[かぶ] BrydgeのWireless Keyboardが米Amazonで大幅値下げ中。Pixel Slate用のG-Typeが$79.99、Chrome OS端末用のC-Typeが$59.99。日本直送も可。

[かぶ] BrydgeのWireless Keyboardが米Amazonで大幅値下げ中。Pixel Slate用のG-Typeが$79.99、Chrome OS端末用のC-Typeが$59.99。日本直送も可。

シェアする

スポンサーリンク

Chrome OS端末はその大半がクラムシェルタイプもしくはコンバーチブルタイプのノートPCのため、アクセサリーとしてChrome OS配列のキーボードというのがなかなかありません。そうした中、昨年Pixel Slate用の(ある意味では純正よりも純正に近い)Wireless Keyboardを出したBrydge。そのChrome OS用としては代表的な2つのキーボードが現在米国Amazonで大変手頃な価格になっています。どちらも日本直送可です。

まずは今回のBlack Fridayセールをきっかけに入手された方も多いと思われるPixel Slate。

Google Storeではキーボードは純正と今回取り上げるBrydge製のG-Typeとどちらかを選択できましたが、個人的には純正を勧めています。その理由は単純な使い勝手だけでなく、この米Amazonでの大幅値下げがあったからです。

Brydge G-Type Wireless Keyboard for Google Pixel Slateが$80オフの$79.99です。

私はこのキーボード、Pixel Slate購入とほぼ同時に購入、その際にレビューをしていますが、

その後、買い直した際にも10月の初めに改めてこちらも購入しています。その際には通常の価格($159.99)でした。それが2ヶ月と経たずに半額です。今回前述のようにPixel Slate自体も大変安くなっていますので、愛用しているユーザーの一人として、ちょっと切ないです。

Bluetooth接続ですので、Pixel Slate以外のモデルでも使うことが出来ますが、合体させる際のヒンジの部分の厚みはPixel Slateに合わせてあるので、Chromebook Tabletや同じデタッチャブルタイプのHP Chromebook x2などを取り付けることは出来ませんが、スタンドなどに本体を立て掛けて、タッチパッド付きの外付けキーボードとして使うことも出来ます。自宅の外付けモニターなどに繋いでドッキングモードで使っている方用のキーボードとしても悪くありません。ただ、もしそうした使い方をするのであれば次の製品。

Brydge C-Type Wireless/USB Wired Desktop Keyboard for Chrome OSが$40オフの$59.99です。

こちらはタッチパッドはありませんが、その分Bluetooth接続だけでなくUSB-Cでの有線接続も可能です。ヒンジ部分がない分、前述のドッキングモードなどにも使いやすいかもしれません。その分、タッチパッドはありませんので、タッチスクリーン(液晶)と外付けマウスの併用、という形にはなりますが、シンプルにまとめたい場合にはこちらもおすすめです。

私もどこかで買っておきたい、と思いつつ、ついつい後回しにしていたのですが、今回のセールはかなり魅力的です。実際あっさりと購入を決められた方もいらっしゃるようで、

早!と思いながらも、実際私も似たような心境だと思うので、現在購入の方向で動いています。

「方向」と敢えて書いたのは、今回転送サービスを使ってこちらのキーボードを既に注文済みだったからです。無念。でもChrome OS配列のキーボード自体が貴重ではありますので、せっかくなので使ってみたいな、と思っています。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。