[かぶ] 完全に不意打ち。ASUS、SIMフリーでCA対応のZenPad 3 8.0(Z581KL)を9月16日より発売。

[かぶ] 完全に不意打ち。ASUS、SIMフリーでCA対応のZenPad 3 8.0(Z581KL)を9月16日より発売。

スポンサーリンク

これは結構真面目に欲しいかなぁ、と思えるタブレット端末が久しぶりに発売されます。ASUS ZenPad 3 8.0が9月16日(金)より発売。突然(さらに直前)の発表は、ここ最近ZenFone 3の国内発表や発売はいつか、といった点にばかり意識がいっていた私としては見事に不意を打たれました。

ASUS ZenPad 3 8.0 (Z581KL) | タブレット | ASUS 日本

ASUS JAPAN株式会社は本日、本物を追い求めるすべての人に、高精細をきめ細かに映し出す2K(QXGA)解像度を搭載し、SIMフリー通話機能を搭載した7.9インチタブレット「ASUS ZenPad(TM) 3 8.0 (エイスース ゼンパッド スリー ハチテンゼロ) 」を、2016年9月16日(金)より発売致します。

□主な特徴
新世代のZenPadシリーズとして「ZenPad 3」の名を冠した「ASUS ZenPad 3 8.0」は、最高のエンターテイメントを楽しむためにデザインされた7.9インチのタブレットです。前世代のZenPadシリーズから「禅(Zen)」の精神を踏襲したファッション性の高いデザインはそのままに、最新のAndroid OS 6.0(Marshmallow)を標準搭載し、エンターテイメントをとことん楽しむための様々な要素が搭載され、ワンランク上の贅沢をご提供します。

そこそこ高スペックでありながら、LTE通信も可能な点が魅力。

asusjp-image-z581kl_1

個人的に惹かれる点は1点。けれどこの1点が結構大きかったです。それが、

ZenPad S8.0のように、それなりに高スペックでありながら、かつLTE通信が可能なタブレット端末

ASUSのタブレット端末はZenPad 7.0、8.0と使ってきているのですが、スペック的にはイマイチ。悪くはないのですが、Wi-Fiオンリーにも関わらず、一度スリープ状態に入るとWi-Fiが勝手に切れてしまったり、不安定になったり、と使い勝手が惜しい印象でした。

勿論これらはその後のアップデート等で改善される可能性もありますが、如何せん基本スペックが低め。何度か初期化した上で再度使いなおそう、と試みたこともあったのですが、気がつけば最近は出番がめっきり減っていました。

そうした中、今年の夏になってASUSは新作タブレット端末を出したのですが、これがLTE通信は可能(SIMを挿せる)なものの、スペック自体は前述のZenPadと大して変わらない、何となく中途半端な立ち位置。そうした中、他社(Huawei)が同価格帯で考えるのであれば魅力的な端末でもあるMediaPad T2 7.0 Proを出してきたこともあり、完全に心はそちらに傾いていたところでした。

Huawei – MediaPad T2 7.0 Pro – タブレット – 機能

このモデル、価格なりの部分も勿論あるとは思うのですが、何を求めているのかがよく分かっている、良いところを突いてきた製品だと思います。

タブレット端末は市場自体が小さいためか、在庫がある内に買わないと気がつくと店頭から消えている。

日本におけるタブレット端末市場は思っている以上に小さいようです。一時期はパソコンやスマートフォンを駆逐するのではないか、と言われていましたが、立ち位置として中途半端なのかもしれません。2in1のタブレットPCも盛り上がるようで盛り上がりに欠けていますし。(元々PC市場自体もこれ以上大きくはならないのかもしれませんが)

そうしたこともあって、前述のZenPad S8.0やMediaPad T2 7.0 Proも発売当初に一気に売れて売り切れた後はなかなか再入荷がされなかったり、そのまま生産終了(S8.0)という可能性も高いのが残念でもあります。T2 7.0 Proも発売当初はかなり品薄状態が続いていましたが、これから先継続して販売され続けるかは微妙かな、と。

そう考えると今回のZenPad 3 8.0も果たして発売後どの程度の期間、買うことが出来るのか不安でもあります。

出来れば一通りレビュー等が出揃ってから安心して購入したいところでもありますが、現時点ではひとまず早めに手を出しておいたほうが良いかなぁ、と悩み中です。

ASUS ZenPad3 8.0(Z581KL-BK32S4) – ASUS Shop

ASUS ZenPad 3 8.0 (Z581KL) | タブレット | ASUS 日本

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。