[かぶ] ASUS Chromebook C202SA。惜しいところも多分あるのだけれど、なんかもう、好きなんですよ、このモデル。

ここ最近、あまり話題にしていなかったものの、個人的にはかなり気に入っていて、今でも「買ってよかった」と思っているChromebookがあります。それがASUS Chromebook C202SAです。

私、このモデル大好きなんですよ。その理由はもう全然論理的でもなんでもないんですが、なんかもう、良いんです

[かぶ] 私はC202SAのこんなところが好き。我が家に届いて1ヶ月弱のこのChromebookについて改めて書いてみる。
我が家にASUS Chromebook C202SAが届いて間もなく1ヶ月になります。この1ヶ月、実はほとんど使っていません。私は。HP Chromebook 13 G1があることが大きな理由ではあるのですが、それ以上に、妻が寝る時もかなりの頻度で愛用しているからです。Chromebook内にはもちろん複数アカウントを入れることが出来ますが、枕元でも使っている姿を見ると、なんとなく私が使うのは申し訳ないような気がしてしまうのです。なんとなく妻のPCという印象。 そんなC202SAですが、実は当ブログ経由で米Amazonで購入された台数が最も多いChromebookです。転送サービスを使わなくてもAmazonから直接購入できる数少ないモデルという点も大きいとは思うのですが、それ以外にも理由があるのではないか、と思います。実際私はとても好きです。 今日はHP 13 G1ではなくC202SAを持って出ました。この文章はC202SAから書いています。そこで今回は、私はこのモデルのどこが好きなのか、改めて考えてみたいと思います。 私はC202SAのこんなところが好き。 以下思いつくままに挙げていきますが、今回はいつも以上に感覚的な部分がかなり多くなりますので、あまり説得力はないかもしれません。 スペックや一通りの特徴については以前書いた上記の文章をお読みいただければと思います。 その1:なんとなくかわいい。 ほら、もう既に論理的ではありません。 かわいいんですよ。この外見からして。ライトグレーにネイビーがアクセントになっていますが、この丸みを帯びた良い意味でチープ感漂う雰囲気がたまりません。良い意味で、と書いたのは、安っぽさはないからです。チープと安っぽさって同じじゃないか、と言われそうですが、チープカシオに抱く感情と同じです。 デザインとしての方向性は違うとは思います。ChromeOS自体はシンプルですが、C202SAのデザインはシンプルではない。 無駄にWi-Fi接続中は光ってたり、キーボードの文字は大きめクッキリだったり、 落としにくいように底部に持ち手にもなる足部分が付いていたり。これは機能性を重視させた結果ですが、外見から受ける印象は最近の薄く、美しく、軽く、といった方向とは逆です。

あまり取り上げなかった理由は、単に妻の愛用モデルとして日々大忙しだからです。私、ほとんど触れていません。恐らく我が家でもっとも気負わずいつでもどこでも無造作に開いて使われ、愛用されているモデルだと思っています。何せ最近せっかく自宅での夫婦共用のWindows10デスクトップPCを組み直したのに、肝心の妻がほとんど使ってないからです。確定申告の時くらい。それ以外はほぼこのC202SAばかり使っています。

そうしたこともあって、しかも自宅ではわざわざ妻もログアウトしないでChromeに大量のタブを開きっぱなしで単に本体閉じているだけなので、何となく私が使うのが申し訳ない気がしているだけです。

このモデル、ここ最近はThinkPad 13 Chromebookには負けるものの、つい先日までほぼ当ブログ経由で米Amazonで購入された台数がダントツの一位だったモデルです。最近も時々売れているようです。そして、今見てみたら、Amazonでのランキングも妙に高い。評価も悪くない。実際に人気あるんですね。

Computers & Accessoriesで27位。その中のTraditional Laptopsとしては2位。評価は4.5(296人がレビュー)。

惜しいところがないわけではありません。特に挙げられるのが液晶。アンチグレアは好印象ながら、TN液晶が何となく青っぽい、眠たげ、といった印象を受ける方もいると思います。実際感想として「液晶が残念」というものも時々目にします。

妻はまったく気になっていないようで、部屋の中であらゆる姿勢で酷使されています。

ただ、これすらも妻にとっては全く気になっていないようで、今までにも何回か聞いたことがあったのですが、「言われてみればそうかもしれないけど、別に気にならない」「見やすいよ」とのこと。本人にとってはそれよりもどこでもすぐに開いて調べ物が出来て、Facebookが使えることのメリットのほうが大きくて、そんな液晶の細かいことなんてどうでも良いようです。

最近はこのブログでもLife Style Imageでも、Chromebookとはー、とかスペックがー、とか色々書いていますが、実際のところこのASUS C202SAは特筆すべきような部分といえば耐衝撃・耐水性くらいであとは大きな欠点の見当たらない標準的なスペックのスタンダードなChromebookです。Androidアプリ?なにそれ?みたいな感じだと思います。(その内対応するでしょうが、たぶん妻的には「面倒」なので使いもしないと思う。)

最近ではライバルとしてAcerのChromebook 11 N7 C731/731Tが出てきまして、IPS液晶だったりタッチスクリーン対応だったりと後発だけあってC202SAの惜しいと(私が勝手に)思っている部分を潰して出てきているのですが、まだそこまでシェアに食い込めていない様子。完全に米国の教育市場、法人向けなのかな。王者ですし。

米Amazonが日本への直送をしていない不便さから日本市場においてもまだあまり反応がありませんし、もうしばらくはこのChromebookらしいChromebookでもあるC202SAの人気は変わらないのかな、とお気に入りの私としては嬉しく思っています。

[かぶ] ASUS C202SAレビュー。現時点でChromebookに必要なスペックを過不足なく綺麗にまとめた、スタンダードな良モデル。
ここ最近、単に新しい、というだけでなく、今までのChromebookとは少し違ったモデルが続々と発表されています。それらは薄かったり、美しいアルミ筐体だったり、高精細ディスプレイ(高解像度)搭載であったり、Androidアプリ対応、タッチパネル対応、など、今までの「手軽」「手頃」なChromebookとは少し方向性が違います。 それらは確かに魅力的です。私も毎日新しい情報を楽しみにしていますし、幾つかのモデルは実際に惹かれてもいます。また、実際にAndroidアプリには未対応ですが、高価格帯、ハイスペックのChromebook(HP Chromebook 13 G1)を普段使い、メインとして愛用しています。 とはいえ、Chromebookの魅力が「価格」にあることも確かです。気軽に買えて(試せて)、気軽に使える、あくまでサブとしてのネット閲覧中心のラップトップPCとしてのChromebook。それは大きな魅力だと思っています。 先日、Chromebookを精力的に展開している2つのメーカー、ASUSとAcerの現行モデルを幾つか取り上げました。それらは決して目立った、魅力的な新機能があるわけではありませんが、今までのChromebookの魅力を活かした良モデルだと思っています。 私自身、この内の一つのモデルが大変気になっていまして、Twitter等でもここ最近呟いてきました。それが、ASUS C202SAです。 今回、このモデルを米Amazonから注文、入手しましたので、使い勝手などをご報告したいと思います。結論を簡単に書けば、 2016年時点でのChromebookに必要なスペックを過不足なく綺麗にまとめた、スタンダードな良モデル だと思います。 ASUS C202SA-YS02 4GB Dark Blue 以前も取り上げましたが、まずはスペックから。 ASUS C202SA CPU Intel® Celeron® Dual-Core N3060 (第4世代 Atom – Braswell) RAM 4 GB LPDDR3 Display 11.6

もちろんAcer N7 C731Tも試してみたいとは思っていますが。

[かぶ] 話題の新作に隠れながらも、Acer Chromebook 11 N7 C731/731Tが発売開始。でもこれ、結構魅力あると思っています。

2017.02.19

スポンサーリンク

スポンサーリンク