[かぶ] いつものようにカフェでChromebookを開いたら、「日本人男性がお好きなロシアのお姉さん」が出てきた話。

[かぶ] いつものようにカフェでChromebookを開いたら、「日本人男性がお好きなロシアのお姉さん」が出てきた話。

スポンサーリンク

よく「何もしてないのに壊れた」と言いますが、何もしてないはずがないんです。何かしてるんです。でも全く身に覚えがないんです。大変恥ずかしい話ではあるのですが、もしかしたらどこかで誰かが同じ状況に陥る可能性もありますので、自分の恥を晒したいと思います。

カフェでSamsung Chromebook ProのChromeを開いたら「ロシアのお姉さんは日本人男性がお好き」な広告が大量に現れた。

ワケガワカラナイヨ。いや、いま「訳が分かりません」と入れようとしたらGoogle日本語入力の変換候補がいきなり「ワケガワカラナイヨ」と外国の人になっていたので思わず書きました。でもほんとワケガワカラナイヨ。

昨日なんですが、ちょうど自宅でSamsung Chromebook Proのレビューの2回目を公開しまして、その後に出かけたんです。この時点では自宅のWindowsもChromebook(ChromeOS)もいつも通りでした。

一昨日よりSamsung Chromebook Proを使っています。使い始めての印象については既に一度レビューを書いています。 Samsung Chromebook Proレビュー。3:2の...

その後、よく行くカフェでいつも通りSamsung Chromebook Proを開いて、もう一つブログを更新しようと思ったんです。そうしたら、タブを切り替えたりページを移動するときに、突然新しいChromeが開いて「オンラインカジノ」のサイトが表示されまして。毎回ではないのですが、時々。おかしいなぁ、と思ったんですが、気にせず自分のブログを見てみて、ようやく違和感に気づきました。

私のブログはGoogle Adsenseにもお世話になっているのですが、ページ上のすべてのAdsense広告が

ロジアのお姉さんは日本人男性がお好き

なバナー広告になっているんです。

ちなみにバナーはすべて英語なので、おそらくそんな感じのことを言ってる広告だったと思います。今にして思えば。証拠としてスクリーンショット撮っておけば良かったんですが、その時は「ワケガワカラナイヨ」状態だったので、焦ってしまってそれどころではありませんでした。

私、別にロシアのお姉さんが嫌いではありませんが、特に好きなわけでもないですし、海外のアダルトなサイトは一切利用しないので、趣味嗜好が表れるAdsenseと言われても、私自身そうした趣味嗜好がありません。でも恐らくどこかのサイトで何かを踏んだ何かの拍子にそうしたページに飛ばされたかしたのだと思います。言い訳じゃないよ。

Chromebookに何か入ったのか。それともChrome自体に何か入ったのか。

実はこの日、2台持ちしてまして、手元にWindows 10の入ったZenBook 3もあったんです。そこでそちらでChromeを開いたところ、やはりロシアのお姉さんが出てきます。自宅で使っていたときはどちらもいつも通りだったのですが。でも、Firefoxなど他のブラウザで開いてみるとお姉さんは出てきません。

これは、Chromeで何かしちゃって、Chromeの中に何かやっちゃったんだと思いました。

そこでまずはChromeの設定から「閲覧履歴データの消去」を行いました。閲覧履歴やCookie、キャッシュなどが消えれば問題なくなるだろう、と。

ところが、全く変化がありません。相変わらずロシアのお姉さんはたくさん出てきます。困りました。私、Googleのサービスにだいぶ依存していますし、何よりChromebookばかり使っているので、Googleアカウント絡みで何かやられてしまうと困ります。Chromeがまともに動いてくれないと何も出来ません。

ちょうどSamsung Chromebook Proにはこの日自宅にいるときからいろいろなAndroidアプリを入れたり削除したりをしていたので、それが原因かとも思ったのですが、今となっては分かりません。Powerwashも考えたのですが、Windows上のChromeでも出て来る、ということはChromebookだけPowerwashしても問題は解決しなさそうです。(ちなみにWindows側は不安だったのでマルウェア検索等々出来ることはほぼやったのですが検出されず。)

ここで適当なワードで検索してたどり着いたのが下記のページでした。

私の場合は「オンラインカジノのポップアップ広告が突然表示される」ということは多少あるものの、メインは自分のページに限らず、Adsense広告に「ロシアのお姉さん」の広告だけがズラリと並ぶことです。でも試してみる価値はあると思いました。

まず最初にWindows上で「手順 1: Chrome から望ましくないプログラムを削除する(Windows のみ)」の「Chromeクリーンアップツール」を使ってみました。変化ありません。スキャンしても出てこないんです。

続いて「ステップ 2: 望ましくないプログラムを削除する(すべてのパソコン)」、これも行いましたが効果なし。となると、あとはこれしか望みはありません。(ちなみにChrome拡張を見てみても不審な拡張が増えている、ということもありませんでした。)

ステップ 3: ブラウザの設定をリセットする(すべてのパソコン)

既に「閲覧履歴データの消去」は行っていたので、あまり期待していなかったのですが、

お姉さんが消えました。いつもの平穏なサイトに戻っています。えっ?何?何が結局原因だったの?

カフェについていつものようにChromebookを開いて突然現れた「ロシアのお姉さん」。私は何かをやったんです。きっと。でも私の中で「Chromebookは安全」だと安心しきっていたんですね。油断していた、と言っても良いかもしれません。確かにChrome以外には被害はありませんでした。でも、私は確かにChromebookで、Chromeで何かをやって、何かを開いて、何かが起こって、全部の広告「ロシアのお姉さん」とポップアップの「オンラインカジノ」広告が出るようになったんです。

そして、これらはChromeの設定をリセットすることで直りました。

ここまで読まれた方の多くは「単にロシアのお姉さん好きだっただけだろ」と思われるでしょう。私も嫌いではありません。でも未だに何度思い出そうとしても、ロシアのお姉さんとアダルトとオンラインカジノに関しては覚えがないんです。

ただ、目の前で起こったことをありのままに書いてみました。世の中のどこかで同じ状況に苦しむ方がいたら、この文章が届いてくれれば、と願っています。解決になるか分かりませんが。

本日ChromeOSのStable Channel(安定版)のバージョンが56に上がりました。私も手元のChromebook 2台を早速更新したのですが、その際に久しぶりに一瞬ハマりかけましたので、備...

ChromeやChromebookはたまに拗ねますので、こちらも覚えておくと何かのときに役に立つかもしれません。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。