[かぶ] HPが国内3モデル目となるChromebook x360 12bを10月下旬から発売。USIペン対応で価格は税抜64,800円から。

[かぶ] HPが国内3モデル目となるChromebook x360 12bを10月下旬から発売。USIペン対応で価格は税抜64,800円から。

シェアする

スポンサーリンク

国内参入5メーカーの中ではDELLと並んで「我が道を行く」感満載のPC業界における巨人、HP。x360 14、x2に続いて、今度はUSI(Universal Stylus Initiative)ペン対応パネル搭載の12インチコンバーチブルモデル、x360 12bを2019年10月下旬から発売するようです。価格は税抜64,800円〜ということで、特にセール等にならない限り、基本的に7万円強から、とイメージしてよいかと思います。

現在出ているスペックの主な部分はこちら。

HP Chromebook x360 12b-ca0000
コンフォートモデル
CPU Intel Pentium N5000
メモリ 4GB オンボード(2400MHz, LPDDR4 SDRAM)
ストレージ 64GB eMMC
液晶 / 解像度 12.0″ IPSタッチディスプレイ
1366×912 / 最大1677万色
キーボード バックライトキーボード(日本語配列)
インターフェース USB3.1 Gen1 x1、USB Type-C™3.0 Gen1 x2
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート x1
サイズ / 質量 約 272 × 216 × 17.3 mm / 約1.35kg
スタイラスペン USI ペン(別売り)対応
カラー セラミックホワイト & ナチュラルシルバー
価格(税抜) 64,800円〜

個人的に気になる部分は黄線を引いてみました。まず、従来のChromebookでは11.6インチ(解像度1,366×768)の次が12.3″や12.5″の高解像度モデルが続いてきた中で、その中間である12インチジャストです。で、解像度を見てみると、11.6インチモデルと横は同じ1,366なんですね。縦だけが768から912と広がって、約3:2になっています。

x360という名前の通り、コンバーチブルタイプで360度回転させてタブレットモードとしても使えます。その際に3:2、欲張りすぎない解像度が生きてくるのかもしれません。また、発売時点では別売(秋頃オプションとして発売予定)ですがUSI(Universal Stylus Initiative)ペンが使用可能です。

Chromebook x360 12b は、USI(Universal Stylus Initiative)ペンに対応します。
USIは、アクティブスタイラスの標準化のためのコンソーシアムであり、
ワコム、Synaptics、Intel、Google(順不同)がメンバーとなっています。

同時に複数のペンの使用をサポートし、4096段階の筆圧感知や傾き検知等の機能を備えます。
(USIペンは、2019年秋頃、オプションとして発売予定)

USIペンに関してはまだ私は不勉強なので、ちょっと発売までに調べておきたいな、と思います。

Chromebookでは初登場のPentium N5000。ここはこのブログでもいつもCPU絡みでは大変お世話になっております、こまめブログさんの記事を興味のある方はお読みいただきたいのですが、

Pentium N5000は2017年第4四半期に発売され、現在Gold(Uシリーズ、Yシリーズ)/Silver(Nシリーズ)に分かれる中のSilverに位置するようです。4コア/4スレッド、先日よりChromebookでも採用され始めているCeleron N4000などと同じGemini Lake世代に位置します。

ということで、どこかでPentium Goldって聞いたことある気がするよなぁ、と思って記憶を辿っていったところ、MicrosoftのSurface Go(Pentium Goldの4415Y)でした。

ベンチマーク的には既に出ている前述のCeleron N4000などとあまり大きな差がないのが惜しいところですが、もともと今回Chromebookで採用されたGemini Lake世代(N4000)自体が従来から一段階以上快適さが変わるくらい一気に印象が変わりましたので、その点では実用上は問題はないのかもしれません。

価格的にはx360 14とx2の間に位置する最新モデル。個人的に今回一番注目したいのは、世界的にもまだ発表されたばかりのモデルが、おそらく今回はほぼ日本でも同時発売されるのではないか(しかもキーボードはしっかり日本語配列)ということ。この意味は大きいと思います。従来は日本に入ってくるまで半年、遅ければ一年以上かかることが多かったからです。その中でのほぼ同時発表は(先日のDELLのLatitude Chrome Enterpriseと同じく)これからの展開を期待させてくれます。

ということで、発売は今月下旬以降。続報を楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。