[かぶ] ASUS Chromebook Flip C214MAが米Amazonに登場。日本での発売にも期待。

[かぶ] ASUS Chromebook Flip C214MAが米Amazonに登場。日本での発売にも期待。

シェアする

スポンサーリンク

今年1月のCES2019で発表されてから、なかなか発売される気配のなかったASUSのChromebook、C214が米Amazonに登場しました。

EMRペン非対応モデルが$349.99、EMRペン対応モデルが$399.99で、どちらも日本直送は可能ながら、現時点で発送まで1-3ヶ月となっています。

このモデルは日本でも一昨年に発売された耐衝撃・耐水性に優れた11.6インチコンバーチブルタイプのモデルC213NA(米国ではC213SA)の後継モデルです。C213NAは私も以前ASUS JAPANより法人向けモデル(EMRペン対応)をお借りしてレビューしたことがあります。

前モデルC213NAとの違いは、

C213SA C214MA
CPU Intel® Celeron® N3350
(Apollo Lake)
Intel® Celeron® N4000/N4100
(Gemini Lake)
Memory 4GB 4GB / 8GB
Display 11.6″ (16:9) HD+ (1366×768) 11.6″ (16:9) HD+ (1366×768)
Storage 32GB eMMC 32GB / 64GB eMMC
Interface 2 x Type-A USB 3.0 (USB 3.1 Gen 1)
2 x Type-C USB 3.0 (USB 3.1 Gen 1)
1 x COMBO audio jack
1 x micro SD card
1 x Type-A USB 3.0 (USB 3.1 Gen 1)
2 x Type-C USB 3.0 (USB 3.1 Gen 1)
1 x COMBO audio jack
1 x micro SD card
Dimensions 307 x 199 x 20.65〜20.9(EMR) mm 292 x 199 x 19.5〜20.1 mm
Weight 1.26kg / 1.36kg(EMR)
Auto Update Policy 2023年11月 2025年6月

若干ですがサイズが小さく、薄くなっているようですね。自動更新ポリシーは「2025年6月」まで延びています。それ以外はCPUは異なるものの(Apollo LakeのN3350からGemini LakeのN4000/N4100)それほど大きな違いはないかな、と考えていたのですが、よく眺めてみると意外と改善点、改悪?点も見えてきます。

まずはスペックを眺めていて気づき、製品ページの画像をじっくり見てみたのですが、USB-A端子が2つから1つに減っています

以前のC213(下の画像)では左右に1つずつUSB-A、USB-Cが付いていたのですが、

この右側面側のUSB-A端子がなくなり、配置が若干変わり、

代わりにペンスタイラス(EMRペン)が収納できるようになっています(これ、EMRペン非対応モデルはどうなんでしょうか)。前回のC213及びAcerのR751(Spin 11)はペンが収納できないことが一つの惜しい点でもあったので、この点は歓迎なのですが、結果としてUSB-A端子が一つ減ってしまったのは残念。2つも使わないよ、という意見もあるとは思うのですが、であればHDMI端子を加える、など何か工夫が出来なかったのかな、と思いました。

また、アウトカメラの位置が変更になっています。以前のC213(下の画像)ではキーボード上、中央に付いていたのですが

今回のC214ではキーボード右下(角)に移動しています。

カメラの位置による使い勝手の変化については、元々私自身があまりChromebookにおいてカメラを使ってこなかったので分かりませんが、改善なのか改悪なのか、普段愛用している方の反応が気になるところです。

米Amazonにおける両モデルの価格はほとんど変わらないですし、純粋な後継モデルと考えると、もし日本で出たとしても価格的にはC213NAの時と同じくらいかな、と思います(C213NAはEMR非対応モデルが税込53,784円、対応モデルが税込61,344円)。

国内でも教育現場で導入例の多いモデルですし、需要もあることからほぼ発売されるのではないか、と考えています。ひとまず米Amazonに並んだことで、国内での近々の発表もあるのではないか、と期待できそうですね。

スポンサーリンク
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の4冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

「100人いれば100通りのChromebookとの付き合い方がある。それぞれの365日がある。いろいろな人の、いろいろな形の、いろいろな365日を眺めてみたい。」

そんな想いから2018年後半から季刊ペースで出しているのがこちらです。この本は「実際にChromebookを使っている(もしくは興味を持っている)ユーザーたちで作り上げる会報誌」です。

毎回事前に寄稿者やアンケートの回答を募り、それらをまとめて作っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。