[かぶ] HP、個人向け初の4G LTE対応ハイエンドモデル、Chromebook x360 13c(海外ではElite c1030)を発表、本日より発売開始。

[かぶ] HP、個人向け初の4G LTE対応ハイエンドモデル、Chromebook x360 13c(海外ではElite c1030)を発表、本日より発売開始。

シェアする

追記:2020年12月8日 18:00 更新

今回、1週間弱ですがメーカーよりお借りすることが出来ましたので、ファーストインプレッション的なレビューを公開しました。

個人的には非常に魅力的な良モデルだと思っています。お時間のある方はこちらも合わせてぜひ御覧ください。

HPは2020年12月8日、同社のChromebookの中でも”Business Class Performance”ラインに位置づけられるcシリーズの新作として、Chromebook x360 13cを発表、同日より発売開始しました。しかもいきなりのキャンペーン開催です。

こちらは海外では既にElite c1030 Chromebookとしてエンタープライズ向けに発売されていたものです。日本国内では今回、ありがたいことにコンシューマー向けに発売することとなり、そのためモデル名も従来のラインのネーミングを踏襲したx360 13cとしています。

今回のモデルの特長は、

  • HPのビジネス向けモデルではお馴染みのプライバシースクリーン”Sure View Reflect (Gen4)”内蔵。
  • プライバシーカメラキルスイッチ内蔵
  • 個人向けモデルとしては国内初4G LTE対応
    NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアに正式対応
  • 画面比3:2(最大解像度1,920×1,280)
  • 19項目のMIL-STD 810G 準拠
  • USIアクティブスタイラスペン対応(別売)
  • 指紋認証対応。

今回はCPUとRAM容量の異なる3機種を展開します。

モデル スーペリア
13c-ca0001TUicon
エグゼクティブ
13c-ca0002TUicon
スィート
13c-ca0003TUicon
プロセッサー Core i3-10110U Core i5-10210U Core i7-10510U
メモリ 8GB 8GB 16GB
ストレージ 256GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
256GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
256GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
ディスプレイ 13.5” WUXGA+(1920×1280) IPSタッチ
HP Sure View Reflect (Gen4)
キーボード JISかな配列
バックライトキーボード
質量 1.36kg
価格(税込) 140,800円→108,900円 151,800円→121,000円 173,800円→136,400円

と、ここまで冷静に並べてきましたが、これを見た時には本当に興奮しました。いや、ここ最近各社、国内でも個人向けにハイエンドモデルを発表してきていたので、もしかしてHPもElite c1030を日本に持ってくるかもしれないな、とは思ってはいたんです。

ただ、このElite c1030、元々Sure View対応やLTE対応といった点、またParallels Desktop for Chromebook Enterpriseの推奨モデルに挙がっているモデルでもあることから、もし入ってきたとしても恐らくDELLと同様、Enterpriseモデル(法人向け)のみだろうな、とも思っていたので、まさかx360 13cと名前を変えて、個人向けに販売してくるとは思ってもいませんでした。

ほぼ現状で弱点のない、全部載せの最強モデルです。ただ、2点の惜しい点を除けば。

それは「Sure View Reflect (Gen4)」と「JISかな配列キーボード」です。

ここが気にならないか、むしろ好きな方には、予算が許せば現時点での(国内外見渡しても)個人向け最強モデルの一つになると思います。

ということで、HPも2020年最後にとんでもないモデルを個人向けに投入してきましたが、競合となるであろう他社モデル(ASUS C436FA、Acer Spin713)、そして同社の同じcラインのモデルであるx360 14cとの比較についても、別途取り上げたいと思っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。