[かぶ] 妻愛用のChromebook、ASUS C202SAは愛用されすぎて未だOSは56のまま。

我が家でもっとも酷使(愛用)されているChromebookは、私のLenovo ThinkPad 13 Chromebookよりもむしろ、妻愛用のASUS Chromebook C202SAではないか、という気が最近しております。

この文章を作成時に$179に下がっていますが、前日には$159まで下がっていまして。その時にこの文章書けばもう少しお知らせ出来たかと思うと少々残念です。それくらい、個人的にも(使っているのは妻ですが)お気に入りの一台です。

[かぶ] ASUS Chromebook C202SA。惜しいところも多分あるのだけれど、なんかもう、好きなんですよ、このモデル。

2017.03.14

先日は妻主催のイベントの際にPowerPoint Online使って、ASUS JAPANからレンタルしたモバイルプロジェクターを繋いでトークイベントしたり、と健気に頑張ってくれました。

[かぶ] 日本在住のシリア人によるトークイベントで、ASUS Chromebook C202SA上でPowerPoint オンラインを使う。

2017.03.18

そんなC202SA、先日せっかくだからブルーライトカットの液晶保護フィルムを貼ってあげようと、(液晶パネルが簡単に交換できるメンテナンス性の良さを活かして)フレームパネルを外そうとしたところ、ネジ穴からドライバーが滑りまして、フレームパネル左上部分に軽いスレキズが。

これは流石に少し凹みましたが、もし教育市場でタフに使われていたらこの程度の傷は傷に入らないだろうな、と自分を慰めています。それよりも悩ましいのが、一応我が家ではPC関係の環境構築とアップデート諸々はすべて夫である私の役割なのですが、妻のC202SA、Chromeでタブを常時30以上開きっぱなしで使っていまして、使用後もそのままスリープ状態にしているだけなので、何となくOSアップデートがしづらいんです。

タブを30以上開いていても、メモリ自体はまだ余裕はありますし、遅いと感じることもないのは凄いな、と思います。実際全部再読込したらそれなりに待たされるとは思いますが。ということで未だOSは56のまま。

別に上げてしまっても問題ないんですけどね。この前変にサインアウトして閉じてしまったばかりに、あとで気づいて怒られました。

そんな我が家でもっとも愛用されているChromebook、C202SA。妻が今週末にちょっとした試験があるのですが、その勉強のお供として、今この文章を作っている眼の前で今夜も開きっぱなしで活用されています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク