[かぶ] ASUS Chromebook C202SAがBeta ChannelでPlayストア対応に。

[かぶ] ASUS Chromebook C202SAがBeta ChannelでPlayストア対応に。

スポンサーリンク

わが家においては妻が愛用中のChromebook、ASUS C202SA。愛用されすぎて、未だ更新されずに56のままだったり、と、夫の私が下手に触れないモデルになってきております。

我が家でもっとも酷使(愛用)されているChromebookは、私のLenovo ThinkPad 13 Chromebookよりもむしろ、妻愛用のASUS Chromebook C202SAではないか...

いや、スマホといい、Chromebookといい、妻よ、Chromeのタブ開きすぎ。何ですか、このタブ数46って。で、Chromebookは電源落とさずに閉じた状態で、毎晩開いて使っているので、下手にアップデートしたりサインアウトすると怒られます

そんなこのモデルにもGoogle PlayストアがBeta Channelでおりてきたようです。

https://sites.google.com/a/chromium.org/dev/chromium-os/chrome-os-systems-supporting-android-apps

同じタイミングで私のお気に入りの一台(現在最上位モデルへの買い換えのため、譲ってしまったため手元にはありません。)、HP Chromebook 13 G1も従来のDev Channnelから同様のBeta Channelでの対応になりました。Devは何かと不安が残りますが、Betaくらいなら常用しても良いかな、という程度には安定してくれそうです。(ちなみに一度Stable対応したC302CAも現在Beta対応。)

どちらもタッチスクリーン対応のモデルではないので、タブレット的な使い方としてAndroidアプリを使うことは出来ませんが、補助ツール的な使い方として常駐させておいて通知などで使う、という使い方が出来ます。また、タッチスクリーンはなくてもタッチパッド(マウスカーソル)操作でも十分に実用的なアプリもありますので、欲張らなければ問題はないかな、と思っています。

ということでわが家でも試してみたいのですが、冒頭のような事情のため、勝手にアップデートどころかチャンネルを変えるなんてもってのほかです。妻に「Androidアプリ使う?」とさり気なく提案してみたのですが、「別にスマホで使えばいいし要らない。シンプルだからいいのに、余計なモノ入れないで。」と言われました。

さて、そんなC202SA。今も変わらず人気のモデルですね。Chromebookは比較的良モデルの息が長いので、安心してオススメ出来る、というのもありがたいところです。あっという間に旧モデルになって、もっと良いモデルが出る、というのではなく、使い勝手自体は新しいモデルも大して変わりません。モデル自体のサポート期間中であれば、OSのアップデートで基本的に(Playストア対応を除けば)ほぼ最新の使い勝手になります。

液晶が多少「価格相応」な面もありますが、アンチグレアパネルですし、視認性が悪いわけではありません。個人的にはそれ程気になっていませんし、妻も全く気にしていないようです。そして、多少手荒に扱っても(別にワザと乱暴に扱うつもりはありませんが)大丈夫、という安心感は、使っていてとても気楽です。Chromebookに限らない、最近の傾向としての、仕上げが美しく、薄く、軽い、といった方向とはまったく反対の方向性ですが、こうした教育市場向けに作られたモデルって実は一般向けとしても需要が大きいのではないか、と最近改めて感じるようになりました。(例えば先日COMPUTEXで見かけたASUS Chromebook Flip C213NAのように。)

既に発表はされていたので、情報が断片的には入ってきてはいたものの、実際に出ているのか、それともこれからなのかもいまいち分からなかったモデルの一つ、ASUS Chromebook Flip C213NA...

Chromebookにおいては薄くて軽いことは必ずしも誰にでも求められている、という訳ではない、と感じています。実際私の愛用しているChromebookもThinkPad 13 Chromebookですしね。

教育市場向けがメインということもあって、この手の耐衝撃性の高い、気軽に使えるモデルの層が厚い、というのはもしかしたらChromebookの強みなのかもしれません。

最近発表された「HP Chromebook X360 11 EE」、先日レビューを頂いた「Lenovo N23 Yoga Chromebook」、そして一部で話題の「Acer Chromebook Spin 11」。いずれもしっかりとした作りが魅力です。

Acer Chromebook Spin 11

https://office-kabu.jp/?p=21493

先月末にこんな文章を書きました。 Lenovo N23 Yoga Chromebookは新鮮さはなくとも手堅くまとまった良モデルの予感。 | おふぃすかぶ.jp 既に米Amazo...
https://office-kabu.jp/?p=22707

今回のASUS Chromebook C202SAのBeta ChannelでのPlayストア対応はわが家においてはほとんど影響がありませんでしたが、私たち夫婦にとって欠かせない大切なラップトップPCであることに変わりはありません。良いモデルなんですよ、やっぱり。普段使えていない私ですら、妻が使っているのを見て、そのさじ加減の絶妙さが気に入っているくらいですから。

日本直送も可能で$200を切る手頃な価格でありながら、現時点ではほぼ不満なく気負わず普通に使える、気の置けない友だちのような存在。それが、わが家においてのC202SAの立ち位置です。

ここ最近、あまり話題にしていなかったものの、個人的にはかなり気に入っていて、今でも「買ってよかった」と思っているChromebookがあります。それがASUS Chromebook C202SAです。...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。