[かぶ] Black Fridayを前にASUS Chromebookの新モデル、C223NAとC423NA、C523NAがそれぞれ$30〜$40オフで販売中。

[かぶ] Black Fridayを前にASUS Chromebookの新モデル、C223NAとC423NA、C523NAがそれぞれ$30〜$40オフで販売中。

スポンサーリンク

追記:2018年11月22日 15:00 更新

一部更に値下げ、また在庫状況にも変化が出てきているので、一部修正しました。

以下本文。

-.-.-.

米AmazonはPrime DayやBlack Friday、Cyber Mondayの当日だけでなく、その一週間くらい前から価格に動きが出始めます。今回もそろそろそうした動きが出てくるかなぁ、と思っていたところ、ASUSがこの秋に発表、発売したばかりの新モデル、Chromebook 11 C223NAと14 C423NAの2モデル(3種類)がそれぞれ$30オフになっています。

ただ、たまたまこの週末のみ下げている可能性というのも充分にありますので(Black Fridayとは一切関係なく)興味のある方は早めにチェックしておきましょう。

まずはC223NA。私も既に海外モデルを購入後、レビューをしています。

まずは日本でも既に発売されているグレー。$30.00オフ$199.00です。

$31.61オフ$197.39です。

非常にシンプルですっきりした印象のモデルです。

続いて日本では未発売のレッド。$30.99オフ$199.00です。

$40.00オフ$189.99です。

こちら注意が必要なのですが、この文章作成時点で送料が何故かグレー($11.86)の倍近く($24.92)になっています。

前回Prime Dayの時にも一部のモデルでこうしたことがあったのですが、少し待つと普通になる場合もありますし、そのままの可能性もあります。気になる方は少し様子を見ても良いかもしれませんね。ただ、送料の差額($13.06)を考えると値引き分($30.99)の方が大きいので、悩ましいところではあります。

追記:送料が通常に戻りましたね。これでグレー以上に魅力的な価格になりました。日本国内では赤の展開はないので、気になっている方には良い機会だと思います。

最後にこのブログではちょっと触れ忘れていた14インチの新モデルC423NA。現時点ではFHDではなくHDモデルの取扱となっているようです。

こちらも$30.99オフ$239.00になっています。

$40.00オフ$229.99になっています。

こちら、先日大阪で開催されたEDIXの会場でも参考出展されていました。

左右の枠(ベゼル)が非常に狭く、14インチの液晶サイズながら本体サイズ的には13.3インチのモデルに近い、こちらも魅力的なモデルです。

天板が非常に薄いのも特長です。

日本で発売されるかどうかはまだ不明ですが、海外では解像度がHDとFHDの2モデル(CPUも2種類)の展開になります。米国では現時点ではHDモデルが先行して発売されている様子。

米Amazonではこの14インチのC423NAと15.6インチのC523NAの2モデルが出ているのですが、現時点でC423NAは値引きされているのに「This item has not yet been released. 」、C523NAは「Currently Unavailable」となっています(一回確か発売された気がするのですが)。

追記:C523NAも入荷したようで、こちらは在庫あり。

$30.99オフ$239.00になっています。

C423NAとC523NAに関しては米国に限らず他の国でも販売が開始されているのですが、比較的HDモデルが多いのが特徴だな、と感じました。日本でもし出るのであれば、(恐らく各国担当者の判断に委ねられているのだと思いますので)FHDモデルを期待したいな、と思っています。

ということで、ひとまずご報告。また動きがあれば追記したいと思います。

追記:2018年11月18日 22:00 更新

Samsungの新作モデル、Chromebook Plus V2も$90近い$150の値下げがされています。これから一週間、悩ましい時間が続きそうです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする