[かぶ] Samsung Chromebook Proで使っているAndroidアプリを幾つかご紹介。

[かぶ] Samsung Chromebook Proで使っているAndroidアプリを幾つかご紹介。

スポンサーリンク

Samsung Chromebook Proを使い始めて3日目になりますが、今までPlusなどStableチャンネルでの対応モデルも手元にありながら、Androidアプリはいまいち使う気になれませんでした。動作がまだまだ中途半端感が漂っている気がしていたので、多少Kindleなどを使うことはあっても、そのあたりは専用端末(Fireタブレット等)で補えば良いかな、と思っていたのが正直なところです。無理にChromebookで使わなくても、基本はAndroidスマホで使えば良いかな、と。

ただ、前々回に書きましたが、何気なく入れてみたATOK Passportが思っていたよりも面白い動きをしてくれたので、せっかくなので幾つか入れた状態で今使っています。非常に便利、とまではいきませんが、これは使い方によってはそれなりに使えるなぁ、と思っています。Proでも意外と動いてくれていて(未だPlayストアだけはよく停止しますが)、これなら色々楽しめるな、と思っています。

わが家の環境ではよく「停止」します。

ちょうど海外でもこんな記事が出たばかりでもありますので、今回は現時点で私がSamsung Chromebook Proに入れているAndroidアプリをご紹介したいと思います(ほぼ定番です)。

http://www.pcworld.com/article/3202658/android/the-10-best-android-apps-for-chromebooks.html

ATOK Passport

これがそもそものきっかけ。

昨年、Chromebookが初めてGoogle PlayストアにStableチャンネルで対応した時に試して「全く使えなかった」ため、その後試すことすらしなかったAndroidアプリがあります。それがお...

以前は全く使い物にならなかったのですが、現時点では「Androidアプリに限り」多少癖はあるものの使うことが可能です。これが動くなら、色々と文章作成系のアプリが活かせるようになるな、と思ったので、試してみたくなったのです。

通常のChromeでの文字入力(WordPressでの更新時やInbox利用時など)は勝手にGoogle日本語入力に切り替わってくれますので、普段はほぼ意識することなく、入れっぱなしにしています。Androidアプリ内で文字入力をしようとすると(入力箇所をタップする必要がありますが)ATOKが動きます。

ただ、アプリによってはメニューが反応しなくなったり、とまだ思わぬ不具合が潜んでいる可能性もあります。「タッチスクリーン対応」のモデルで、ちょっと試してみたい方は、そのあたり楽しむつもりでお使いいただければと思います。また使い勝手なども情報をお寄せいただけると助かります。

Jota+(Text Editor)

Androidアプリとして非常に評価の高いこちらのエディター。最近、開発をされている、Aquamarine Networks.のJiro(@jiro_aqua)さんとTwitter上でお話させていただく機会が増えたことと、ATOKが意外と使えそうかな、と思ったことで、使ってみることにしました。最初から課金もしています。

Jiro(@jiro_aqua)さんがChromebookをお持ちで、Chromebookへのアプリの対応も積極的に行ってくださっていることもあって、Chromebookユーザーとしても安心して使えます。今回「縦書きプレビュー(体験版)」と「Chromebookでの動作を改善」されたことで、ますます魅力的なエディターとなりました。

ちなみにATOKも文字入力時に一度、画面をタップする必要がありますが、普通に使えました。これはかなり嬉しいところです。ただ、文字入力状態からだとメニューなどを選択しようとしてもカーソルもタップも反応しないので、一旦、escキーで抜ける必要があります。あとはまだ細かい使い勝手などは試せていないので分かりませんが、このあたりのことはJiro(@jiro_aqua)さんにもTwitterで報告済です。

ATOKがある程度使えるようになると、Chromebookの文章作成ツールとしての魅力が増すので、今後に期待しています。

ノートンモバイルセキュリティ

いや、Chromebookにノートンは要らんだろ、という意見はごもっともですが、これも普通に使えます。マルウェア検索等だけでなく、意外と便利かな、と思ったのが「リンクガード」などの機能。普通にChromeでリンクをクリックした際にセーフガード経由で安全性を確認してから飛んでくれるという。まぁ似たものはなくはないのですが、このあたり全部含めてとりあえず動いてくれるのはありがたいです。なにせ前回書きましたが、突然「日本人男性がお好きなロシアのお姉さん」が出てきた私のChromebookですから。

よく「何もしてないのに壊れた」と言いますが、何もしてないはずがないんです。何かしてるんです。でも全く身に覚えがないんです。大変恥ずかしい話ではあるのですが、もしかしたらどこかで誰かが同じ状況に陥る可能...

また、従来であればそうした心配も少なかったChromebookですが、今後Androidアプリに対応し始めると、徐々にこうしたリスクも増えてくると思うんです。あまり考えたくはありませんが。Chromebookの良さや強みが犠牲にならないことを願いたいです。

ちなみに私がWindowsでも使っているESETの「Mobile Security & Antivirus」はインストールは出来るものの、起動すると起動直後にエラーが出て停止するので使えませんでした。このあたりはアプリ側の対応具合に拠るのかな、と思います。

Adobe Photoshop Sketch

せっかくのSamsung製、Sペンも標準で付属しているのだから、と入れてみたアプリ。ただ、私の場合もともとあまり手書きを考えていなかったので、ほとんど使っておりません。ただ、とりあえず動作は確認したので(Androidアプリは画面最大化で起動するので、使い勝手は悪くなさそう)ちょっとこれから使ってみたいと思います。Androidの豊富な手書き系のアプリがどれくらい使えるかは興味のあるところです。

ちなみにAdobe系はもともと画像編集に関しては弱めのChromebookとしては個人的には期待しているのですが、ひとまず残念だったのがLightroomが固定サイズ(最大化ではなく)でしか起動できなかったこと。これ、タブレットのように最大化で広い画面を使えたらかなり使い勝手も変わるのですが。AdobeはChromebookへのアプリの提供と対応を発表していますし、今後に期待ですね。

Skype

定番中の定番ですし、Chromeアプリでもあることはあるのですが、ブラウザー上で動くので、若干使い勝手と通話品質が悪かったのです。Androidアプリという形で使えればある程度品質も安定するかな、と期待。ただ、私、実家の家族と海外の叔父、妹としか話さないので、まだ試せてないんです。ハングアウトでも良いのですが、相手によってはSkypeのほうが安定しているときも多いので、両方を使い分けることができれば良いな、と思っています。

その他一般的な定番アプリを幾つか。

その他、Amazon系(Kindleやビデオ等)、電子書籍用に「Perfect Viewer」、定番の「Evernote」など幾つか入れていますが、このあたりは省略。他に「こんなのも使えるのか」というものが見つかったら、追記したいと思います。

中にはChromeアプリでも使えるものがあって、そちらのほうが動作が安定しているだけでなく処理が速いことも多いので、そこは悩ましいところ。またATOKが完全に安定して動くのであれば良いのですが、Androidアプリの中でもやはり安定しない(メニューに戻れない、など)ものもあるので、完全には移行できない部分もあります。この辺、Justsystemさん、頑張ってくれないかなぁ。

ということで、こんなアプリも使えるよ、ということで少しでも参考になれば幸いです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。