでは並べてみましたが、Lenovo 300eは少し方向性の違うモデルかな、と考えています。CPUには既にChromebookでもAcerの名モデル、R13で搭載されたことがある「MediaTek 8173C」を搭載。こちらはChromebookとしては数少ないARM系ということで、OP1(Rockchip RK3399)を載せたASUS Chromebook Flip C101PA同様にAndroidアプリとの相性の良さに期待したいところです。

液晶に関してはいずれも11.6インチ、解像度も1,366×768 (WXGA)と変わりませんが、500eは現在文教法人向けに増えてきているEMRペン対応です。ということで、グレア液晶を採用。更に、先日のSYNNEX ICTで見た限りではEMRペンを本体内に収納出来るというのが大きな魅力です。C213NA、Spin 11ともにEMRペンは別途持ち歩かなければならないことを考えると、この点は強みかな、と思います。300eはEMRペン対応ではなく、通常のタッチスクリーン。海外のスペックシートではアンチグレアとなっていますので、ペンを使わない分、鮮やかさや指すべりよりも反射や映り込みの軽減を重視したのかな、と思います。パネルはいずれもIPSです。

個人的に興味深かったのは「インターフェース」部分。これ、500eとC213NA、300eで大きく分かれたな、と思いました。

500e 300e C213NA-BW0045
インターフェース USB-C x2,USB-A 3.0 x2
microSD Card Reader,Audio combo
USB-C x1,USB-A 3.0 x1
HDMI,SD Card Reader,Audio combo
USB-C x2,USB-A 3.0 x2
microSD Card Reader,Audio combo

300eはUSB-CとUSB-A 3.0がそれぞれ1つと少ない代わりにHDMIがあり、SDメモリに。500eはC213NAと同じくUSB-CとUSB-A 3.0がそれぞれ2つ、HDMIはなし、microSDです。

と書いている内に、エルミタージュ秋葉原が早速記事を上げられていまして、

http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0313/255662

それによると実売価格は、

発売は5月予定で、市場想定売価は税抜48,000円前後からと税抜58,000円前後から。

とのこと。ほぼ先行のモデルと近い価格帯に合わせてきましたね(合わせてきた、というより、だいたいその辺りになるのかもしれません)。

個人的には、先行2モデル(Acer Spin 11とASUS C213NA-BW0045)とほぼ変わらないので、あとは好みで選んでも良いかな、とは思います。ただ、後発LenovoはCPUが「N3450U」ですし、EMRペンが本体に収納できる、というのは大きな強み。あとはLenovoらしい本体デザインと、キーボードの使い勝手の良さに期待したいところです。

現時点では個人ユーザーにとっては国内におけるEMRペン対応Chromebookの選択肢がAcer Spin 11一択なので、ここはLenovoには個人向け、と銘打たなくてよいので、直販等で販売して欲しいな、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。