[かぶ] 14インチのスタンダードChromebook、ASUS Chromebook C423NAが米Amazonに登場。現時点ではHDモデルのみ(直送不可、一時的に在庫切れ)。

[かぶ] 14インチのスタンダードChromebook、ASUS Chromebook C423NAが米Amazonに登場。現時点ではHDモデルのみ(直送不可、一時的に在庫切れ)。

スポンサーリンク

昨日から回答をお願いしている下記のアンケートでも思っていた以上に検討されている方が多いのが「C223.C423,514などの普及価格帯モデル」です。

新しいモデルの購入を検討されている方の4割以上がこれらの「普及価格帯モデル」に興味を持っているというのは嬉しいですね。私もここ最近はこれらのシンプルでスタンダードなモデルがとても気になっています。

既に発売されているモデルC223NAは国内発売モデルを購入された方も出てきていまして、

へるべちか(@tica_Hellve)さんや、

nerdcorekid(@nerdcorekids)さんなどが早速その感想を上げられています。

C223NAに興味を持つ方が増えてくると嬉しいなぁ、と(愛用者の一人として)思っています。

あなたには今も付き合いのある「幼馴染」や「古くからの友人」がいますか?今思い浮かんだ彼(彼女)は完璧な、非の打ち所のない人でしょうか?そんなことはないですよね?そしてそれが理由だから、でもないはず。突然何を言い出すのかと思われたかもしれませんが、今回海外で発売されたASUS Chromebook 12 C223NAについて考えたとき、私はそんな「気のおけない」、腐れ縁のような、けれどどこにでも一緒に行けて気を使わなくても良い、そんな相手が浮かびました。ということで、第一回目のレビューです。

ちなみに、今まで公式オンラインショップ、ASUS Shop Onlineのみの取扱だと思われていたC223NAですが、昨日ASUS Store Akasakaを訪れたところ、

こちらでも取扱(販売)があるそうです。現在入荷が遅れているようですが、「取り寄せ」で受付中。また、ASUS Store Akasakaの特典でもある「サポート期間延長」も適用されるので、東京近郊にお住みで実物をまずは手にとってみたい、触ってみたい、という方にとっては大きな選択肢になりそうですね。

Acer Chromebook 514(CB514)が米国FCC認証取得、ASUS C423NAは下位モデルが米Amazon商品ページに。

現在、Chromebookといえば日本でもお馴染みの2メーカーが同じ14インチで似たようなタイプのモデルを準備しています。それが、Acer Chromebook 514(CB514)とASUS Chromebook C423NAです。

Acer Chromebook 514 ASUS Chromebook C423
Processor Intel® Celeron® N3350
Intel® Pentium® N4200
Intel® Celeron® N3350
Intel® Pentium® N4200
Memory 4GB / 8GB 4GB / 8GB
Display 14.0″ (16:9) FHD (1920×1080) 14.0″ (16:9) HD (1366×768)
14.0″ (16:9) FHD (1920×1080)
Storage 32GB /64GB eMMC 32GB /64GB eMMC
Interface 1 x COMBO audio jack
2 x Type C USB3.0 (USB3.1 GEN1)
2 x Type A USB3.0 (USB3.1 GEN1)
MicroSD card slot
1 x COMBO audio jack
2 x Type C USB3.0 (USB3.1 GEN1)
2 x Type A USB3.0 (USB3.1 GEN1)
MicroSD card slot
Dimensions 322.6 x 228 x 16.1 mm (WxDxH)
Weight 1.2 kg 〜 1.34kg

10月11日のChrome Unboxed等でAcer Chromebook 514がFCC認証を通過した、という記事が出ました。

まだ商品ページは見つけられていませんが、間もなく米国のどこかの店舗で取扱が始まるのではないか(10月中?)と期待させてくれます。私もとても楽しみにしています。

そんな中、今朝、先駆けて米AmazonにASUS C423NAの商品ページが出来ました。

C223NAが初めて米Amazonに登場した時同様、現時点で「Temporarily out of stock.」、いつ入荷するのかは分かりません(C223NAの時には後発のB&Hのほうが早かった)。また、残念なことに現段階では「does not ship to Japan」です。C223NAでは日本直送可でしたし、ここは同様に日本直送可となることを願いたいところです。

ちなみに価格ですが、

Acer Chromebook 514 ASUS Chromebook C423
Price $349(N3350/4GB/FHD)
$499(N4200/8GB/FHD)
$269.99(N3350/4GB/HD)

$269.99となかなか手頃で魅力的なのですが、現在出ているモデルはFHD(1,920×1080)ではなくHD(1,366×768)モデルです。またCPUやRAM等もAcer 514の下位モデルと同様のCeleron N3350/4GBモデルです。その点が注意が必要です。

せっかくの14インチですし、ここはFHDモデルが欲しいところ。また欲を言えば個人的にはPentium N4200/8GBモデルが欲しいところです。それだとかなり長く安心して使うことが出来る(かつC223NAと明確に差別化出来る)シンプルスタンダードの名機になる予感がするのです。続報を楽しみに待ちたいと思います。

文章作成時点では発売時期は分かりませんが、ASUSが先日発売されたC223NAに続いて、14インチのシンプルなクラムシェルタイプのChromebook、C423の投入を考えているようです。ASUSのUSサイトに商品ページが出来ましたので、ご報告です。他メーカーが続々と多機能、高性能のモデルを発表していく中で、堅実にこうしたスタンダードなモデルのニーズに応えていく動きを見せるASUS。今後の展開に期待です。
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。