[かぶ] ASUS ZenPad 7.0(Z370C)レビュー(残念編)Kindleアプリ起動に20秒超えは異常です。

[かぶ] ASUS ZenPad 7.0(Z370C)レビュー(残念編)Kindleアプリ起動に20秒超えは異常です。

スポンサーリンク

気がつけば提供いただいてから間もなく2ヶ月が経とうとしているASUS ZenPad 7.0(Z370C)。当日小雨降る大阪の街を日帰りで早歩きで動きまわったのも、帰りの新幹線では台風直撃で運転見合わせになるのではないか、と少しヒヤヒヤしたのも今では懐かしい思い出です。

さて、提供期間は今月末までのため(規定回数はとっくにクリアしていますのでこのまま提供いただけると思うのですが)、この辺りで振り返りを行ってみたいと思います。

この2ヶ月間、持ち歩かなかった日はなかったくらい重宝しているこのZ370Cですが、個人的な用途としては非常に惜しい端末でした。

ASUS ZenPad 7.0(Z370C)についてのこれまでのレビューはこちら

実売価格2万円を切る7インチAndroidタブレット端末としては充分に満足。

1049-201510_ASUS ZenPad Z370C 02

毎日持ち歩かなかった日がなかったのも、何もレビューを書かなければならないからではなく、単に使い勝手が良かったからです。非常にちょっとした時に使える良端末です。ただ、ほぼ私の用途は限られてはいましたが。

それは写真の加工と管理、そして電子書籍ビューワーとしての役割です。

写真の加工と管理に関してはほぼ不便なしでした。

TruVividテクノロジーなどASUS独自の機能も搭載され、決して高解像度というほどではないにも関わらず、写真の映りは非常に良好でした。動画再生も純正オプションのAudio Coverが便利でしたし、この辺りに関してはほぼ不便なし。

[かぶ] ASUS ZenPad 7.0(Z370C)レビュー(ケース編)その大きな魅力の一つでもあるオプションの純正ケースとカバーを考える。
1031-201510_ASUS Z370C 02

前回のZenFone 2 Laserの提供レビューに比べてレビューが少なくなってしまったのは、突っ込みどころが殆ど無く、普通に無難に使えてしまったからです。良くも悪くもおもしろみのない、それくらい日常に溶け込んでしまったタブレット端末でした。

ただ、これだけは伝えたい。Kindleアプリの起動に23秒かかるという現実を。

1049-201510_ASUS ZenPad Z370C 01

これは、もう私にとっては致命的。これはKindleが悪いのか、このZenPadのプロセッサーがKindleアプリと最適化されていないので処理に時間がかかっているのかは分かりませんが、起動してから本が読めるようになるまで平均23秒近くかかるんです。この23秒は正確にではなく、毎回遅いので私がその度に頭のなかで数えました。

23秒って、凄いですよ。しかも途中で時々「このアプリは反応していません。終了させますか?」って出るんです。出てしまうくらいに重いんです。

これは同じくPDFビューワーのPerfect Viewerなどでも同様。こちらのほうがまだ少し速いですが。

これは単にZenPadのプロセッサーが非力、というだけの問題では無い気がします。だって、すべてのアプリでこういう状況になるわけではないので。

そうした点では、電子書籍ビューワーとしての端末が欲しいのであれば、素直にiPad miniなり、Kindleなりを買ったほうが幸せになれると思います。

気軽なネット閲覧など目的を絞って使うのであれば非常にお手頃な良端末です。

何とも前回の「語学学習に最適」と矛盾しているような気がしますが、一度起動させてしまえばあとは安定していますので、そうなればあとは普通に使えます。とにかく起動だけが遅く、また不安定です。あと、一部アプリで時々起動したかと思ったら終了することもありますね。PowerAMPとか。あ、それじゃ、語学学習手強いじゃないですか。

[かぶ] ASUS ZenPad 7.0(Z370C)レビュー(語学学習編)7インチ+Audio Coverは語学学習にも最適です。

そうした残念な部分もありますが、そしてそれは私にとってはかなり致命的なのですが、それでもこの2ヶ月、結局この端末をメインにKindle書籍もPDF書籍も読んできたのは、その7インチという絶妙な大きさとボリュームボタンでページ送りが出来るAndroid版ならではの機能、そして液晶の綺麗さがあるからです。MicroSDメモリを入れれば128GBまで容量も増やせますしね。本読みにはうってつけです。2万円切ってますし。

だからこそ、この部分だけ本当に惜しい。これが解消されるのであればもう1万円高くても私は買っていると思います。ただ、3万円になると競合が色々出てきてしまうんだろうなぁ。

ということで、それ以外は全くもって不満もありませんし、頼まれなくても毎日結局持ち歩く私にとって欠かせない端末であることには変わりはありません。

最後に、ガラスフィルムですが、多分要らないと思います。私、結局3枚も買い直しましたが(貼るの失敗x1回、修理で交換x1回、最初から少し曲がっていた不良気味x1回)今、何も貼らずに使っていますが特に傷も付きませんし、かえってタッチ感も悪くなく、快適です。1,300円前後x3枚で気がつけば4千円くらい使った訳ですが、意外と素のままが一番だったという。

単に私が下手&運が悪かっただけな気もしますが。

ASUS ZenPad 7.0(Z370C)についてのこれまでのレビューはこちら

タブレット | ASUS ZenPad 7.0 (Z370C) | ASUS 日本

ASUS ZenPad 製品一覧 | ASUS shop

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。