[0744-201504] どこまで逝くのか全く予測がつかないところがドラマになる、フランク三浦。悔しいけれど取り上げる。

[0744-201504] どこまで逝くのか全く予測がつかないところがドラマになる、フランク三浦。悔しいけれど取り上げる。

スポンサーリンク

悔しいので今まで取り上げなかったのですが、未だに続いているのにはそれなりの理由があると思うので。

私も持ってます。

0744-2015_Miura03

今、購入履歴見たらちょうど2年前だ。

フランク三浦自体は元々時計好きでそっち方面のSNSとか参加していたのでだいぶ前からジワリジワリと地味に出てきてるな、とは思っていました。最初はビーバレルの中の人とは別の独立時計職人だとばかり思っていましたが。

[0344-201410] 中華時計ビーバレル(B-Barrel)を覚えていますか?

凄いですね、この時計。メディアにこれだけ盛んに取り上げられたのがちょうど2年位前だったと思うんです。未だに続いているどころか、一部勢力を増しています。

アーリーアダプターからレイトマジョリティまで。

大体テレビで大々的に取り上げられるようになったら、寿命はあと少しだと言われているこの世界。アーリーアダプターの皆さんはとっくに離れているかと思いきや、一緒になって楽しんでいます。

このみんなで楽しめるところが良いんだと思います。

ちなみに2年前にようやく買った時には私の友人知人に自慢したのですが、誰一人知りませんでした。テレビを普段全く見ない私はてっきり既にだいぶ盛り上がっているもんだと思っていたのですが、そうでもなかったんですね

Makuakeでご当地時計総選挙やってるよ。

そういえば現在Knotのクラウドファンディングの際にも話題に出たMakuake(マクアケ)でご当地時計総選挙をやってます。

フランク三浦ご当地時計総選挙!! | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)

この投げ槍感。適当感。やる気の欠片も見えません。Knotのクラウドファンディングの時とは全く別物です。地域が本当に活性化するのかどうかも分かりません。上のものが静岡県ご当地モデルなのは、私の実家が静岡県だからです。

[0341-201410] Knotは時計選びに疲れた時にふと立ち止まってみたくなる時計だと思う。

それでも既に上位県は達成しているから素晴らしいです。この訳の分からないところが魅力です。

Knotとは全く違う意味でどこまで逝くのか見届けたい時計です。

0744-2015_Miura04

凄いですよね。どういう形でこの先散るのか分かりませんが、全てがドラマです。この全く予測がつかない勢いと勢い以外の何か分からないものが、私たちの胸を熱くさせるのだと思います。こんなところでいいですか?

今年はビーバレル復活、楽しみにしてますね。社長さん。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。